電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,089件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

旭光通信、非接触型モニター付きインターホン開発 (2022/7/28 電機・電子部品・情報・通信2)

【川崎】旭光通信システム(川崎市高津区、酒井元晴社長)は、緊急連絡用として高速道路のインターチェンジ付近などに設置するモニター画面付きの双方向インターホンで、触れずに操作できる非接触型...

シャープと古河電工、「ローカル5G」安価に提供 CATV向け開発 (2022/7/27 電機・電子部品・情報・通信)

シャープと古河電気工業は、第5世代通信(5G)を地域限定で使うローカル5G環境を安価に省スペースで提供できるソリューションをケーブルテレビ(CATV)事業者向けに開発し...

企業信用情報/20日 (2022/7/21 総合2)

【数字の見方】 ①業種②所在地③資本金④代表者⑤負債額⑥事由 【20日】 ◎ウェルアンドモート合同会社ほか1社 ①Webサイト運営ほか②横...

第52回機械工業デザイン賞IDEA、栄誉に輝く19製品 (2022/7/20 機械工業デザイン賞)

日本電機工業会賞 東芝/東芝デジタルソリューションズ 量子暗号通信システム 重要な機密データを保護する暗号鍵を光子に乗せて伝送...

情報通信研究機構(NICT)では、近赤外線帯のレーザー光を用いた衛星光通信技術の研究開発を推進している。... 今後の衛星コンステレーションにおいても、通信網を支える重要な大容量通信技...

米グーグルのインフォテインメント(情報通信)システムを全車に搭載し、音声操作や緊急通報サービスなどの利用が可能になった。... 新たな情報通信システムは、ディスプレーとグーグルマップが...

道路交通情報通信システムセンターと日本道路交通情報センターは、走行車から位置や速度、通過時刻といったデータ(プローブ情報)を得て渋滞状況などの交通情報を作成し、カーナビゲーションシステ...

【川崎】旭光通信システム(川崎市高津区、酒井元晴社長)は、鉄道・高速道路向け通信機器の新工場を青森県八戸市に建設し、操業を始めた。沿線電話機や、料金自動収受システム(ETC&#...

NTNは多数の衛星で構成されるため、通信障害や故障などが発生する可能性が高くなり、システム運用も複雑化するため運用コスト増大が懸念される。... これにより、災害などの不測事態が起きても人手を介さず、...

ローカルハブにIoT(モノのインターネット)・ロボットビジネス実証実験支援事業や、大阪産業局とソフトバンクなどが設置した第5世代移動通信システム(5G)ビジネスの支援拠...

実証実験は運航ルートの実現性や事業性、離発着ポイント周辺の飛行環境、緊急離発着の対処法などの検証に加えて、電池やモーターなど動力の性能強化や機体軽量化などの機体開発、安全運航のための管制・通信システム...

携帯電話やWi―Fiのような移動体/無線通信システムでは、アンテナは信号の出入り口、通信品質を直接左右する重要なデバイスである。一方、ミリ波の利用は第5世代通信システム(5G)...

1km先と通信可能 竹中エンジがワイヤレス装置 (2022/6/17 電機・電子部品・情報・通信)

【京都】竹中エンジニアリング(京都市山科区、佐藤和昭社長)は、屋外の広域監視に適したワイヤレス通信システムを発売した。... 発売した「小電力型長距離ワイヤレスシステム」は、送信機が電...

ただ、地中深くに坑道を作る坑内掘りは、露天掘りと違って全球測位衛星システム(GNSS)の電波が届かないため、鉱山機械の位置情報を把握するのが難しい。 マイン...

またドローン同士や地上との間でそれぞれの位置情報を直接共有できる機体間通信システム「ドローンマッパー®」の開発にも着手し、これを用いて複数のドローン同士が地上を経由せずに直接連携して自律的に...

出資体制整備でイノベ加速 情報通信研究機構の徳田英幸理事長は就任6年目、自ら策定した中長期計画の2年目を迎えた。... 組織としては次世代通信システム「ビヨンド5G」の基金...

2020年に第5世代通信(5G)システムのサービスが開始され、研究開発は30年頃の実現を目指すBeyond 5G/6G移動通信システムに移りつつある。......

第5世代通信(5G)システムのサービスが開始され、ミリ波無線による毎秒10ギガビット(ギガは10億)以上の高速通信が実現する見込みである。... 加えて、ミリ波信号は従...

NEC通信システム(東京都港区、佐藤崇社長)は、3次元(3D)センサーを活用した「3次元物体検知ソフトウエア」を発売した。

複数台の水中ロボットや水中基地などが同時に互いを認識しながら通信する。カメラと光源で構成でき、安価で汎用的な通信システムになる可能性がある。... 自律追跡性能はプラスマイナス90度ですれ違いざまでも...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン