263件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

国土交通省と経済産業省・資源エネルギー庁は、IMO(国際海事機関)の硫黄酸化物(SOx)排出規制強化に対応し、石油業界や海運業界、造船業界などで構成する官民連携協議会を月内に立ち上げる。

栗田工業、船舶バラスト水の薬剤処理システム投入 (2017/3/1 素材・ヘルスケア・環境)

国際海事機関(IMO)の最終承認に続き、国土交通省から船舶バラスト水規制管理条約に基づく国内法施行時に型式認定となる「相当指定」を受けた。

国際海事機関(IMO)の窒素酸化物(NOX)2次規制をクリアした電子制御式エンジンを搭載した。

日豪はプロジェクトに先立って国際海事機関に液化水素運搬船の安全基準を提案。

エンジンから出る排ガスを洗浄し、窒素酸化物(NOX)を落とす仕組みで、国際海事機関(IMO)によるNOX3次規制に対応した、低硫黄燃料対応形の排気再循環システム(高圧EGR)だ。

三井造船は国際海事機関(IMO)による窒素酸化物(NOX)3次規制に対応した船舶用大型低速ディーゼルエンジンを国内で初めて商用化する。... 各種NOX規制対応技術の中で、機関室設計への影響が少ないシ...

こうした中、国際海事機関(IMO)では、20年にも重油に含まれる硫黄酸化物(SOX)や窒素酸化物(NOX)の排出量に上限を設定することを決定。

世界で初めて主機関と発電機機関に二元燃料エンジン(ME―GIエンジン)を採用した、自動車運搬船の2番船となる。... 舶用燃料油(重油)のほか、液化天然ガス(LNG)燃料を使用可能で、国際海事機関(I...

日立造船は20日、重油と天然ガスを使用可能な船舶用2ストローク二元燃料機関(DFエンジン)と、低圧型の選択触媒還元法脱硝装置(SCR)を開発し11月から実証実験を始めると発表した。... 国際海事機関...

同型の同社ディーゼルエンジンに比べ窒素酸化物(NOX)を84%、二酸化炭素(CO2)を25%、硫黄酸化物と粒子状物質(PM)を99%削減し、国際海事機関(IMO)の第3次排ガス規制に適合。

国際海事機関(IMO)が外航船にバラスト水浄化装置の据え付けを義務化する「バラスト水管理条約」の発効を控え、据え付け工事の需要は確実に伸びる分野。

ガス運転時、国際海事機関(IMO)の窒素酸化物(NOX)3次規制に適合。

国際海事機関(IMO)の2次規制適合エンジンに対応し、中小型船から大型のコンテナ船・バルカー・タンカーまで、多様な船種に搭載できる。

船の排ガスに対する規制が国際的に強まる中で今後、従来の重油より排ガスが少ないLNG燃料船の導入が進む見通し。... 新設する「横浜港LNGバンカリング拠点整備方策検討会」には東京ガス、日本郵船のほか港...

古野電気、IMO性能基準に適合した航海用レーダー開発 (2016/4/14 機械・ロボット・航空機1)

国際海事機関(IMO)の性能基準に適合し、500総トン以下の商船・官公庁船に搭載可能な航海用レーダー。... 15日まで東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれる国際海事展「SEA JAPAN 201...

国際海事機関(IMO)による船内騒音規制強化を受けたもので、船舶エンジン用ターボに騒音低減装置を製品化したのは業界で初めてだという。

JFEエンジ、バラスト水処理装置が米の型式承認に合格 (2015/11/23 機械・ロボット・航空機)

バラスト水処理規制は、04年に国際海事機関が管理条約を採択。

造工会など、造船関連で新組織−9カ国参加 (2015/11/19 機械・ロボット・航空機)

国際海事機関(IMO)の条約制定などに関わる議論に参画し、業界の意向を適切に反映できるようにする。... IMOや国際標準化機構(ISO)、国際船級協会連合(IACS)の議題に対し、業界団体としての意...

液化水素輸送の安全基準策定に向けて、15年2月に国土交通省と豪州海事安全局との間で合意した。多国間での安全運送には国際海事機関(IMO)における国際基準の策定が必要になる。

【松山】三浦工業は、バラスト水処理装置HK型の米国沿岸警備隊(USCG)型式承認取得に向けて、独立認定試験機関「NSF International」と試験契約を締結した。... 同装置は、14年3月に...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる