418件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

この中で単に人や店舗を減らすのではなく、顧客ニーズの変化に応じて経営資源を再配分することが不可欠となる」 ―個人金融資産が長らく滞留しています。 「日本では個人金融...

高齢者は現役世代よりも金融資産の保有残高が多く、個人金融資産のうち60歳代以上が約6割を保有しているとされる。... それでも約1800兆円を超える家計の金融資産残高は、およそ半分が預金などで眠ってい...

ユーザーの年齢、金融資産額に基づき、テオが世界約6000種類のETF(上場投資信託)の中から、最適な組み合わせを選択・提案し、運用する。... 中村社長が転職を決めた背景に、日本の家計金融資産の多くは...

金融資産1億円以上の富裕層は全国に約120万世帯。... 関西では、りそなホールディングス(HD)が関西みらいフィナンシャルグループ(FG)を17年に立ち上げ、傘下に地方銀行3行を置いて基盤を強化して...

日銀が27日発表した資金循環統計によると、個人(家計部門)が持つ金融資産の残高は、2017年度末で前年度末比2・5%増の1829兆円と、年度末としては過去最高だった。

「政府は財政赤字の約9割を、国民の個人金融資産で国債を買ってもらうことでやりくりしている。... だが個人金融資産の伸びに比べ、政府債務の伸びのスピードが速い。今でこそ個人金融資産の規模が政府債務を上...

1800兆円を超える家計の金融資産残高で、半分がタンス預金などで眠っている中「安定的な資産形成に向けて、良い商品やサービスを提供するのが責務」と意気込む。

みずほFGが進める銀行・信託・証券の一体運営「ワンみずほ」戦略の中核を成すみずほ証券トップとして、「日本の金融界は銀行のウエートがまだ大きい。銀行系証券から一歩出て、総合金融コンサルティンググループの...

中国人民銀行の新総裁に選出された易綱氏は、中央銀行のトップとして強力なマネーマシンと膨大な政策資産を引き継ぐ。... 何年にも及ぶ貿易黒字と資本流入のたまものである5兆7000億ドル(約605兆円)相...

また、石炭産業に対しては今後、新たな投資は行わず、現在有している約20億ユーロの金融資産については徐々に投資を回収していくとしている。

デジタルに慣れ親しんだ若年層を対象に最先端のテクノロジーを活用し、資産運用を含む革新的な金融サービスを開発する。 ... ただ、この超低金利下で家計の金融資産の大半は依然として貯蓄に...

家計にとっても中長期に安定的なリターンを通して金融資産の増加につながる。... 家計が保有する金融資産の現預金の比率は、米国が14%、英国が24%で、株式や投資信託などリスク資産にも多く配分されている...

□  ■ 【現預金が過半】 16年末の家計が保有する金融資産における現預金の比率は米国が14%、英国が24%に対し日本は50%超。... 金融庁のアンケートによれば...

日銀が20日発表した資金循環統計によると、個人(家計部門)が保有する金融資産の残高は9月末時点で前年同月比4・7%増の1845兆円となり、過去最高を更新した。... 金融機関を除く企業の金融資産は15...

成熟した自由主義経済の中で、世界有数の金融資産を持ちながら、かつ、高齢化が進む日本は、遊民経済学の先頭を切って走る資格がある。 ... 退職後、楽しみながら資産を使い、社会の役にまで...

【ワシントン=時事】国際通貨基金(IMF)は6日、中国に関する「金融システム安定性評価」を発表し、同国の銀行・非銀行部門の金融資産が国内総生産(GDP)の4・7倍となり、急激に拡大しているとして警戒を...

【金融資産が偏在】 2025年には団塊の世代が75歳を迎えるなど、社会の高齢化が一層進展すると予測されている。国民の金融資産の大半が高齢者に偏在していることもあり、金融機関にとって高...

来賓の麻生太郎財務相は、1800兆円を超える家計の金融資産のうち、半分以上が現預金である現状を指摘。... 日銀の黒田東彦総裁は家計の資産形成に加え、「成長、発展の過程にある企業の掘り起こしを含め、成...

キーワード/研究者キャリアマネジメント (2017/9/21 大学・産学連携)

土地貸し付けで得た収入を、元本保証のない金融資産で運用するなど可能になりつつある。

日銀が20日発表した資金循環統計によると、個人(家計部門)が保有する金融資産の残高は6月末時点で前年同月末比4・4%増の1832兆円だった。... 個人の金融資産の内訳は、現金・預金が2・6%増の94...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる