1,219件中、6ページ目 101〜120件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

原油高止まり、対応力磨く (2022/1/1 深層断面)

21年は原油相場の上昇を映して燃料や合成樹脂などが値上がりしたが、製造業などは価格転嫁を控えて収益が圧迫された。... 【エネ調達リスク】LNG争奪戦に/多様化へ目配せ重要 ...

日本の技術生かせる分野多く 再生可能エネルギーが適正な価格で供給され、発電所や製鉄所などの産業プロセスの現場では、二酸化炭素(CO2)を出さない水素や燃料ア...

21年は化石燃料の値動きの荒さが目立った。... 燃料炭は、中国が炭鉱の安全規制を強めた影響などで秋に中国先物が年初比約3倍をつけ、中国で電力不足が深刻化したが、当局の石炭増産要請を受けて軟化。...

化石燃料消費設備の電化や太陽光発電設備の導入などで達成する。

一方でプラグインハイブリッド車、燃料電池車、水素エンジンなど、非EVによる脱炭素開発にも4兆円を計画する。... 電力供給が脆弱な国もあれば、ブラジルのようにバイオ燃料が普及する国もある。日本はエネル...

東ソー、高性能アミン開発 CO2回収向け (2021/12/23 素材・医療・ヘルスケア2)

東ソーは化石燃料ボイラーなどの排ガスからの二酸化炭素(CO2)回収向けに、回収コスト低減へ寄与する高性能なアミン化合物を開発した。

経済産業省は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)に、企業が脱炭素燃料や技術を導入する際のリスクマネー供給の役割を持たせる方針を固めた。... さらに合成メタンや液体合成燃料の...

東電、タイ発電公社と覚書締結 カーボンニュートラル包括連携 (2021/12/22 建設・生活・環境・エネルギー1)

タイは石炭や天然ガスなどの化石燃料を使用した火力発電所が9割を占めており、再生可能エネルギーの導入はまだ少ない。

人間活動に伴う化石燃料起源の二酸化炭素(CO2)排出量のうち、約4割が石炭によってもたらされ、石油由来が約3割、天然ガスが約2割と続く。... 世界の温室効果ガス排出量の約4分の3はC...

30年に「新築建物」も排出ゼロ EU気候対策案第2弾 (2021/12/21 建設・生活・環境・エネルギー2)

第2弾では建物の暖房などに使う化石燃料からの排出削減を推進。... 燃料ガスの供給では、低炭素のバイオメタンや水素への移行を促進する優遇策を導入する。

「米中貿易摩擦や、人権・経済安全保障を理由とする投資規制、化石燃料への圧力の高まり、権威主義やポピュリズムがもたらす不合理な経済政策など、国際情勢が民間のビジネスを左右する例は枚挙にいとまがない。

さらに化石燃料を使う産業・運輸部門などで具体的なエネルギー転換の手法を検討。

重工大手 カーボンリサイクル始動(中)IHI 部門統合の新組織 (2021/12/15 機械・ロボット・航空機1)

脱炭素化のうねりを受け、化石燃料の利用を前提にした戦略が成り立たなくなる可能性が高い。

世界的にカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)が求められる中、LNGは化石燃料から再生可能エネルギーへの移行期の低炭素化に寄与する。... 世界的に化石燃料の上流投資へのフ...

【フランクフルト=ロイター時事】ドイツの石油業界は、化石燃料からバイオ燃料や再生可能エネルギー由来の水素など低炭素燃料への移行を進め、2045年までに二酸化炭素(CO2)排出量...

温室効果ガス削減への道筋は、洋上風力発電など再生可能エネルギーを最優先する欧州中心の流れと、化石燃料の低炭素・脱炭素化に取り組むわが国の動きは異なる。... だが、再生エネや原子力への移行が鮮明な欧米...

石油・天然ガス、自主開発比率4割超 10年前倒し目標達成 (2021/12/2 建設・生活・環境・エネルギー1)

さらに20年度は「コロナでガソリンなど国内の原油需要が減少したことが大きい」(資エネ庁資源・燃料部石油・天然ガス課)。... エネルギー各社は世界的な脱炭素の流れの中で資産ポートフォリ...

風力や水力、太陽光発電で電力を賄い、英政府の脱化石燃料方針を支援する。

レジリエンスラボ(東京都品川区、沖山雅彦社長)は、中堅・中小企業向けに電源や燃料などを共同で備蓄するサービスを早ければ2022年4月に一部地域で試行する。...

ただ化石燃料には脱炭素の逆風が吹く。「移行期の安定供給はもとより、水素やアンモニアなど脱炭素燃料の主役にならないといけない」と〝還暦〟を迎え決意も新た。

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン