2,050件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

2020年6月に気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)提言への賛同を表明した。... 気候変動・自然災害―戦略に反映 ―新たに「SDGs推進委員会」を立ち上げて社内の推進体制...

中間層・労働者家庭の重視、バイアメリカンを通じた国内産業基盤の強化のほか、気候変動問題に対する積極関与などを提言している。「バイアメリカン」はトランプ政権の政策と同様だが、気候変動対策では、パリ条約を...

脱SF6ガスを進めて、産業界で高まる気候変動対応ニーズに応える。

気候変動リスクが高まる中、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を背景に、災害に強いサステナブルな街づくりは日本国内の自治体や企業の課題だ。保険会社は保険の枠を超え、自治体の防災力強化、企業の事業継続力...

ボッシュのフォルクマル・デナー会長は「気候変動の緩和は社会全体の課題。

団結力を強みに気候変動リスクへの備えを急ぎたい。

同社は5月、50年の「ありたい姿」として、気候変動への対応(ネットゼロエミッション)を掲げた。... 伊藤忠商事では、18年にESGの視点を取り入れたマテリアリティーを特定し、その一つとして「気候変動...

従来目標の同30%減の達成が確実になったことや、気候変動対策の強化を求める社会要請に呼応して目標を厳しくした。

森林破壊、農地転用が8割 世界森林白書 (2020/8/7 建設・生活・環境・エネルギー)

森林減少が続けば気候変動が進行し、異常気象が激化する。

コロナ収束に向けて、同学会の湯本貴和会長(京都大学霊長類研究所教授)は「生態系の公益的な機能を強化し、気候変動や防災・減災の対策とともに経済復興を進める“グリーンリカバリー”によって、持続可能な社会の...

KPMGコンサル、気象協会と協業 気候変動リスク分析 (2020/8/6 電機・電子部品・情報・通信1)

KPMGコンサルティング(東京都千代田区、宮原正弘社長、03・3548・5111)と日本気象協会は5日、気候変動の原因となる温室効果ガスの排出を抑制する「緩和」と、気候変動によるリスクの軽減を目指す「...

製鉄所や発電所などから排出される二酸化炭素(CO2)を回収し付加価値のある製品にCO2を有効利用する「カーボンリサイクル技術」は気候変動対策の一つとして期待されている。

環境省、CO2削減へ企業募集 (2020/8/5 建設・生活・環境・エネルギー1)

国際的な活動となっている「サイエンス・ベースド・ターゲッツ(SBT)」の認定を検討する大企業と、気候変動対策に意欲的な中小企業が対象。

海洋開発や気候変動などが海洋環境に及ぼす影響を把握できると期待される。

地球環境レベルで、生態系や物質循環を決定づける極めて重要な生物と言え、環境や生態系、気候変動の理解に微生物の役割の解明は必須となっている。

提供された資金はEUが優先課題に掲げる気候変動対策、デジタル化、構造改革関連の投資案件に振り向けられる。

環境省、シナリオ分析支援企業を募集 (2020/7/30 建設・生活・環境・エネルギー2)

環境省は気候変動が将来の経営に与える影響を検討する「シナリオ分析」の支援事業へ参加企業の募集を始めた。環境情報開示で潮流となっている「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」の提言に従い、豪雨...

気候変動問題を重視 来る11月3日は米大統領選挙の投開票日である。... 気候変動問題に関心の高いミレニアル世代が、その瞬間に快哉(かいさい)を叫ぶことは想像に難...

気候変動対策として、沿岸域の藻場や浅瀬の海洋植物などの海洋生態系に蓄積される炭素「ブルーカーボン」の試験研究を行う。

現在の気候変動緩和策は表層には有効なものの、深海は気候変動の影響を受け続けることが分かった。より効果的な気候変動対策の立案につながると期待される。 気候変動による深海での影響は情報が...

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる