1,398件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

パナソニックの通期見通し、営業益27%増 事業構成の改革寄与 (2021/5/11 電機・電子部品・情報・通信1)

パナソニックは10日、2022年3月期連結業績予想(国際会計基準)の営業利益が前期比27・6%増の3300億円になると発表した。コロナ禍の影響を受けた世界経済の回復や事業ポートフォリオ改革の推進が寄与...

日鉄の通期見通し、事業利益4倍 構造改革効果寄与 (2021/5/10 素材・医療・ヘルスケア)

日本製鉄の2022年3月期連結業績予想(国際会計基準)は、本業のもうけを表す事業利益が4500億円と、21年3月期の1100億円の4倍超になる見通しだ。

JFEホールディングス(HD)の2022年3月期連結業績予想(国際会計基準)は、本業のもうけを表す事業損益が2000億円の黒字を見込む。当期損益も1300億円の黒字に転換、3年ぶりに黒字回復しそうだ。...

リコーの2022年3月期連結業績予想(国際会計基準)は、営業損益段階から黒字転換を見込む。ワクチン接種が進むことにより、コロナ禍で落ち込んだオフィス向け複合機や商業印刷の需要が回復する。業種ごとにIT...

千代化の通期見通し、受注高66%減 大型案件反動響く (2021/5/10 機械・ロボット・航空機1)

千代田化工建設の2022年3月期連結業績予想は、受注高が前期比66・6%減の3000億円となる見通しだ。

任天堂の通期見通し、営業益22%減 「スイッチ」販売11.5%減 (2021/5/7 電機・電子部品・情報・通信)

【京都】任天堂は6日、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の2022年3月期販売台数予想を、前期比11・5%減の2550万台に設定した。古川俊太郎社長はオンライン会見で「世界的な半導体部材の需給逼迫...

コマツの2022年3月期連結業績予想(米国会計基準)は、営業利益で前期比34・5%増の2250億円、当期純利益で同37・4%増の1460億円を目指す。売上高は同12・8%増の2兆4690億円を計画。建...

宅配2社の通期見通し、営業益最高 EC関連堅調 (2021/5/3 建設・生活・環境・エネルギー)

SGHDも売上高、営業利益、経常利益が過去最高を更新する見通しだ。

JR西の通期見通し、当期益30億円 コスト減実施 (2021/5/3 建設・生活・環境・エネルギー)

鉄道事業の見通しは新型コロナウイルスのワクチン接種が夏から秋にかけて進むことを前提に、10月には新幹線、在来線ともに19年度比で約90%まで回復すると予想。

受注高は前期比26・1%増の1480億円で新型コロナウイルス感染拡大前の水準に戻る見通し。

電力10社の通期見通し、9社減収 原発稼働、九電・四国電は増益 (2021/5/3 建設・生活・環境・エネルギー)

電力10社の2022年3月期連結業績予想は、売上高見通しを出した9社すべてが減収、経常利益見通しを出した8社中6社が減益の厳しい予想となった。... このため東北、九州、沖縄の3社は売上高見通しは出し...

Jパワーの通期見通し、前期減損反動で当期益52%増 (2021/5/3 建設・生活・環境・エネルギー)

Jパワーの2022年3月期業績予想の売上高は前期比7・4%減の8420億円、経常利益は同17・9%減の500億円ながら、前期に火力発電所の新設計画断念に伴う減損損失などがあった反動で当期利益は同52・...

商船三井の通期見通し、経常益25%減 コンテナ減速 (2021/5/3 建設・生活・環境・エネルギー)

商船三井の2022年3月期連結業績予想は、経常利益が前期比25・1%減の1000億円を見込む。好調だったコンテナ船事業が鈍化すると予想。 同事業は海運大手3社共同出資のオーシャン・ネ...

アルプスアルパインは2022年3月期連結業績予想の営業利益を前期比約2・1倍の280億円とした。下期以降、スマートフォンなど向けのカメラ用アクチュエーター(ピント調節部品)が回復し、カーナビやオーディ...

ANAHDの通期見通し、当期黒字35億円 旅客需要回復見込む (2021/5/3 建設・生活・環境・エネルギー)

ANAホールディングス(HD)の2022年3月期連結業績予想は、当期損益が35億円の黒字(前期は4046億円の赤字)に転換を見込む。国際線、国内線ともに当面は運航便の抑制を続けるが、需要回復局面で機動...

新型コロナウイルス感染症のワクチン普及により、景気上昇による回復基調が見られるほか、半導体市場でディスプレー生産が成長継続することなどが追い風となる見通し。

関電の通期見通し、営業・経常減益 (2021/4/29 建設・生活・環境・エネルギー)

関西電力は28日、2022年3月期連結業績が、競争激化による小売り販売電力量の減少や燃料価格上昇などで減収、営業・経常・当期減益となる見通しを発表した。

電機大手、回復基調 通期見通しコロナ禍前水準に (2021/4/29 電機・電子部品・情報・通信)

日立・三菱電 日立製作所が28日発表した22年3月期連結業績予想は当期利益が前期比9・6%増の5500億円と過去最高を更新する見通しだ。... 三菱電機はFAシステムなどの産業メカト...

コロナ禍や半導体不足による不透明感を織り込みつつも、トヨタなど自動車メーカーの販売が好調に推移する見通し。

第一三共の通期見通し、営業増益 エンハーツなど販売増 (2021/4/28 素材・医療・ヘルスケア)

第一三共が27日発表した2022年3月期連結決算(国際会計基準)は、日米で販売した新型の抗がん剤「エンハーツ」や抗凝固剤「リクシアナ」などの売り上げ増で増収の見込み。前期はワクチン事業損失補償金150...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる