64件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.029秒)

「がん組織はがんの元の“親分”がいて、そこから分裂して“子分”ができ、子分ばかりで成り立っている」と話すのは、北海道大学大学院医学研究院教授の田中伸哉さん。 ... 研究で特殊なゲル...

ゲルの上にがん細胞をまくと、特別な培養液がなくても、24時間以内という極めて短時間でがん幹細胞のマーカー(目印)が増え、がん幹細胞に戻すことを突き止めた。... がん組織の中には、化学療法や放射線療法...

大日本住友製薬は9日、開発中の抗がん剤「ナパブカシン」の結腸直腸がん患者を対象とした第3相臨床試験について、主要評価項目を達成しなかったと発表した。... ナパブカシンは、がん幹細胞の性質を維持するメ...

岡山大学の妹尾昌治教授らはマウスのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、がん幹細胞に変化させる手法を利用し、化学物質の発がん性を短期間で評価できる方法を確立した。... 化学物質を添加しない条件では通常...

東京工科大、がん幹細胞をAIで識別 (2020/8/10 科学技術・大学)

マウス由来のがん幹細胞を撮影し、画像に含まれるがん幹細胞の形をAIが学習。... がん幹細胞を含むがん組織の簡便な診断手法に応用できると期待される。 がん組織はがん幹細胞という少数の...

岡山大学の妹尾昌治教授、サイード・モハマド・アブデルサブール・アフィフィ博士らはマウスのiPS細胞(人工多能性幹細胞)を再発や転移の原因となる「がん幹細胞」に変化させ、これをマウスの肝臓に移植して肝臓...

大日本住友製薬は2日、米国子会社で開発中の抗がん剤「ナパブカシン」の膵(すい)がんを対象とした第3相臨床試験を中止すると発表した。... 22年度のナパブカシンの売上高は、膵がんが日米で約500億円、...

抗がんウイルスであるG47Δはがん細胞にだけ感染して強力に増殖し、細胞を攻撃する特徴を持つ。ヘルペスウイルスの遺伝子を改変し、正常な細胞では必要だが、がん細胞では不要な遺伝子を取り除くことで、がん細胞...

「普通の細胞が働きバチならがん幹細胞は女王バチ」とがん組織を蜂の集団に例えるのは、慶応義塾大学病院臨床研究推進センター長の佐谷秀行さん。 がん細胞の元になるがん幹細胞は薬や放射線など...

JAXAが開発した硬X線やガンマ線を検出するセンサー技術などを利用し、がん細胞の元となる「がん幹細胞」の検出装置を開発する。... がんの治療法には抗がん剤や放射線治療などがあるが、がん幹細胞は治療へ...

大腸で粘液やホルモンを分泌する上皮細胞が幹細胞から生じた後、炎症で潰瘍ができた際に一部が幹細胞に逆戻りして修復を促すことがマウスの実験で分かった。... マウスの大腸炎から発展したがん組織を調べると、...

慶応医学賞に小川氏ら2氏 (2017/9/12 科学技術・大学)

受賞テーマは「がん幹細胞の同定」で、白血病細胞の中から、がん細胞の元になるがん幹細胞の存在することを世界で初めて証明した。

「iPS細胞(人工多能性幹細胞)を用いたがん幹細胞の研究は、新しいがん研究の材料。... 今回マウスのiPS細胞をがん幹細胞に誘導し、がん組織になることを発見した。「がん幹細胞のライブラリー化で、患者...

【岡山】岡山大学の妹尾昌治教授、笠井智成講師らは、ヒトの乳がん由来の細胞株を用いてマウスのiPS細胞(人工多能性幹細胞)を培養して「がん幹細胞」へ誘導したところ、がん幹細胞が自らがん組織の主体となる「...

大日本住友製薬、ナパブカシンの盲検を解除 (2017/6/29 素材・ヘルスケア・環境)

大日本住友製薬はがん幹細胞性阻害剤「ナパブカシン」の胃または食道胃接合部腺がん患者を対象にした国際共同第3相臨床試験で、治療内容を伏せる盲検を解除した。ナパブカシンの中間解析を行う第三者機関が標準的な...

【福岡】九州大学大学院農学研究院の立花宏文主幹教授らは、すい臓がん幹細胞の機能を阻害する化合物を発見した。 がん細胞に緑茶の主要成分であるカテキンの一種を加えた上、がんの元となるがん...

検出薬と鉄イオンの吸着薬を併用すると、通常のがん細胞だけでなく、がん幹細胞も検出可能なことをラットの細胞で確認した。... 研究チームは、ラットの脳腫瘍由来の培養細胞からがん幹細胞を採取。このがん幹細...

【岡山】岡山大学大学院自然科学研究科の妹尾昌治教授、笠井智成講師らは、マウスのiPS細胞(人工多能性幹細胞)由来のがん幹細胞から、膵臓(すいぞう)がんのモデルを作製することに成功した。... その後、...

【岡山】岡山大学は20日、米ミシガン州のウェイン州立大学に、iPS細胞(人工多能性幹細胞)からがん幹細胞を作成して、がん治療法の開発や「がん幹細胞バンク」の構築で連携するラボを設置したと発表した。.....

国立がん研究センターと理化学研究所、カルナバイオサイエンスは、大腸がんの細胞を作る基となる細胞「大腸がん幹細胞」の働きを抑制する新規化合物を創出した。... がん幹細胞では、ポンプの働きをするたんぱく...

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる