122件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

日本IBMは、日本スポーツ振興センター(JSC)と共同で、卓球の試合映像からプレーシーンを自動検出する人工知能(AI)の開発を通して、選手の強化につ...

日本IBM、DXデータ基盤強化 パック製品最新版 (2020/6/16 電機・電子部品・情報・通信)

企業内から集めたデータの管理やガバナンス(統治)を一元化できる「ナレッジ・カタログ」機能や、人工知能(AI)によるモデル化を自動化できる「オートAI」機能、複数部門にわ...

人に、車に、やさしいAI (2020/6/5 電機・電子部品・情報・通信)

東芝、車両の動き予測 23年度実用化 東芝は自動車や飛行ロボット(ドローン)の動きを高精度に予測できる人工知能(AI)を開...

京都大学大学院医学研究科婦人科学・産科学教室は、人工知能(AI)ベンチャーのHACARUS(ハカルス、京都市中京区)と、子宮頸(けい)がんの予防・早期診...

ソニー、AI処理搭載イメージセンサー商品化 (2020/5/15 電機・電子部品・情報・通信)

ソニーは14日、世界で初めて人工知能(AI)処理機能搭載のイメージセンサーを商品化したと発表した。AI・センサー一体型にし、従来のクラウド経由の処理で課題だったデータ転送遅延や個人情報...

東京海上日動火災保険と日本IBMは、台風の風災被害レベルを予測する人工知能(AI)モデルを共同開発した。... 今後、建物構造などを踏まえた個別契約単位での被害額予測やAIモデルの汎用...

ISID、技術文書活用をAI支援 ソフト・サービス3製品 (2020/4/28 電機・電子部品・情報・通信)

技術文書活用をAIが支援する「テクサインテリジェンス」、図面の記載内容の識別・チェックをAIで効率化する「ディーカ」、AIモデルの開発・運用を自動化する「オプタピーエフ」の3種。 ....

だが、いざ機械学習モデルを構築する際、本当に売り上げを教師データにすることは正だろうか。... 【変数に限りなし】 二つ目は、予測結果に影響する変数の多さとモデル精緻化の難しさだ。....

SCSK北海道、畜産デジタル化実証 トップファームGと連携 (2020/3/19 電機・電子部品・情報・通信2)

SCSK北海道とトップファームグループは、牛の「分娩人工知能(AI)監視」と「治療歴クラウド共有」、「農場ハサップ(食品の安全管理手法)・JGAP(適正農業規範...

富士通、AIで病害虫を判別 十勝農協連と診断システム (2020/3/13 電機・電子部品・情報・通信1)

これを基に富士通は病害虫を判別するAIモデルを構築し、ディープラーニング(深層学習)によって平均適合率を高める。 ... 富士通は持続可能な農業生産向けサー...

収集したセンシングデータからAIモデルで推測した品質状態を比較し、品質保証基準の範囲内に収まるかを検証した。... 製造ラインは混流生産であるため、一つのAIモデルで複数の生産品目に対応する必要がある...

SCSK、沖縄で事業拡大 グループ2000人体制 (2020/2/13 電機・電子部品・情報・通信2)

例えば、AIモデル構築サービス「SNN(SCSKニューラルネットワークツールキット)」は、観光分野での活用が可能なソリューションの一つ。

ISID、AI人材集結 全社横断組織で顧客支援 (2020/2/12 電機・電子部品・情報・通信1)

AI製品企画・開発から、幅広い業種に対するAIサービスのサポートまで全社横断で行う。... 時系列データを利用した動作予測や予兆検知サービスで先駆ける一方で、深層強化学習で機械制御を最適化するためのA...

デジタル変革の道 ICT羅針盤(2)「AI」精度確認と再学習 (2019/12/19 電機・電子部品・情報・通信1)

このようにAI品質の課題は多岐にわたるが、その中でも大きな技術課題の一つが、運用時におけるAIモデルの精度劣化だ。... AIモデルを実際に運用する際には、モデル作成時に用いたデータとは異なるデータに...

戸田建とRist、AIで切羽評価支援システム共同開発 (2019/12/17 建設・生活・環境・エネルギー1)

戸田建設はRist(東京都目黒区)と人工知能(AI)を使った山岳トンネル工事の切羽(掘削面)評価支援システム「T―FaceAI」を共同開発した。人間の脳...

SUBARU(スバル)は4日、富士通と共同でエンジン部品の加工品質の良否を判定する人工知能(AI)モデルを開発したと発表した。... 実証実験では収集したセンシングデー...

富士通クラウド、用途特化型AIモデル開発サービス (2019/11/15 電機・電子部品・情報・通信1)

AIモデル開発に必要な工程は、データの量・質の診断やAIモデル開発手法を検討する「データアセスメント」、アセスメント結果に応じた「データ前処理」、機械学習などを用いたAIモデル開発と性能評価を行う「モ...

Laboro.AIと大林組、AI制御で揺れ体感半減 リアルタイム制御にも成功 (2019/11/1 建設・生活・環境・エネルギー)

Laboro.AI(ラボロエーアイ、東京都中央区、椎橋徹夫最高経営責任者〈CEO〉、03・6280・6564)は、大林組と連携し、人工知能(AI)を利用した振動...

富士通研、AI精度を自動修正 ラーニング技術、来年度実用化 (2019/10/28 電機・電子部品・情報・通信)

富士通研究所は、運用中の人工知能(AI)モデルの精度を随時推定して、精度低下時に自動修正する技術「ハイデュラビリティ・ラーニング」を世界で初めて開発した。... AIモデルを学習する際...

富士通クラウドテクノ、AI導入の事前診断サービス (2019/9/4 電機・電子部品・情報・通信1)

富士通クラウドテクノロジーズ(東京都中央区、愛川義政社長、03・6281・5710)は、人工知能(AI)活用を検討する企業向けに、AI活用の実現可能性を評価する診断サー...

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる