490件中、6ページ目 101〜120件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

石油・ガス調査会社ライスタッド・エナジーは12日までに、北海ブレント原油が1バレル=70ドルに回復するには、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国は先に合意した減産目標を下回る水準に、生産量を抑える...

【ウィーン=時事】石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟の主要産油国は5日、ウィーンで閣僚級会合を開き、協調減産に乗り出すことで一致した。... これを受け、OPECは6日に定例総会を開き...

【ロンドン=ロイター時事】イランのカゼンプール・アルデビリ石油輸出国機構(OPEC)理事はカタールのOPEC脱退決定について、サウジアラビアとロシアが生産量調整を主導する中、小規模産油国が不満を募らせ...

【カイロ=時事】カタール政府は3日、石油輸出国機構(OPEC)から来年1月1日付で脱退する意向を表明した。カタールは世界最大の液化天然ガス(LNG)輸出国で、今後はLNG生産能力の増強に力を入れる方針...

【バグダッド=ロイター時事】イラク石油省のネマ次官は21日、石油輸出国機構(OPEC)が次回の総会で、石油市場および原油価格と供給の安定化に向けて取り組むとの見解を示した。バグダッドでの石油開発に関す...

石油輸出国機構(OPEC)が制裁発動後の供給減に備えて増産に動いていたこともあり、供給過剰懸念が一気に広がった。 ... 12日にはツイッターで「OPECが減産しないことを望む。.....

【ロンドン=時事】石油輸出国機構(OPEC)加盟の産油国などは11日、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビで開いた会合で、供給過剰懸念が広がる中で原油相場を下支えするため「新たな生産調整の選択肢」を探...

【ロンドン=ロイター時事】イランのザンギャネ石油相は2日、原油価格高にはトランプ米大統領に責任があると改めて強調した。その上で、石油市場の需給が均衡する唯一の方法は、米国がイランに対する制裁措置を停止...

石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国の会合で増産が見送られ、世界的に需給が逼迫(ひっぱく)するとの見方が広がり、指標となるニューヨーク原油(WTI)や英国産北海ブレントが上昇したのが背景。

トランプ米大統領が価格下落に向け圧力をかけていたものの、石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国が増産を急ぐ姿勢を見せなかったことが響いた。  ... 23日にアルジェリアで...

石油輸出国機構(OPEC)は6月下旬の総会で17年1月から実施している協調減産の緩和を決めたが、増産幅は計画を上回る落ち込みの修正程度にとどまる見通し。 【状況注視続く】 &...

OPEC、6月産油量 0.5%増 (2018/7/13 商品市況)

【ロンドン=時事】石油輸出国機構(OPEC)が11日発表した月報によると、加盟国の6月の産油量は前月比0・5%増の日量3232万7000バレルだった。... OPECの世界シェアは前月と同じ33・0%...

石油輸出国機構(OPEC)は6月下旬の総会で17年1月から実施している協調減産の緩和を決めたが、増産幅は計画を上回る落ち込みの修正程度にとどまる見通し。

(編集委員・青柳一弘) 石油輸出国機構(OPEC)は6月下旬の総会で2017年1月から実施する協調減産の緩和を決めたが、増産幅は計画を上回る落ち込みの修正程度にとどまる見通し。......

トランプ米大統領は4日、ツイッターで、石油価格が値上がりする中、産油国で組織する石油輸出国機構(OPEC)は対策を講じていないとあらためて批判、「価格を今すぐ下げろ!」... トランプ氏は「米国が(O...

【ニューデリー=ロイターES時事】サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコのナセル最高経営責任者(CEO)は25日、当地の業界会合で、アラムコの原油の生産余力は日量200万バレルで、供給に支障が生じた...

【ウィーン、モスクワ=ロイターES時事】イランのザンギャネ石油相は19日、今週開催される石油輸出国機構(OPEC)総会をめぐり、「(産油量について)合意に達することはできないと思う」との悲観的な見通し...

米金融大手ゴールドマン・サックスは18日、原油市場の動向に関し、需要の力強い伸びに加え供給混乱が広がる可能性があるため、石油輸出国機構(OPEC)が増産したとしても相殺される公算が大きく需給はより長期...

 イランのザンギャネ石油相は、22日のウィーンでの石油輸出国機構(OPEC)総会を控えて、エネルギー需要を満たすために主要産油国が小規模な増産を行うという妥協の可能性を拒否し、OPECの盟主であるサウ...

 米国政府がサウジアラビアなど一部の石油輸出国機構(OPEC)加盟国に対し、石油生産を日量100万バレル前後増やすよう働き掛けていると、事情に詳しい関係者が明らかにした。  ... 一方で米国...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる