1,045件中、7ページ目 121〜140件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

経営士の提言/持続社会と副(複数)業(中) (2020/8/20 中小・ベンチャー・中小政策)

テレワークなら当然遠距離でも可能である。

ただ、コロナ禍でテレワークが進んだことで、決まった時間に起きて、行動しなければいけないという生活スタイルではなくなりつつあるので、需要が減ってしまっている」 ―現在、商品化を進めてい...

このほかテレワークの実証実験も実施。テレワークしながら「より働きやすい」「やりがいを持ち、仕事を続ける」と思える制度も検討した。

「緊急事態宣言下では研究所でも1カ月ほどテレワークを行ったが、一番影響を受けたのは大学や公的機関との共同研究。

テレワークが拡大していることもあり、コミュニティーの中心が、オフィスの周辺から自宅近くに移っていく可能性がある。

産業春秋/テレワークの功罪 (2020/8/19 総合1)

厚生労働省はテレワークのあり方を議論する有識者検討会を立ち上げた。

テレワークや第5世代通信(5G)の普及で電子デバイスの市場拡大が見込まれる。

企業のテレワーク用としても利用できる。

テレワーク環境設定、NTT東が新プラン 従業員の自宅も対象 (2020/8/18 電機・電子部品・情報・通信1)

顧客のオフィス以外に従業員の自宅のテレワーク環境も支援対象とする点を訴求し、中小企業が働き方を見直したい需要を取り込む。

厚労省がテレワークに特化した検討会を設置したのは感染拡大後、初めて。... コロナ危機後を見据え、労使がテレワークを推進するには、適切な導入環境の整備が必要だとの方針を確認した。

テレワークや遠隔教育、配達・配送の強化などで「ポスト・コロナ」において生産性を向上できる。

「ほぼ毎日テレワーク」(25%)や「出勤とテレワーク」(33%)といった人より割合が高かった。

【福岡】福岡県は、テレワークを活用して企業の障がい者雇用を支援する。企業の事業内容に応じたテレワーク可能な業務の切り出しを専門家が手助けする。9月には支援員を置いて定額利用できる共同利用オフィスを開設...

今回もテレワークなど以前からやるべきだと考えていたものが、2、3カ月であっという間に広がった。

さらにコロナ禍のテレワーク普及で“職住近接”の加速が想定される。

こうした挑戦が緊急事態宣言時のテレワークに功を奏した。... テレワークが難しい現場作業者も自宅待機を実施。... 緊急事態宣言の解除後はテレワークを実施していないが、要望があった際は基本方針に基づき...

NTTの通期見通し、減収営業増益 端末苦戦もコスト削減寄与 (2020/8/12 電機・電子部品・情報・通信)

両社は今後もテレワーク関連需要の取り込みなどを推進し、グループの足元固めに貢献することが求められる。

テレワーク環境・サテライトオフィスの整備も推進。... 小池知事がテレワークを強調する背景には、都内企業に緊急事態宣言下で一気に導入が進んだことがある。... 都はテレワークに必要な道具について、ハー...

テレワーク、“店員”に広がる 店頭で接客と言えば対面が当たり前。しかし、そんな職場にもテレワークが広がりつつある。

テレワークの普及に伴い「1on1ミーティング」を導入する企業が増えている。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる