231件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

近畿日本鉄道は大阪・阿部野橋駅と奈良県の吉野駅を結ぶ南大阪線・吉野線で新しい観光特急を2016年秋に運行開始する。

【海遊館】三輪年氏(みわ・ねん)80年(昭55)神戸大法卒、同年近畿日本鉄道入社。

【東大阪】大阪府東大阪市内を東西に走る近畿日本鉄道・奈良線の高架下で、コンクリート柱に樹脂シートを巻いた光景がお目見えした。... これまで一般的に鉄道高架下の駐輪場は自治体が鉄道会社から借り受けて運...

名古屋鉄道の社長に、専務で不動産事業本部長を務める安藤隆司氏が25日就任した。... (名古屋・杉本要) 名鉄は営業キロ数が444・2キロメートルと大手私鉄16社中3...

近畿車両が、南海電気鉄道が2015年秋に導入する新型車両「8300系」を受注したことが分かった。... 近畿車両は近畿日本鉄道の持ち分法子会社で12年にJR西日本も一部出資している。系列外の私鉄の受注...

▽改正弁理士法施行 知的財産に関する専門家として日本の経済・産業の発展に貢献することを、弁理士の使命として明確に位置付ける「使命条項」を創設。... 会長に岡本満夫氏、社長...

日本で開催する2019年ラグビー・ワールドカップの会場12カ所が決まった。... 花園ラグビー場を保有する近畿日本鉄道から建物の無償譲渡を受け、土地も約45億円で買い取る。

19年に日本開催するラグビーワールドカップ(W杯)の会場誘致に向け、市内の花園ラグビー場の改修設計委託料として1億5400万円を計上。近畿日本鉄道から譲渡を受ける花園ラグビー場の土地価...

関西の鉄道各社では高架下の土地を利用した新事業が広がっている。... 京阪電気鉄道の高架割合は28・2%。... 【住民利便性高める】 近畿日本鉄道の高架延長は約41キロメー...

従来、鉄道のイーサネット化は振動や温度変化など懸念材料が多く、車両の安全面の観点から回避される傾向にあったという。 同社は近畿日本鉄道の新型観光特急「しまかぜ」にも車両用イーサネット...

持ち株会社傘下で鉄道事業を担う近畿日本鉄道の社長には、副社長で鉄道事業本部長を務める和田林道宜氏(63)が1月15日付で就任する。 ... 吉田 昌功氏...

また特別賞は近畿日本鉄道の「あべのハルカス」が受賞。

これまでにも、05年に井原鉄道の「夢やすらぎ号」(岡山県)、09年にくま川鉄道「KUMA」(熊本県)、11年に富山地方鉄道の「アルプスエキスプレス」(富山県&#...

当社は近畿日本鉄道の子会社として、近鉄沿線の奈良県北部でブランド力がある。

近畿日本鉄道と近鉄百貨店は13日までの間、あべのハルカス(大阪市阿倍野区)で小学生と幼児を対象とする「こどもお仕事体験」イベントを行う。

近畿日本鉄道はメガソーラー(大規模太陽光発電所)の電気を電気自動車に急速充電し、災害時などの停電時も避難所などに移動できる全国初という仕組みを、奈良県大淀町の分譲住宅地に近鉄不動産&#...

大阪府東大阪市は3日、近畿日本鉄道との間で、同社が東大阪市内に保有する近鉄花園ラグビー場を譲り受けることで基本合意したと発表した。同市は2019年のラグビーワールドカップ日本大会の開催地を目指して活動...

近畿日本鉄道は13日、2015年4月1日の純粋持ち株会社制移行に合わせ「近鉄グループホールディングス」に商号変更すると発表した。... 承継会社は、鉄道事業(14年3月期分割事業売上高1584...

日本のどこよりも進んでいるシステムにしたい」と話す。... 関西国際空港と大阪市内を結ぶ南海電気鉄道は2月末に関西で初めて外国人向けの乗車券インターネット販売システムを開設。... ハルカスを建設した...

【東大阪】近畿大学の鞆(とも)大輔経営学部准教授ゼミは大学本部キャンパス(大阪府東大阪市)の地元の大学通り連合商店街と、ぐるなびと連携した地元商店街活性化イベントを始め...

おすすめコンテンツ

カラー版 はじめての溶接作業

カラー版 はじめての溶接作業

2022年度版 
技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

2022年度版 技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい二次電池の本
新版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい二次電池の本 新版

よくわかる粉体・粒体ができるまで
機能を持った粒をつくる造粒技術

よくわかる粉体・粒体ができるまで 機能を持った粒をつくる造粒技術

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる