12,199件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.041秒)

自動車、電気業界で使用する圧延・鍛造したアルミ展伸材のリサイクル使用率は現在10%程度に留まっており、「技術開発だけでなく回収システムも重要だ」と指摘する。

企業による学生への授業と、工学部教員による企業内教育により、地域の技術開発やモノづくりに関する人材育成に貢献する。... 先端技術や将来の技術者として必要な知見を学ぶ。... セイコーエプソンの細野聡...

新型コロナ支援策【政府・自治体】 (2022/6/2 新型コロナ支援)

経済産業省 【事業復活支援金】 ・対象=新型コロナの影響で、21年11月―22年3月のいずれの月の売上高が50%以上または30―50%減少し...

【広島】マツダは、「防錆開発プロセスを変革する防錆機能迅速評価技術」で、第72回自動車技術会賞(主催=自動車技術会)の技術開発賞を受賞した。... 受賞した技術は塗装...

電子部品 技術トップに聞く(1)村田製作所専務執行役員・岩坪浩氏 (2022/6/1 電機・電子部品・情報・通信2)

転換期にどのような技術戦略で臨むか、各社の幹部に聞く。... 特にコト売りに関する技術開発の方針こそが見える化、つまり定量化だ」 「一例が、昨年提供を始めた『エアジュアル』...

新型コロナ支援策【政府・自治体】 (2022/6/1 新型コロナ支援)

経済産業省 【事業復活支援金】 ・対象=新型コロナの影響で、21年11月―22年3月のいずれの月の売上高が50%以上または30―50%減少し...

従来は基礎研究から生まれた技術を用途に合わせて開発し、産業界などに技術移転する直線的な社会実装モデルしかなかったが、ベンチャーとして早い段階から事業化を見据えた開発を志向しやすくなる。 ...

ライフ&ヘルスなど川下強化 ―ライフ&ヘルスケア分野と情報通信技術(ICT)分野を拡大するポートフォリオ変革に向けて、研究開発の役...

同時に、50年のカーボンニュートラル達成のためには新たな技術開発が必須である。... 熱源は脱炭素化していくしかないが、炭素資源はCO2として放出せずに、資源として循環利用するケミカルリサイクル技術の...

バイオ分野は岸田文雄政権が6月にまとめる「新しい資本主義」実行計画などでも技術開発を加速させる主要テーマの一つとなる。... バイオ技術は素材やエネルギー、食品、医薬品の製造に幅広く適用可能で、カーボ...

森六ホールディングス(HD)は、多層カーボンナノチューブ(CNT)を均等に分散する技術を開発し、CNTを用いたマスターバッチ(中間...

新型コロナ支援策【政府・自治体】 (2022/5/31 新型コロナ支援)

経済産業省 【事業復活支援金】 ・対象=新型コロナの影響で、21年11月―22年3月のいずれの月の売上高が50%以上または30―50%減少し...

プラズマ下の損傷防ぐ 【神戸】量子科学技術研究開発機構は、帝国イオン(大阪府東大阪市)、岡崎製作所(神戸市中央区)と共同で、フラン...

三つのキャリアのうち、アンモニアが着目されたが、最終的にキャリア自体ではなく、アンモニアを燃焼させてエネルギーとして直接利用する技術開発の推進に集中。アンモニアが火力発電の燃料として直接利用できること...

化学産業集積地の近隣へのグリーン燃料拠点誘致や技術開発での企業間連携の支援などを通じ、原燃料転換を支援する。

ロシアからの輸入比率は原油や石炭、天然ガスで数―10%あり、ロシアや中東地域以外からの供給源確保、資源開発を進める必要がある」 ―資源高は近年の化石燃料への投資抑制が一因とい...

アーキヤマデ(大阪府吹田市、山出敬太郎社長)の技術開発部新規製品開発Gの庄司博之係長は、こんな言葉にこだわりつつ施工管理型誘導加熱装置「EM―6」の開発に取り組んだ。 ...

昭和電工、産総研と次世代SiCウエハー技術で協力 (2022/5/30 素材・医療・ヘルスケア)

昭和電工は産業技術総合研究所(産総研)と協力し、炭化ケイ素(SiC)バルク単結晶の高速成長技術開発に取り組む。... 一般的な昇華法よりも欠陥の低減が期待され...

新型コロナ支援策【政府・自治体】 (2022/5/30 新型コロナ支援)

経済産業省 【事業復活支援金】 ・対象=新型コロナの影響で、21年11月―22年3月のいずれの月の売上高が50%以上または30―50%減少し...

20―21年はコロナ下で素材の重要性が再認識された一方、脱炭素・資源循環社会に向けて基礎素材の原料や生産方法の見直しに向け技術開発が加速した。「化学産業にとって難しい課題だが、解決技術を提供する化学の...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン