3,053件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

国内では菅義偉首相が2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする目標を打ち出し、生産現場も省エネルギーと脱炭素化の取り組みが、より強く求められる見通し。

日本自動車工業会は、2050年までに温室効果ガスを実質ゼロにする「カーボンニュートラル」を目指す政府方針を実現するため、脱炭素エネルギーインフラの整備や、補助金を含めた電動車需要喚起などの支援が必要と...

【電子版】先週の注目記事は? (2020/12/15 特集・広告)

■アクセスランキング・ベスト10(12/7~12/13) 1位 日産、車種絞り込み 「シルフィ」販売終了 2位 日本電産シンポ、ロボ向け高精度減...

【「脱炭素」後押し】 超モノづくり部品大賞の受賞が決まった直後、菅義偉首相は就任後初となる所信表明演説で、2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロとする目標を掲げた。

ただ、10月には菅義偉首相が「50年に温室効果ガス排出量を実質ゼロにする」と掲げたこともあり、今後に注目が集まっています。

技術革新力の強化に向け、デジタル化の推進や50年までに温室効果ガス排出実質ゼロを目指すカーボンニュートラルの実現を盛り込んだ。

同社は事業活動による温室効果ガス排出量を2030年度までに19年度比28%削減し、販売した発電プラントが使われることでの排出量も同50%削減する目標を設定した。

再生エネ・原発再稼働・省エネが奏功 環境省が公表した2019年度の国内の温室効果ガス排出量(速報値)は12億1300万トンとなり、算出を始めた90年度以来の最少を2年連続で更新した。...

パナソニック、再生エネ電気を従業員に販売 家庭でも脱炭素 (2020/12/11 建設・生活・環境・エネルギー)

同社は2050年までの温室効果ガス排出の実質ゼロ達成を目指しており、再生エネ電気を提供することで従業員も脱炭素に取り組める環境を整える。

小泉環境相は政府が50年までの温室効果ガス排出実質ゼロを宣言したことに触れ「政府が率先垂範することで目標達成への覚悟を示すことが重要」とし、各府省に呼びかけた理由を説明した。

検証2020/「脱炭素」の大波 エネ業界に対応迫る (2020/12/11 建設・生活・環境・エネルギー)

菅義偉首相は10月26日の所信表明で「50年に温室効果ガス排出実質ゼロ」を掲げた。... 電力、ガス、石油を供給する各事業者は達成の道筋を明確に描く必要に迫られている。 ... 同時...

PM2・5の濃度を下げる場合、同時に温室効果ガスの濃度上昇を抑える必要があるという。 ... これまで先進国が行ってきたように、温室効果ガスを排出し続け大気汚染物質だけを取り除く方法...

商船三井、石炭船で“風力ハイブリッド船”実現 東北電と輸送契約 (2020/12/11 建設・生活・環境・エネルギー)

年間を通じて一定の強さで風が吹く日本から北米への太平洋航路で8%、比較的風の影響が少ない豪州への南北航路で5%の温室効果ガス削減効果を見込む。

政府は2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラルを目指している。... 電気自動車(EV)向けの高性能リチウムイオン電池など、温室効果ガスの削減に大きく寄与する製品を生産...

菅義偉首相が2050年に温室効果ガス排出量の実質ゼロを掲げる中、産業の裾野が広い自動車産業の動きは国民生活とも密接に関わる。

水素普及で“仲間づくり” 菅義偉首相が所信表明演説で「50年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」と宣言したのが10月。前田執行役員は「(温暖化ガスを実質ゼロにする)カーボ...

政府が目標に掲げる2050年の温室効果ガス排出実質ゼロを達成するためには、水素の利用拡大が欠かせない。... トラブル源となる水の排出対策として、汎用炭素繊維やエポキシ樹脂からなる多孔質の流路付きガス...

自動車では企業平均燃費(CAFE)や、温室効果ガス(GHG)排出量を2026年モデルイヤーの車両まで21年モデルを基準に毎年1・5%ずつ厳しくする規制が既に決まっている。

温室効果ガスの排出を実質ゼロにし、日本の産業競争力を高めるには原子力発電の活用が不可欠であり、比率をどう高めるかが論点となる。... 温室効果ガス排出の実質ゼロを目指す際、あらゆるオプションを検討する...

環境省は8日、2019年度の日本の温室効果ガス排出量(速報値)が前年度比2・7%減の12億1300万トンとなり、6年連続で減少したと発表した。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる