98件中、5ページ目 81〜98件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

「あるようで、ない」と自身の名前について説明するのは大阪大学接合科学研究所教授の内藤牧男さん。

【浜松】エムエーテック(大阪府守口市、村上邦雄社長、06・6996・3328)は、大阪大学接合科学研究所と共同で、厚さ50マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以下の薄膜溶接が可能な半導体レーザ...

大阪大学接合科学研究所は4日13時から東京都港区のキャンパスイノベーションセンターで、東京工業大学応用セラミックス研究所、東北大学金属材料研究所との共同により、先進材料の実用化に関する3大学連携プロジ...

編著者の内藤牧男大阪大学接合科学研究所教授は「読みたいところから読めるよう各節を独立した項目にした」と解説。

レーザプラットフォーム協議会(事務局=関西情報・産業活性化センター、大阪市北区、宮本勇会長、06・6346・2981)は、一般へ開放可能な関西のレーザー加工拠点と、保有する装置・技術など1000件以上...

【福井】シャルマン(福井県鯖江市、宮地正雄社長、0778・52・3271)は東北大学金属材料研究所、日本素材(仙台市青葉区)と共同で、高い弾性や加工性などを併せ持つメガネフレーム用のチタン新合金を開発...

「これまで多くの人に借りをつくってきた」と振り返るのは、1日にホソカワ粉体技術研究所(大阪府枚方市)社長に就任した野城清さん。大阪大学接合科学研究所長を定年退官して、民間に転じた。 高温界面科...

大阪大学接合科学研究所の村川英一教授らは、熱源と材料組織、力学の3要素を組み合わせた溶接シミュレーションソフトの開発にめどをつけた。

大阪大学接合科学研究所の野城清教授、藤井英俊准教授、中田一博教授らは、ジルコニア基金属ガラスの摩擦撹拌(かくはん)接合(FSW)に成功した。... FSWで接合しても、欠陥やバリができる課題があった。...

大阪大学接合科学研究所の内藤牧男教授らと、ホソカワ粉体技術研究所(大阪府枚方市、向阪保雄社長、072・855・2307)は共同で、複合酸化物などのナノ粒子を合成する省エネ製造プロセスを開発する。......

大阪大学接合科学研究所の近藤勝義教授、宝石企画・販売のデスク・トゥー・ワン(甲府市、佐藤俊男社長、055・224・2100)は共同で、もみ殻から取り出した多孔質シリカ(SiO2)粒子入りのせっけん(写...

大阪大学接合科学研究所の近藤勝義教授らは北海道大学の古月文志教授と共同で、スポンジ純チタン中にカーボンナノチューブ(CNT)が1本ずつ分散した複合材料を作製した。

東洋炭素と大阪大学接合科学研究所は9日、先進カーボンデザイン共同研究部門の創設記念シンポジウムを大阪府茨木市の同研究所荒田記念館で開いた。... カーボンデザイン研究部門は東洋炭素が阪大の接合科学研究...

大阪大学接合科学研究所が設立した産学連携の「粉体接合プロセス研究会」(06・6879・8660、内藤牧男代表=阪大教授)は、09年度の取り組みテーマを「ナノ粒子高次分散制御による材料の微細構造制御と材...

東洋炭素は大阪大学接合科学研究所内に「東洋炭素先進カーボンデザイン共同研究部門」を10月1日付で創設する。... 接合科学研究所からも内藤牧男接合科学研究所スマートプロセス研究センター教授と近藤勝義接...

大阪市立工業研究所の森貞好昭研究員らは、AMC(大阪市此花区、水野雅社長、050・3301・8105)、大阪大学接合科学研究所の藤井英俊准教授らと、工具鋼の硬度を部分的に向上させる手法を開発した。

鉄鋼メーカーや溶接機メーカー、大学などが参画し、材料や加工技術のブラッシュアップを図っている。 08年4月、大阪大学接合科学研究所とダイヘンが、共同開発した新溶接手法を溶接学会で発表。... ...

大阪大学接合科学研究所・東北大学多元物質科学研究所は4日13時半から大阪府豊中市の千里阪急ホテルで、第1回合同シンポジウム「多元接合界面制御―ディスアセンブリー可能な材料創製を目指して」を開く。循環型...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる