167件中、7ページ目 121〜140件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

今回は電気を通すプラスチックである「ポリアニリン」とテルル化ビスマスの金属ナノ粒子を混合したハイブリッド型の熱電材料を開発した。

木村准教授らは、呉工業高等専門学校の植田義文教授、広島大放射光科学研究センターの島田賢也教授らと共同で、同センターにある高分解能の角度分解光電子分光実験装置を使い、トポロジカル絶縁体であるビスマス・セ...

3層構造の銅酸化物ビスマス・ストロンチウム・カルシウム銅酸化物(Bi2223)の転移温度は常圧で108ケルビン(ケルビンは絶対温度)。

住友電工の高温超電導線はビスマス系超電導材料を用い、「DI・ビスコ」として製品化している。

現在主流の製法では粒子を板状にする目的で、ビスマス化合物という本来は必要ない材料を加えており、目的達成後に、溶融塩を使ってその化合物を取り除いている。

稀産金属が製造するテルルやビスマスなどのレアアース、金属化合物は液晶や太陽電池などのハイテク分野で使われ、高品質要求が強い。

これまで有望とされていたバナジウム酸ビスマスが120分かかったのに対して、リン酸銀は4分で脱色した。可視光照射下での水分解の酸素発生量の測定からも、バナジウム酸ビスマスや酸化タングステンよりも酸化力が...

市販のビスマステルル系熱電発電材料は200―250度Cの廃熱に対応し、発電効率は5%程度。

コバルト、ニッケル、鉄などのナノワイヤは磁気センサー、シリコンのナノワイヤはガス、バイオ、光の各センサーや太陽電池、ビスマス・テルルなど半金属のナノワイヤは熱電変換素子とプロジェクトが視野に入れる応用...

同社は医療機器などに用いられるビスマス系超電導線材で量産技術を確立している。... ビスマス系超電導線材は最大2000メートルと長尺化しやすい半面、製造時に材料コストの高い銀を用いる。

住友電気工業は最大に流せる電流である臨界電流を180―200アンぺア(断面積0・9平方ミリメートル)と、従来製品から10%以上高めたビスマス系超電導線材を開発した。... ビスマス系超電導線材は酸化物...

【展開】 住友電工の研究開発の代名詞ともいえるビスマス系高温超電導線。

米カリフォルニア大学リバーサイド校の研究チームは、次世代の炭素系電子材料として注目されるグラフェンのように、厚みが原子レベルのテルル化ビスマス(Bi2Te3)結晶の薄片を作り出した。グラファイト(黒鉛...

ビスマス系は焼結工程で高価な銀が必要。... 米ロングアイランドでは08年に、ビスマス系線材を用いた超電導ケーブルの送電実証試験が始動。... ただし現時点で量産技術が確立しており、実用化に最も近いの...

一方、すでに医療機器などに用いられるビスマス系の超電導線材に比べ製造コストが高く、量産技術の確立などの課題が残る。... 住友電工がビスマス系超電導線材を提供する方針で、同社は過去に米国での超電導送電...

ビスマスなど高価な物質を使用しないため、コストアップも数%と少ない。

住友電工が開発したのは、導体にビスマスを添加した超電導ケーブル。... 【モーターで拡大】 昭和電線ホールディングス(HD)は、ビスマスに比べ製造コストが低減でき、磁場の中でも大電流が流せるイ...

加熱、冷却には熱変換材料のビスマス・テルルを素材とするペルチェ素子を利用。

研究グループでは強誘電体のビスマス鉄系酸化物(BiFeO3)薄膜の結晶成長を制御し、強力な圧電反応を得ることに成功した。

チームはビスマスが吸着したシリコン表面の電子スピンの様子を観察、「ラシュバ効果」と呼ばれる電子スピンの運動を理解するために、原子構造の対称性が欠かせないことを突き止めた。

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる