142件中、6ページ目 101〜120件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

粉体機器やプレス機などの産業機械と鉄管、バルブなどインフラ素材を手がける栗本鉄工所。... しかし「何が出てくるか楽しみだ」と顔をほころばせるなど、未来の栗本鉄工所に思いをはせている。

栗本鉄工所は二次電池関連市場を開拓する。

同社はIHI、松尾橋梁、栗本鉄工所の橋梁・水門部門などを統合した新会社。

同社は都内全域の水道施設管理業務を行っており、クボタと栗本鉄工所も出資している。

栗本鉄工所は2月22日から3月5日まで、40歳以上の社員を対象に80人規模の希望退職者を募集する。

■スネかじり止まず 親も愛想づかし 栗本建設工業は、1946年4月、栗本鉄工所の建設工事部門を分離して設立。... このため、08年10月、親会社栗本鉄工所主導で、会社分割により一部資産と借入...

栗本鉄工所は2006年に開発した鉛フリー銅合金「クリカブロンズ」が、日本工業規格(JIS)と米カリフォルニア州の水道部材規格の認証を取得した。 子会社の栗本商事を通じて鉛フリー銅合金と同素材を...

IHIと松尾橋梁、栗本鉄工所の橋梁・水門およびその他鋼構造物事業部門(栗本橋梁エンジニアリング)が統合し、11月1日にIHIの100%出資によるIHIインフラシステム(堺市堺区)が誕生した。... 「...

同ポンプ市場はトップの酉島製作所がシェア40%弱を握り、残りを欧米メーカーが追う。... 鋳鉄管では国内シェア2位の栗本鉄工所が「海外生産を検討している」(福井秀明社長)と世界市場で追随する構え。.....

同社はIHI、松尾橋梁、栗本鉄工所の橋梁・水門部門などが統合し11月1日に設立された会社で、堺市堺区の本社工場設備(第1―第8工場)は、もともと隣接していた栗本鉄工所と松尾橋梁の工場施設を流用している...

栗本鉄工所は大阪大学、ERテック(大阪府箕面市、井上昭夫社長)と共同で、性能劣化を抑制した磁気粘性(MR)流体を開発した。... 栗本は2010年にも量産する計画で、流体素材と流体を使う機械部品を合わ...

(敬称略) 【優良クレーン等運転士】▽片平健二(新日本製鉄棒線事業部室蘭製鉄所)▽堺克男(サツイチ)▽川村薫(日章運輸機工)▽今野登美男(マルハマ重機)▽吽野久夫(日立製作所日立事業所)▽窪木...

また、栗本鉄工所の高倉正紀粉体システム部部長代理は「創業100周年の今年を第2の創業年と考え、展示には力を入れている。

競合の栗本鉄工所も同様の受注体制の整備を進めており、省エネ性能の高さなどから今後、鍛造プレスでもサーボ化が進む可能性がある。

栗本鉄工所が目指すのは、巨大なローラーで鉄板を曲げ加工する「ベンディングローラー」と呼ばれる鍛圧機械の用途拡大。

栗本鉄工所は24日、民事再生中の完全子会社、栗本建設工業の全株式を代理人弁護士に1円で譲渡すると発表した。併せて、栗本建設の子会社に対する栗本鉄工所の貸付金を栗本建設に譲渡する。栗本建設を身軽にし、ス...

IHIは24日、松尾橋梁、栗本鉄工所の3社の橋梁、水門事業を統合して設立する「IHIインフラストラクチャー(仮称)」の設立日を10月1日から11月1日に延期すると発表した。... 2010年3月末まで...

栗本鉄工所は22日、公正取引委員会から6月30日付で課徴金納付を命じられた件について、不服として東京高裁に審決取り消し訴訟を提起することを決めたと発表した。

栗本鉄工所と龍谷大学は共同で、マグネシウム系の水素吸蔵合金からの水素放出温度を低減する技術を開発した。... 栗本と龍谷大は現時点で、水素放出温度を従来比80度C低い220度Cにすることに成功。......

株式市場を混乱させたとの理由で、同日付で東京証券取引所は投資家に注意を喚起する「監理ポスト」に指定した。 ... 内部管理体制に不備があったとして、東京証券取引所が「特設注意市場銘柄」に割り当...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる