393件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

米医療サービス大手のIQVIA(アイキューヴィア)がまとめた調査によると、2019年に最も売れた医薬品は、米アッヴィの関節リウマチや乾癬(かんせん)などの治療薬「ヒュミラ」だった。2位は米ブリストル・...

近畿大学医学部の林秀敏講師らは、最初に発生した場所が分からない原発不明がんで、がん免疫治療薬「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)の有効性を、世界で初めて医師主導治験で確認した。過去に抗がん剤の治療経験の...

脳・神経、発生・再生、免疫など高次生命現象の理解には、個体レベルでの実験研究が不可欠である。ヒトのiPS細胞を利用した創薬研究もあるが、培養系だけでは、例えば高血圧の治療効果の測定はできない。がん、認...

小野薬品工業、米に投資ファンド設立 (2020/5/28 ヘルスケア)

画期的な新薬を創製するための創薬標的や先端技術の導入・提携が目的。... 注力するがん、免疫、中枢神経領域を中心に、米国でのオープンイノベーションを加速する。

小野薬品工業は、がん免疫治療薬「オプジーボ」と抗がん剤「ヤーボイ」との併用療法について、進行非小細胞肺がんに対し最初に投与するファーストライン治療薬(第一選択薬)として、米国食品医薬品局(FDA)から...

製薬8社の前3月期、4社営業増益 米で新薬販売伸びる (2020/5/15 素材・医療・ヘルスケア)

小野薬品工業もがん免疫治療薬「オプジーボ」が伸び、海外のロイヤルティー収入も増加した。... 大日本住友製薬は北米で非定型抗精神病薬「ラツーダ」を伸ばした。大正製薬ホールディングスは、骨粗鬆症治療薬「...

小野薬品の前3月期、売上高最高 オプジーボ貢献 (2020/5/13 素材・医療・ヘルスケア)

小野薬品工業が12日発表した2020年3月期連結決算(国際会計基準)は、がん免疫治療薬「オプジーボ」や海外のロイヤルティー収入の増加が貢献し、売上高は過去最高の前期比1・3%増の2924億円、営業利益...

新型コロナ/NEC、ワクチン設計向け情報公開 AIで遺伝子解析 (2020/4/24 機械・航空機・電機・電子部品・情報・通信)

世界中の人々に最もよく見いだされる100個のHLAアレル(多様な免疫の型)に対して、ワクチンのターゲットとなり得るもの(エピトープ)を特定し、論文ウェブサイトで公開した。 NECとノ...

同社の遺伝子解析ソフトウエアは、免疫細胞の表面に発現する受容体の集合体「免疫レパトア」の解析に適している。新型コロナウイルスなどによる感染症の病態解明、がんや白血病などの診断精度向上、治療薬の有効性評...

生きた状態で1細胞を解析 横河電、バイオ向け装置投入 (2020/3/26 機械・ロボット・航空機2)

1細胞解析は、がん研究や免疫学研究などで、病因や病態などの事象を解明する新たな解析方法として注目されており、創薬研究や個別化医療、再生医療分野への貢献が期待される。

オプジーボ、価値最大化 ―がん免疫治療薬「オプジーボ」の適応症拡大に向けた進捗(しんちょく)は。 「非小細胞肺がんを対象とした試験では、がん免疫薬『キイトルーダ』に...

膵臓(すいぞう)がんや胃がん腹膜播種(はしゅ)など既存の薬が効きにくい領域の薬として開発したい考え。特に膵臓がんは、間質細胞と呼ばれる塊の中にがん細胞が発生するため、薬が届きにくいといわれる。... ...

グローバルでナンバーワンの年間約2兆円を売り上げる関節リウマチ治療薬「ヒュミラ」や、約8000億円を売り上げるがん免疫治療薬「オプジーボ」が代表例だ。 ... 疾患と関連するとして報...

「再生・細胞医薬分野は六つのプロジェクトを有するが、最終的には免疫反応がなく、安全な自家細胞を用いた臓器再生を目指す。... 「開発中の抗がん剤『ナパブカシン』の結腸直腸がんを対象としたフェーズ3試験...

がん免疫領域の開発が進めば抗体の増産も可能で、抗体生産の拠点になる。さらに免疫抑制剤『プログラフ』向けの原薬製造施設を建設する。... アステラス製薬は近年、がん免疫領域で有望技術やパイプラインの獲得...

研究チームは、がん免疫療法のために開発された細胞表面の合成受容体「synNotch受容体」に着目。... 慢性B型肝炎は肝硬変や肝細胞がんに進行するリスクがあるが、一度HBVに感染すると体内からウイル...

製品別売上高(薬価ベース)は、がん免疫薬「キイトルーダ」が同64・3%増の1284億円を売り上げて首位だった。... 販売額が1000億円を超えたのはこれら3品で、キイトルーダと競合するがん免疫療法治...

製品別売上高(薬価ベース)は、がん免疫薬「キイトルーダ」が同50・0%増の346億円で、7―9月期に続き首位。... キイトルーダと競合するがん免疫療法治療薬「オプジーボ」は同16・7%減の233億円...

がん患者自身の免疫細胞を強化する療法「CAR―T細胞療法」に遺伝子を効率良く改変するゲノム編集技術を応用し、改変した免疫細胞が患者の体内で機能することを臨床試験で確認したと、米ペン...

アステラス製薬上席執行役員・松井幸郎氏 前立腺がん薬、優位性訴求 ―中国の医薬品市場をどう見ますか。 ... 「今は免疫抑制剤と前立腺肥大症治療剤が収益の柱だ。.....

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる