8件中、1ページ目 1〜8件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

伊藤園は「おーいお茶」などの飲料製品の原料として茶葉を全量買い取る。

伊藤園、茶殻リサイクル製品で空間開設 (2018/12/13 建設・エネルギー・生活1)

人工芝や自動販売機のほか、お茶の香りがする茶殻配合ベンチのリサイクル製品には、茶飲料「おーいお茶」ペットボトル(525ミリリットル)で約1万2300本分の茶殻が使用されている。

伊藤園、「おーいお茶」に新茶シリーズ 数量限定販売 (2018/4/13 建設・エネルギー・生活2)

伊藤園は緑茶飲料「おーいお茶」の新茶シリーズを23日から数量限定で順次発売する。... ペットボトル「おーいお茶 新茶=写真」は国産新茶を100%使用して低温抽出した。また、「瓶 おーいお茶 新茶」は...

伊藤園は自社の「おーいお茶」などの茶飲料も販売し、北米事業の拡大を図る。

今回の合意の対象となる製品は大塚製薬の「オロナミンCドリンク」と伊藤園の飲料事業の柱である「おーいお茶」で、それぞれお互いの自販機で取り扱うことで販路を拡大する。

伊藤園のペットボトル「おーいお茶」の販促品として茶殻入りのあぶら取り紙を手がけたのをきっかけに伊藤園と連携。

伊藤園は11日、緑茶飲料「おーいお茶」から、年末年始にふさわしい華やかなパッケージにした「おーいお茶 壽(ことほぎ)緑茶=写真」を15日に季節限定で発売すると発表した。

1足当たり緑茶飲料「おーいお茶」(500ミリリットルペット)の2本分の茶殻を使用する。 「おーいお茶」は年間約18億本が販売され、製造過程で排出する茶殻の量も増加。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる