1,827件中、6ページ目 101〜120件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

日本IBM、デジタル変革支援で専任組織 顧客視点でオープン化 (2019/11/26 電機・電子部品・情報・通信1)

日本IBMは、客先のデジタル変革(DX)を加速するフルオープンのIT環境を構築する専任組織「IBMサービスクラウドセンター(ISCC)」を立ち上げた。... 既存の「IBMクラウド」の営業などとは別組...

60年米IBM T・J・ワトソン研究所。

ハイブリッドが“現実解” 米IBMは世界最大級の「量子コンピュテーション・センター」を米ニューヨークに9月末に開設した。... IBMが推進する量子コンピューティングの研究ネットワー...

ゲート方式めぐり議論 量子コンピューティングをめぐり、米IBMや米グーグルなどのIT界の“巨人”が火花を散らしている。... IBMが異論を唱え、物議を醸している...

米アコースティック、日本市場に本格参入 来年、法人設立 (2019/11/5 電機・電子部品・情報・通信)

同社は米IBMによるカーブアウト(事業の切り出し)によって、7月に始動したスタートアップ企業。... IBMから引き継いだのは「シルバーポック」や「ティーリーフ」、「コアメトリクス」などのマーケティン...

今回の提携では、ブロックチェーン基盤にIBMの「ブロックチェーン・プラットフォーム」を使用し、複数のクラウド環境で利用可能なオープン技術を提供する。

英CQC、量子コンピューティングで日本参入 分析ソフトなど発売 (2019/10/25 電機・電子部品・情報・通信1)

CQCが提供する量子コンピューター用ソフトは、万能型と呼ばれる「ゲート方式」を採用する米IBM製の量子計算機「IBM Q」に加え、同方式でIBMと競う米グーグルや米ハネウエルといった複数の量子マシンで...

半導体チップの切り出しや端子の洗浄といった生産の後工程において、パナソニックの装置技術とIBMのデータ分析技術を合わせ、2021年3月までにデータ分析のアプリケーション(応用ソフト)を市場投入する。

さらに東京大学の五神真総長は9月に米グーグルやIBMなどが同技術に関し発表したことを受け「この数カ月で量子技術の大きな動きがあった。

IBM、NYに量子コンピューター拠点 商用最大機投入 (2019/10/3 電機・電子部品・情報・通信2)

米IBMは、世界最大級の「量子コンピュテーション・センター」を米ニューヨークに開設した。... IBMはすでにユーザー企業や大学と協業し、量子コンピューターの実証実験やアプリケーション(応用ソフト)の...

日本IBM、メーンフレーム最新機 データプライバシー保全 (2019/9/16 電機・電子部品・情報・通信)

z15によるコンテナ対応は、IBMが買収した米レッドハットとの連携強化を具現化する取り組み。100種類以上のIBM製のミドルウエア群を「クラウドパック」としてコンテナ技術に対応させ、レッドハットのコン...

米IBMと東大、量子コンピューティング研究で連携 (2019/9/12 電機・電子部品・情報・通信2)

米IBMと東京大学は「アカデミック・パートナーシップ」契約を締結し、量子コンピューティングの研究・教育を促進する。契約に基づき、東大の研究者はグローバルな研究コミュニティー「IBM Qネットワーク」に...

東大が持つ人文・社会科学系や先端科学系の卓越した知見と、IBMが持つ人工知能(AI)やブロックチェーン(分散型台帳)、量子コンピューターなどの先端デジタル技術を融合。

フジクラ、5G向け28ギガ帯RF―IC 21年度発売 (2019/8/23 電機・電子部品・情報・通信1)

フジクラは米IBMから第5世代通信(5G)向け28ギガヘルツ帯RF―IC技術のライセンス供与を受けることで同社と合意した。IBMのチップやパッケージ設計と、フジクラの基板技術を組み合わせた28ギガヘル...

NTTデータや米IBMも具体的な効果を確かめながら実験を進める。... IBMも19年に入り、北米やアジア向けのコンテナ輸出を対象とした港湾での実証実験を実施。

【ニューヨーク=ロイター時事】公開分散型台帳プラットフォームを運営する米ヘデラ・ハッシュグラフの共同設立者で、首席研究者のリーモン・ベアド氏はロイター通信とのインタビューで、米IBMとインドのタタ・コ...

学会スポンサーにもGAFAやIBMなどに加えて、ファーウェイ、バイドゥ、アリババなどの企業名が見られた。

海外ではIBMのほか、デルテクノロジーズ、アマゾン、ウォルマートなどがユーザーに名を連ねる。

【電子版】先週の注目記事は? (2019/7/23 特集・広告)

■アクセスランキング・ベスト10(7/15~7/19) 1位 東京モーターショー、VWなど不参加 海外勢の見送り相次ぐ 2位 DMG森精機、攻勢...

米国化学工学会(AIChE)の2018年11月発行の会誌CEPには「AIが有機反応を予測する」という記事が掲載され、IBM(チューリッヒ)が開発したシステムを紹介している。IBMはこのシステムを大学生...

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる