263件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

チョコラBBは、ビタミンB2不足による皮膚・粘膜疾患の治療薬として1952年に発売された。

胃粘膜保護成分の酸化マグネシウムも含んでおり、イブプロフェンの溶出を速めるとともに吸収を促進する。

舌下錠は、舌下で溶かし口腔(こうくう)粘膜から有効成分を吸収し脊髄を通じて広げるもの。

患者の粘膜細胞をシート状に培養し、患部をバルーンで拡張後に貼り付ける。

HPVが原因の疾患には、外陰部や肛門周辺の皮膚や粘膜に発生する、とがった硬いイボの尖圭(せんけい)コンジローマなどがある。

アステラス薬、過敏性腸症候群薬を発売 (2017/3/28 素材・ヘルスケア・環境)

腸粘膜上皮細胞に発現しているグアニル酸シクラーゼC受容体に局所的に結合して活性化することで、腸管分泌および腸管輸送能を促進し、内臓痛覚過敏を改善する。

特に内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)など新たな治療法では、従来の柔軟性のほか適度な剛性や弾力性を求めるニーズが拡大。

同治療薬で国内初の1日1回投与する口腔粘膜付着型の抗真菌剤。

厚労省、先駆け審査7品目を指定 (2017/3/9 ヘルスケア)

▽人工気管、第一医科▽ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)システム、住友重機械工業▽UT―Heart、UT―Heart研究所、富士フイルム▽がん関連遺伝子パネル検査システム、シスメックス▽口腔粘膜由来食道...

横浜市など、周術期の口腔ケアで連携協定 (2017/2/14 中小企業・地域経済1)

手術前後の歯や舌、口全体の粘膜をきれいにする口腔ケアが誤嚥(ごえん)性肺炎予防や入院日数の短縮につながる。

(注2)潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜に潰瘍やびらんができる原因不明の疾患。

「特に経粘膜ワクチンが待ち望まれている。... 経粘膜ワクチンは他種にも応用可能だ」 ―他のワクチンの共同開発の状況は。

しかし、ミニ腸の中で患者に必要な粘膜細胞などを多く作り、移植する方法は考えられる。

メトラン、睡眠時無呼吸症候群の携帯型治療機器 (2017/1/5 中小企業・地域経済1)

粘膜の乾燥を防ぐために適切な加温・加湿を行い、患者の睡眠を改善する。

ヒトのインフルエンザの検査では、いわゆる「鼻ぐり」で鼻粘膜からウイルスを採取するため、痛みを伴ううえ、1ミリリットル当たり約100万―1000万個ウイルスがないと感染が判明しにくく、感染初期は陰性と診...

鼻の穴に合わせた形のやわらかいノズルの吸い口で、粘膜を傷つけにくい構造のため、正しい向きにノズルの吸い口を向けやすくなっている。

口内を清潔にする殺菌成分のセチルピリジニウム塩化物水和物と、粘膜修復作用を持つアズレンを配合。

NBIは2種類の波長の光で粘膜表層部・深部の血管を鮮明に表示、がんの早期発見に寄与する。

金谷重亮氏(81歳、かなや・しげあき=元奥村組常務)21日頬粘膜がんで死去。

ライスパワーエキスの効能を生かした化粧水や美容液、シャンプー、ボディーケア商品、胃や粘膜を健やかにする内服用などを販売している。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる