12,351件中、6ページ目 101〜120件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

カネカの通期見通し、売上高7400億円 塩ビ・ポリマー好調 (2022/5/13 素材・医療・ヘルスケア)

コア事業に当たるマテリアルソリューションズユニットは増収となる一方、営業利益は前期比6・6%減の340億円を想定するが「そもそもがハイレベル。

国内大手3社の2023年3月期連結業績予想が12日までに出そろい、3社が増収営業増益と予想する。... 販売増や付加価値の高い製品販売に注力し、営業利益は過去最高になると見る。 営業...

アマダ、30年度売上高5000億円 ESG・資本効率改善 (2022/5/13 機械・ロボット・航空機)

経営目標として売上高5000億円、株主資本利益率(ROE)10%の安定確保を設定。... 同日発表した23年3月期連結業績予想(国際会計基準)は、売上高と営業利...

新中計では25年度に売上高を4兆円、営業利益率10%の達成を目指す。... 20年度時点で海外事業のEBITA(利払い・税引き・償却前利益)率は3%程度だった。 ...

営業利益は同30・9%増の1600億円を見通す。... ドルやユーロなどの円安効果も大きく、営業利益を129億円押し上げる。... 特に自動車事業の営業利益は460億円を予想し、最盛期に比べ約...

研究開発費の増加や原材料価格高騰の影響を受けるが、営業利益は同1・8%増の1950億円になる見通し。 ... 22年3月期は市場回復の一方で原材料価格の高騰などを受け営業減益...

シャープの前3月期、増収営業増益 (2022/5/12 電機・電子部品・情報・通信)

シャープが11日発表した2022年3月期連結業績は、ディスプレイデバイス事業の利益改善などが寄与して増収営業増益だった。... ブランド事業は白物家電が2ケタの営業利益率...

営業利益も北米が前期比46・8%増の5325億円、欧州が同50・1%増の1717億円、アジアが同50・6%増の6571億円、その他地域は同3・5倍の2307億円と大幅に伸びた。...

ソフトバンクの通期見通し、営業益1兆円超 ペイペイ連結化 (2022/5/12 電機・電子部品・情報・通信)

ソフトバンクが11日に発表した2023年3月期連結業績予想(国際会計基準)は、営業利益が前期比1・4%増で初の1兆円超えになる見通しだ。... 一...

財務分析(58)テルモ ROIC10%超、新目標 (2022/5/12 マネジメント)

5年間平均の売上高成長率を7―9%、5年で営業利益率を20%以上、投下資本利益率(ROIC)を10%以上まで引き上げる。... 23年3月期から27年3月期まで...

ダイセルの通期見通し、売上高最高 レジスト材など販売増 (2022/5/12 素材・医療・ヘルスケア2)

ただ営業利益は、前期に高騰した酢酸市況の低下や原燃料価格上昇などが影響するため同8・3%減の465億円と予想する。... 22年3月期連結決算は売上高が前期比18・9%増の4679億円...

武田薬の通期見通し、増収増益 主力薬好調・為替もプラス (2022/5/12 素材・医療・ヘルスケア2)

一方、営業利益は21年3月期に武田コンシューマーヘルスケアの株式や関連資産の売却に伴う譲渡益があったため減益となった。

富士フイルムホールディングス(HD)が11日発表した2023年3月期連結業績予想(米国会計基準)は、営業利益で2年連続の過去最高益更新を見込む。.....

中期戦略では同事業で25年度に20年度実績比6・8倍の営業利益150億円を目指している。

電子部品8社の通期見通し、7社当期増益 円安効果も伸び縮小 (2022/5/12 電機・電子部品・情報・通信)

22年3月期は村田製作所と日本電産、TDK、ミネベアミツミ、太陽誘電の5社が当期利益で過去最高を更新した。 旺盛な需要を背景に多くの電子部品メーカーで工場の稼働率が高止まり...

トヨタ自動車が11日発表した2022年3月期連結決算(国際会計基準)は売上高、営業利益、税引き前利益、当期利益のいずれも過去最高を更新した。本業のもうけを示す営業利...

TKC、通期据え置き クラウド会計システム堅調 (2022/5/11 電機・電子部品・情報・通信1)

営業利益は同2・0%増の125億円、経常利益は同2・0%増の129億円、当期利益は同2・0%増の88億円を見込む。

経営ひと言/石塚硝子・石塚久継社長「細かい積み上げ」 (2022/5/11 素材・医療・ヘルスケア)

コスト削減に取り組み、2022年3月期の営業利益を前期比増益で終わらせた。

川重の通期予想、事業益530億円 4輪好調・航空復調 (2022/5/11 機械・ロボット・航空機1)

営業利益では前期比33・2%増の610億円になる。... 部門別の利益は、モーターサイクル&エンジンが事業利益430億円、営業利益では同20・6%増の450億円を見込む。......

住重の通期予想、営業益510億円 (2022/5/11 機械・ロボット・航空機1)

住友重機械工業は10日、売上高が8500億円、営業利益が510億円などの2022年12月期連結業績予想を公表した。... 参考値として公表した23年3月までの業績予想では、売上高が前期比7・0%...

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン