1,230件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

同社のルームエアコン「霧ヶ峰」の品質を陰で支える研究だ。... その時の引き継ぎで、頭の中で分かっていることを体系的に文章化するのに苦労したので、産休・育休明けは周囲との情報共有を強く意識するようにな...

企業や研究機関など21者が水産業の効率化や省力化、操業現場の安全などを支援する最先端の技術や製品、システムなどを展示。... 日本原子力研究開発機構(JAEA)や海洋研究開発機構などのグループが出品し...

【データ基盤構築】 次世代の材料開発の方法論として、材料研究データの処理・解析に人工知能(AI)を含む最新の情報科学を適用する「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」が注目され、...

東芝と統計数理研、機械学習アルゴリズム開発 (2019/8/2 電機・電子部品・情報・通信1)

東芝と情報・システム研究機構の統計数理研究所は、欠損を多く含む製造データから品質低下などの不具合要因を特定する機械学習アルゴリズム「HMLasso」を開発した。

しかし早くからデータベースの構築を組織的に進めてきた物質・材料研究機構(NIMS)では、専属のスタッフが情報活用全盛時代を見越した高速自動データ収集技術の開発を進めている。... (水曜日に掲載)&#...

【多様な問題解決】 我々はこれを実現するために、材料専用のシステム(通称、MIntシステム)を開発した。このMIntシステム上では、ユーザーはさまざまなモジュールを組み合わせ多種多様...

情報通信研究機構(NICT)のソーシャルICTシステム研究室は、無線技術Wi―SUN(ワイサン)を活用した「モノとモノが互いにつながり新たな価値を創る」という元来のIoTの概念に従った、クラウドやビッ...

ビジネスエコシステム構築を 【目指す姿】 ロボットビジネス支援機構(ロビジー)は発足より1年8カ月で会員数が約180になった。... 多くのロボットユーザーが情報を...

VCのほかオープンイノベーションを推進する食品や化学品メーカーなどが集結し、事業化での情報交換を行った。 ... 20年9月には、KBIC内にベンチャーや研究機関向けオープンイノベー...

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)がイスラエル・イノベーション庁と協調して両国企業の優れた共同研究開発に対し開発費を助成する「コファンド事業」を実施。... この事業は15年から始まってお...

また、開学30周年を迎える2020年度には工学部の「電子・情報工学科」を「電気電子工学科」と「情報システム工学科」の2学科に再編拡充する。... あるいは看護の実習の時に患者の代わりに使うロボットを、...

そこが我々の強みだ」と語るのは、早稲田大学グリーン・コンピューティング・システム研究機構の田中宗准教授。 ... 田中准教授は、経産省と情報処理推進機構(IPA)が推進する「未踏ター...

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は27日、NECや日立製作所などと共同で、無人航空機の遠隔からの機体識別技術の研究開発に着手したと発表した。無人航空機の機体識別情報と位置情報を共有する通...

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)材料・ナノテクノロジー部の林智佳子主査は、プロジェクトマネージャーを務める「スマートセルインダストリー」の狙いをこう説明する。... 情報解析システムを駆...

助成・WG、都の制度拡充 東京都立産業技術研究センター(都産技研)はさまざまな分野でシーズを持つ。... これは19年度経済産業省補助金事業に同研究会法人会員の、...

例えば、IoTシステムでは機器同士の情報交換に無線通信を用いるものが多く、その通信の不安定さが問題となる。... 情報通信研究機構(NICT)では、システム開発を支援する検証環境の研究開発を引き続き進...

防災科学技術研究所(防災科研)と情報通信研究機構(情通機構)、日本気象協会などは、線状降水帯の発生を予測する情報システムの実証実験を9月から行う。... 実験は、内閣府の戦略的イノベーション創造プログ...

物質・材料研究機構の材料データベースや産業技術総合研究所の製品安全や計測校正技術、農業・食品産業技術総合研究機構の農業データベース、情報通信研究機構のサイバーセキュリティーなど、論文になりにくく地味だ...

NEC、東京五輪のサイバー演習を受託 (2019/6/14 電機・電子部品・情報・通信2)

NECは情報通信研究機構(NICT)が主催する「サイバーコロッセオ」の演習事業を受託した。... サイバーコロッセオでは、東京大会の公式サイトや運営システムなどのネットワーク環境を再現し、大会時に想定...

情報科学技術に関わる倫理的・法的・社会的課題は2000年代前半から認識が高まり、それらを踏まえた「社会におけるAIのあり方」は現在、国・世界レベルの指針として検討・策定され、主要20カ国・地域(G20...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる