電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,470件中、6ページ目 101〜120件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

ビール大手4社、11月販売8%減 駆け込み反動続く (2022/12/13 建設・生活・環境・エネルギー)

ビール類の各社別の増減はキリンビールが同8%減、サッポロビールが同7%減、サントリービールが同2%減。

飲料検査機器を海外展開 オムロンはキリンビールの完全子会社で飲料検査機を手がけるキリンテクノシステム(KTS、川崎市川崎区)を連結子会社化する。

長崎・五島でジン造り キリン出身3人、「自由な酒」求め (2022/11/24 建設・生活・環境・エネルギー1)

長崎県五島市の福江島で、キリンビール出身の3人が個性的な味わいの「クラフトジン」の開発を進めている。

キリンとアサヒ、ビール類を今月減産 買い控えで市場縮小 (2022/11/24 建設・生活・環境・エネルギー1)

キリンビールは11月のビール類(ビール、発泡酒、第三のビール)の生産を前年同月比1割減産する。... こうした中、キリンビールは11月に主力のビール「一番...

実際に、キリンビールのアルコールフリーのビールや、日産自動車の小型車「ノート」といった特徴ある商品の開発・企画や顧客開拓で女性が主導的な役割を果たした。

キリンビール本社が原宿にあり、JR山手線を挟んで向かい側にある岸記念体育館の中に日本サッカー協会があった。... (次回はブラザー工業社長の佐々木一郎さんです) 【略...

ビール4社、10月販売32%減 3カ月ぶりマイナス (2022/11/15 建設・生活・環境・エネルギー1)

ビール類の各社別の増減はキリンビールが同33%減、サッポロビールが同35%減、サントリービールが同21%減。

自治体と連携で産地育成 キリンビールは国産ホップの7割を購入し、毎年11月に「一番搾り とれたてホップ」を期間限定で発売するほか、クラフトビール「豊潤496」に独自開発品種「...

被災したキリンビール仙台工場の復旧をいち早く決断し、地域経済ひいては日本社会の活性化につなげたいという強い思いからだった。 ... (次回はブラザー工業社長の佐々木一郎さんで...

ビール大手4社、9月販売50%増 値上げ前の駆け込み需要寄与 (2022/10/14 建設・生活・環境・エネルギー)

ビール類の各社別の増減はキリンビールが同44%増、サッポロビールが同64%増、サントリービールが同49%増。

現状は佐久醸造所のリニューアルで最新の技術を取り入れながら自動化などで効率化し、工夫して対応することになる」 ―業務提携しているキリンビールに製造委託が増えるのでしょうか。 ...

10月新紙面 「総合面」を拡充 (2022/9/26 総合1)

キリンホールディングス常務執行役員 坪井純子氏(つぼい・じゅんこ) 85年(昭60)東大理卒、同年キリンビール(現キリンホー...

キリン仙台工場、遠野産ホップ仕込み式開く 限定ビール11月発売 (2022/9/23 建設・生活・環境・エネルギー)

キリンビールは岩手・遠野産ホップを使った期間限定ビールを醸造する仙台工場(仙台市宮城野区)で、ホップの仕込み式を行った。

経営ひと言/キリンビール・山田雄一執行役員「クラフト拡大」 (2022/9/15 建設・生活・環境・エネルギー)

ビール類市場が17年連続で縮小する一方、「クラフトビール市場は17年から21年で1・7倍に拡大している」と指摘するのは、キリンビール執行役員の山田雄一さん。 &#...

ビール大手4社、8月販売18%増 業務用は3倍 (2022/9/13 建設・生活・環境・エネルギー)

ビール類の各社別の増減はキリンビールが同6%増、サッポロビールが同21%増、サントリービールが20%増。

キリンビールの山田雄一執行役員は酒税一本化後のビール市場を「プレミアム、スタンダード、エコノミーの三つに分かれ、それを(糖質ゼロなどの)機能系が横断するような形になるのではないか」と仮...

ビール大手4社、7月販売3%減 3カ月ぶりマイナス (2022/8/11 建設・生活・環境・エネルギー)

ビール類の各社別の増減はキリンビールが同9%減、サッポロビールが同2%増、サントリービールが前年並み。

キリン、クラフトビール拡充 茨城・取手でも生産、販売1.5倍に (2022/8/3 建設・生活・環境・エネルギー1)

キリンビールは2日、クラフトビールブランド「スプリングバレー」から「シルクエール〈白〉」を9月13日に発売すると発表した。... キリンビールは21年3月にスプリングバレーから「豊...

キリンビールはノンアルコールビールテイスト飲料「グリーンズフリー」の年間販売目標を当初の110万ケース(1ケースは大瓶20本)から4割増の150万ケースに上方修正する。

さあ出番/崎陽軒社長・野並晃氏 “おいしさ”発信し地域貢献 (2022/7/28 建設・生活・環境・エネルギー1)

(横浜・青柳一弘) 【略歴】のなみ・あきら 04年(平16)慶大経済卒、同年キリンビール(現キリンホールディングス)入社。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン