3,603件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

都など、16日に知財シンポ開催 (2021/2/17 東日本・西日本)

東京都と東京都中小企業振興公社は16日、都内で2020年度東京都中小企業知的財産シンポジウム「オープンイノベーションを加速する知的財産」を開いた(写真)。宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所...

新型コロナウイルス感染拡大の影響が知的財産関連業務に変化をもたらしている。

同社は同社の起業家育成プログラムの経験者らをサーチャーに、技術評価や知的財産権取得、出資など創業前後の各種支援を手がける。

▽田口三昭社長は会長へ▽交代理由=IP(知的財産)軸戦略の強化▽就任日=4月1日

事業化支援では資金調達や知的財産に関する相談、展示会などへの出展支援などを実施する。

同社は、特許情報検索サービスや特許事務管理システムなど、知的財産関連業務の支援サービスを提供する。

TPPは100%に近い関税撤廃率や国有企業への優遇禁止、知的財産権の侵害防止など高度なルールが特徴で、英国の加盟申請はルールの普及に弾みが付くことになる。

特許は「技術部門の血と汗の結晶」(技術開発本部知的財産部の今西尚部長)で、開発の方向性や将来の設計自由度を守る大切な事業と位置付けている。

工業所有権情報・研修館(INPIT)は新ビジネス創出を支援するため、知的財産の活用手法をまとめた「WITHコロナ知財活用ガイドブック」を2月1日に刊行する。

特許や意匠など知的財産に関しての意識が高かった創業者・塚本幸一氏の方針「自社技術を守り、他者の権利を毀損(きそん)しないことでブランド価値向上を図る」が今もなお引き継がれる。従来はブラジャーやガードル...

受託開発だと製作物は顧客の知的財産になる。

ただソフトウエアなどの知的財産生産物(無形固定資産)の残高は、伸び率が他の主要国に比べて低く、無形固定資産への投資の消極性を裏付けた。 ... ただ固定資産のうち知的財産生産物の伸び...

イエレン氏は、中国について「最も重要な戦略的競争相手」と位置付けた上で、「知的財産の盗み取り、重要技術の不正取得などの違法活動を標的にする必要がある」と指摘。

現在は工学部、ロボティクス&デザイン工学部、情報科学部、知的財産学部を持ち、各分野でオープンイノベーションを実践できる環境にある。

第1回は産学官金で連携し、大企業との知的財産交流などで中小企業を支援する川崎市の取り組みを取り上げる。... その枝葉のひとつが大企業の開放特許と中小企業を結びつける知的財産マッチング事業である。

対中政策は大きくは変わらず、安全保障や知的財産、人権問題について断固とした姿勢をとるだろう」 「日系企業は従業員を大切にする姿勢があり、米新政権と親和性があるのではないか。

(3)中小企業が大企業と渡り合うには知的財産権が1番の武器になる。当社は常にネジの事を考え、新たな発想で多くの知的財産を取得してきた。独自の技術と知的財産権を武器にして、競争力のある企業を目指す。

バイデン氏は、米中関係に関わる問題として、米国の労働者や知的財産の保護、インド太平洋の安全と繁栄の確保、人権の擁護などを挙げた。

法人の債務を担保するために設定する担保権の目的物として、動産や債権のほかに、契約上の地位、知的財産権、のれんなど(将来発生分も含む)も入れる方向で検討が進んでいる。

キャラクターの知的財産権を管理する講談社とリビングロボットが共同で、二足歩行ロボットとして商品化した。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる