115件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

熱エネルギーを電子スピンに変える新しい現象「ゼーベック・スピントンネル効果」を発見した。電子が持つ電気的性質(電荷)と磁気的性質(スピン)を活用したスピントロニクス技術と、シリコンLSI技術とを融合し...

NTTと東北大学は30日、半導体中の電子スピン(電子の磁石としての性質)の向きを超音波を使って制御する手法を開発したと発表した。... 米物理学誌フィジカル・レビュー・レターズ電子版に発表した。...

東北大学、大阪大学の研究グループは、新材料として注目されているトポロジカル絶縁体の電子が持つ磁石としての性質である電子スピンを直接観測し、そのスピンの動作メカニズムの解明に成功した。... トポロジカ...

量子ドット中に捕らえられた単一電子のスピンを、その状態が失われる前に検出できることを初めて確かめたという。 この成果は、単一光子と単一電子スピンの間で量子状態の変換と、その検出が可能であること...

米科学誌サイエンス電子版に発表する。 ... この結果により、「電子軌道」という性質に由来する、既存の「格子振動」「スピン」に続く第3の新しいメカニズムによって超電導が引き起こされて...

電子スピンを使った次世代デバイスの開発が加速する。 ... 電子スピンを制御する物性定数を実験的に決定したことになり、既存の半導体工学の開発に使うバンドエンジニアリングの手法が電子スピンデバイ...

今回、不純物の化学結合状態と電子状態を同時に検出できるラマン分光法と、ファノ共鳴、低温下の電子スピン共鳴法を組み合わせ、ホウ素、リンの内部の状態を観察することに成功した。

同薄膜は電子の持つ電荷とスピン(回転)の性質を研究分野で利用するスピントロニクス材料の有力候補。... 大型放射光施設「スプリング8」を利用して同薄膜表面にX線をあて、表面から放出された電子の個数やエ...

同構造を持つ反強磁性体を使った、高温超電導などの電子物性が明らかになると期待される。 ... 東工大が開発した籠目格子反強磁性体「フッ化ルビジウム銅スズ」を中性子散乱を使って観察し、電子スピン...

従来提唱されてきた電子間の相互作用に加え、電子と原子核との間の相互作用の存在を指摘するもので、磁性材料設計の新たなガイドラインになると期待される。 ... 原子核の周囲の軌道上にある電子はスピ...

高橋教授らは、世界最高の分解能で物質の電子状態をスピンに分解して測定できる装置を開発した。電子のエネルギーを高精度で測る大型分析器と、スピンを検出する電子スピン検出器を新たに開発し、二つを組み合わせて...

京都大学の伊藤哲明助教、小山田明助教、前川覚教授と理化学研究所の加藤礼三主任研究員は、ある種の有機磁性体が持つ電子のスピン(自転)の揺らぎ方が1ケルビン(マイナス272・15度C)を境に急激に変化する...

東京大学大学院工学系研究科の田中雅明教授らの研究グループは、六方晶のマンガンヒ素の強磁性微粒子を含む単電子スピントランジスタ構造を作り、金属ナノ微粒子において10マイクロ秒(マイクロは100万分の1)...

特定のスピン状態にある電子を半導体中に注入したり、半導体を電圧で制御したりできるようになり、低消費電力の半導体素子の開発につながる。 ... 有賀教授らはゲルマニウム結晶の上に、鉛の原子を1層...

理化学研究所は、2種の半導体人工原子(量子ドット)を制御し、特定のスピンを持つ電子を1個ずつ透過させたり捕獲したりする現象を発見した。スピンに依存した電流の制御が可能になり、半導体スピントロニクスや電...

高速で動作し、集積化が可能な半導体量子ドットを使う量子中継器技術で、従来の課題だった量子ドット中の電子スピンの量子演算エラーを減らすことに成功した。 研究グループは、制御光パルスと量子ドット素...

パルス強磁場と遠赤外レーザーなどの高周波発振源を組み合わせ、約60テラスの磁場と約6テラヘルツ(テラは1兆)の周波数領域での測定が可能な、広い観測窓を持つ電子スピン共鳴(ESR)装置を開発した。

室温で単一のスピンを読み取ったり、書き込んだりする用途などに道が開ける。化学分析手法として一般的に使う走査トンネル顕微鏡―電子スピン共鳴分光装置を改良し、検出精度を向上した。... これで室温下で、原...

チームはビスマスが吸着したシリコン表面の電子スピンの様子を観察、「ラシュバ効果」と呼ばれる電子スピンの運動を理解するために、原子構造の対称性が欠かせないことを突き止めた。... 電子スピンの運動はスピ...

生体膜内の脂質を解析できる電子スピン共鳴(ESR)測定と人の皮膚を採取し、そのまま測定装置に入れられる測定用ホルダーの開発で可能になった。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる