1,042件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

◇  ◇ がん性皮膚潰瘍とは皮膚に浸潤や転移、再発したがんが、皮膚を破って体表面に現れ潰瘍化した状態。... 今回の製品は、埼玉県立がんセンターで開催された医療現場の困りごと発表会で...

神戸大学大学院医学研究科の鈴木聡教授らは、九州がんセンターの益田宗幸博士らと共同で、頭頚部(けいぶ)がんの発症に重要な影響を与える細胞内の情報伝達経路を発見した。 ... YAPを標...

エートラクションは国立がん研究センター発ベンチャー。... 開発するロボット「アンサー」は、大腸がん手術法の一つである経肛門直腸間膜全切除術(TaTME)の術者サポート用。

「がん患者に接するときは笑顔でないと」と心がけるのは、イムス札幌消化器中央総合病院(札幌市西区)VADセンター長の岸宗佑さん。... 「がんは旅のようなもの」と持論を語る。患者はがんを通じて痛みや命、...

書店だより (2020/3/9 books)

▽アンドリュー・ウォンさんトークショー(4月3日19時、八重洲ブックセンター本店=東京都中央区)『イギリス人医師がたどりついた がんが逃げ出すエッセンシャル統合医療』刊行記念。著者で医師のウォンさんが...

輝け!スタートアップ(31)リードファーマ (2020/3/5 中小・ベンチャー・中小政策)

2019年8月に設立し、国立循環器病研究センター(国循、大阪府吹田市)発のベンチャー第1号として認定を受けた。... 将来は、専門領域の循環器疾患からがんや神経疾患などまで適用範囲を拡大する。 ...

みずほ証券はコンタクトセンター(顧客対応拠点)の機能を拡充し、かかってきた電話番号から顧客のニーズや属性を判別して各オペレーターにつなげるようにした。... 最大手の武田薬品工業は今後5年で15品目の...

生体内でたんぱく質が正しく機能しない場合には、がんや心臓病、アルツハイマー病などさまざまな疾患が起こりうる。... (月曜日に掲載) ◇計算科学研究センター 粒子系生物物理研究チーム...

特に前立腺がん治療剤『エクスタンディ』は適応症を広げながら販売を拡大しており、開発戦略は終盤にさしかかってきた。... これらの製品で2020年代を勝ち抜きたい」 ―富山技術センター...

基地局、データセンター、ここにさらに自動車向けが入ると、20年後半には需要過多になる可能性はある。... がん細胞のにおい検知やスマホのアプリケーションとしての口臭検知など“コト”領域も開拓していきた...

がん、消化器系疾患、希少疾患、血漿(けっしょう)分画製剤、循環器疾患、代謝系疾患が事業領域だ。12年には武田開発センター(TDC)を設立し、中国を含めアジアの臨床試験を加速している」 ...

木村操氏(82歳、きむら・みさお=元名古屋鉄道会長・社長)8日胆管がんのため死去。... 連絡先は同社名鉄お客さまセンター(052・582・5151)。

理化学研究所生命医科学研究センターの中川英刀チームリーダーらは、国際的な研究プロジェクト「全ゲノムがん種横断的解析プロジェクト(PCAWG)」により、患者のがん組織の全遺伝情報(ゲノム)を解析したデー...

抗体に抗がん剤をくっつけると、薬を届けられる。がん治療に活用可能性があるという。 「国立がん研究センターなど、企業や団体と協力体制ができている」と笑顔。

東京大学政策ビジョン研究センター健康経営研究ユニット(現未来ビジョン研究センター)による分析手法を用いて精神疾患などメンタルのほか、慢性疾患などフィジカルの面からも健康リスクを評価できる。 &...

身体不活動は循環器疾患や糖尿病のまん延だけでなく、がんの発症やうつ症状にも関わると推測されている。... 筑波大学ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センターの征矢(そや)英昭センター長に「好きな...

従来のアレルギー検査は病院などで採取した血液を分析センターに送り、約1週間後に患者へ結果が通知される。... 日本と異なり分析センターへの輸送が毎日行われていない欧米や中国などの海外市場で即座に検査結...

大阪大学の福間良平特任助教と柳沢琢史教授らは、脳情報通信融合研究センターと国立がん研究センター中央病院、大阪医療センターと連携し、脳腫瘍の磁気共鳴断層撮影装置(MRI)画像から今後の経過にかかわる遺伝...

展望2020/東レ社長・日覚昭広氏 環境・医療分野に重点 (2020/1/14 素材・医療・ヘルスケア)

不織布や燃料電池も重要テーマだ」 「25年ごろにはがん治療薬で成果が出ているだろう。... 「新たに滋賀事業場(大津市)に設けた未来創造研究センターでは、外部との融合や連携を図る。

従来は分析センターに血液を送り患者のもとに結果が返ってくるまで約1週間かかっていたが、同製品はその場で検査が可能。... 「水ぼうそうやはしかなどのウイルス性感染症、自己免疫性疾患、がんマーカー、心筋...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる