1,895件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

正極と負極に使う材料やその組み合わせで性能が大きく変わる。 ... 酸素がある状態ではHIFとARNTの複合体は分解されるが、低酸素環境では安定し、血管新生や赤血球増殖などの遺伝子の...

このため材料在庫が少なく、発送する部品も少ない。 ... 同社ではマシニングセンター(MC)、複合旋盤など9台の機械に稼働計を付けLANに接続し、工場内と事務所に設置したモニターで稼...

IoT機器により人員、設備、材料、手法の「4Mデータ」を製造現場から効率的に収集し、即時に可視化するほかAIの解析結果を製造工程の改善に役立てる。 ... 従来は表計算ソフトなどでデ...

スーパーレジン工業は、炭素繊維を中心に先端複合材料を用いた成形加工を手がける研究開発型企業。

帝人、米にプレス新工場 車向け複合成形材生産 (2019/9/30 素材・医療・ヘルスケア)

帝人は、米国・テキサス州セギーン市に、自動車向け複合成形材料のプレス工場を新設する。... 帝人は17年に軽量複合材料部品を手がけるコンチネンタル・ストラクチュアル・プラスチックス(CSP、米国ミシガ...

ここでは新素材の熱可塑性炭素繊維強化プラスチック(CFRTP)など、革新的な繊維複合材料を生産する。CFRTPは強くて軽く、加工性やリサイクル性に優れることから自動車、航空機関連、産業用途などの次世代...

01年、自分の京都工芸繊維大学大学院での修士課程での研究をベースに、熱硬化性のFRPと同等の強度を持ち、リサイクル可能な熱可塑性樹脂複合材料の研究開発を新規事業としてスタートさせた。熱可塑性樹脂複合材...

飯村 複合化が進んだ。... 材料系、化学系、機械系の多様なアイデアが一緒になっていてすごい。 ... 材料のパウダーの開発も課題。

板金鍛造を組み合わせた複合加工や深絞りにより、プラスマイナス0・01ミリ―0・02ミリメートルの精度を実現。... 足元では、中国の景気減速や米国による対メキシコ関税などの懸念材料もある。

付属機器を含めたスペースは約7・8平方メートルで、AMと同時5軸制御MCの複合加工機としては業界最小クラス。... 同社の小型同時5軸MC「Xionα―5AX」をベースにAM機能を搭載して、異種材料を...

物質・材料研究機構の内藤昌信グループリーダーらは10日、材料表面が水滴を弾く超撥水(はっすい)の性質を示し丈夫でしなやかな材料を開発したと発表した。... 表皮の複合構造を真似て、消波ブロック状の無機...

2020年6月をめどに、本社敷地内にCFRTPを含む革新的な繊維複合材料を生産する新工場を稼働する。... CFRTPは自動車などの次世代材料として注目されており将来の事業の柱に育成する。 &...

ダイセルが新組織、新規事業創出・育成 (2019/9/6 素材・医療・ヘルスケア)

「我々の持つ技術と顧客ニーズをマッチングさせる」(小河社長)とし、新たな複合材料の開発などに結びつける考えだ。

帝人、「カラフル・ジャパン」展に協賛 (2019/9/5 素材・医療・ヘルスケア)

同美術館の新館正面とひさし部分には、帝人のパラ系アラミド繊維「トワロン」と炭素繊維「テナックス」を使った全長約100メートル、幅約25メートルの世界最大規模の複合材料製パネルが使われている。 ...

ブラックアウトの発生は、地震当時に道内電力供給の半分を担っていた苫東厚真発電所(1、2、4号機、出力計165万キロワット)の停止や、道東地域の送電線の断線による水力発電の停止など複合要因が重なったこと...

材料調達から機械加工、研磨、塗装、組み立て、検査までの一貫生産体制を構築している同社にとっては、各工程の管理を任せる人材の育成も必須だ。... 川端係長はこの“3D思考”に自信を持ち、12年に同社が初...

JFEコンテイナーは鋼管と炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を組み合わせた新しい複合型水素蓄圧器を、東邦ガスが愛知県豊田市に建設する水素ステーション向けに受注した。... クロム・モリブデン鋼を材料...

大林組は29日、3次元(3D)プリンターに使うセメント系材料の特殊モルタルと、自社開発の超高強度繊維補強コンクリート「スクムクリート」を一体化する複合構造を開発したと発表した。... セメント系材料を...

京セラは19年度内にも北米市場向け複合機の生産を中国からベトナムへ移管する方針だ。... 第4弾の対中関税で、電子材料の主要用途であるスマートフォンなどへの関税発動が12月に先送りされたが関税率は15...

圧縮機や燃焼器、セラミックス基複合材料(CMC)製シュラウドといった独自要素技術に加え、品質管理、納期管理など全てをまとめ上げる能力が求められる。

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる