226件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

「種子島で見た準天頂衛星“みちびき”は大きなインパクトがあった」と話すのは、内閣府特命担当大臣の松山政司さん。... 災害時に衛星の力を借りれば、ロボットによる人命救助に役立てられるかもしれない」。&...

2018年度のサービス開始を予定する準天頂衛星「みちびき」を活用した自動走行システムのサービスの拡大を狙う。

NECソリュと古野電気、グローバル測位に資本参加 (2017/12/22 電機・電子部品・情報・通信)

GPASはセンチメートル単位の精密な衛星測位サービスの事業化を目指している。... 10月に準天頂衛星「みちびき4号機」の打ち上げが成功し、2018年度から4機体制で位置情報に関するサービスが開始され...

一方、衛星画像の取り扱いに関する「衛星リモートセンシング記録に関する法律」も施行。... 超小型衛星開発の第一人者の東京大学の中須賀真一教授は、「ビジネスに必要な要素として、衛星画像データにいかに付加...

日本版全地球測位システム(GPS)の準天頂衛星「みちびき」の測位技術に、車載センサーと人工知能による解析、高精度地図を組み合わせて制御する。

17年に4機体制となった日本版全地球測位システム(GPS)である準天頂衛星「みちびき」を利用し、18年度からセンチメートル級の測位サービスを開始することを明記していく。

位置情報をセンチメートル級で正確に測定できる準天頂衛星「みちびき」のデータが、2018年度にも民間に無償提供される。... 人工衛星による高精度位置情報の提供は、こうしたネックを一変する可能性がある。...

「準天頂衛星『みちびき』の測位技術などを利用した新しい提案が出てきてほしい」と日本の宇宙産業の将来を見据える。

三菱電機は準天頂衛星「みちびき」をはじめ自社で衛星を手がける強みを活かし、衛星信号を使って高精度に自車位置を測定して走る「インフラ型」と呼ぶ自動運転技術を提案。

数センチメートル単位の高精度測位が可能な準天頂衛星「みちびき」の活用を視野に入れつつ、民間企業と共同で開発を進める。 ... 多数台無人走行や精密農業のカギとなる...

内閣府は、日本版全地球測位システム(GPS)である準天頂衛星「みちびき」の測位技術を実証項目に加えたバス(写真)の自動運転の実証実験を沖縄県で31日に始める。

超小型衛星は地上観測や小型小惑星の探査など、従来の大型衛星では難しい種類のミッション実行が期待される。... 「地球観測衛星などの衛星画像データに付加価値を付けられるかが大きなポイントだ。... 【記...

三菱電機は17日、2018年にも高精度の衛星測位と3次元(3D)地図情報を活用した自動走行システムの実証試験を、米国とドイツやオランダなどの欧州に広げると発表した。海外では8月に同社や独ボッシュなどが...

準天頂衛星「みちびき」4号機の打ち上げが成功した。... 4機のうち1機は静止軌道、他は40―50度傾けた準天頂軌道を通り、米国の全地球測位システム(GPS)を補強する。日本のほぼ真上を通過するため、...

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は10日7時1分、地上の位置と時刻を正確に特定できる内閣府の準天頂衛星「みちびき」4号機を、国産ロケット「H2A」36号機で種子島宇宙センター(鹿児島県南種...

エネルギー、安心安全、準天頂衛星などを重点分野とし、企業のシステム輸出を後押しする。

三菱電機は26日、準天頂衛星システムの測位信号を使った自動運転の実証実験を世界で初めて日本の高速道路で始めたと発表した。... 準天頂衛星システムから車側に送信されるCLAS信号を三菱電機製の専用装置...

日本版全地球測位システム(GPS)である準天頂衛星「みちびき」に関して、内閣府の宇宙部局はみちびきのシステムによるサービス提供に関して79億円を要求した。... 経済産業省は、政府が保有する衛星データ...

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は19日14時29分、地上の位置と時刻を正確に特定できる準天頂衛星「みちびき」3号機を搭載した国産ロケット「H2A」35号機を種子島宇宙センター(鹿児島県南...

小型衛星打ち上げ用の小型ロケットの開発を共同で進め、小型衛星打ち上げサービスの事業化を目指している。 ... 準天頂衛星「みちびき」の打ち上げで高精度な位置情報が把握できる環境が整え...

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

わが青春の碑 
人生は旅、人は旅人

わが青春の碑 人生は旅、人は旅人

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる