52件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

頭部のがんや認知症の検査、乳がんの検査がそれぞれ行える。... より正確ながんや認知症の検査法確立を視野に入れる。

CYBO、オンコリスと契約 自動細胞解析ソフト開発 (2020/6/11 中小・ベンチャー・中小政策)

オンコリスが進める血中循環がんの診断法開発に利用する。 がん検査薬「テロメスキャン」にCYBOの高速画像解析システムを利用する。テロメスキャンはウイルスを使ってがん細胞を蛍光で光らせ...

現在主流のがん検査は、検診などにおいて超音波検査・X線検査・内視鏡などを用いた画像検査を行い、疑わしい部位を生研(採取し病理診断)することで診断を行う。... また画像検査と並行して行われる従来型の腫...

ヒロツバイオは、線虫を利用したがん検査「N―NOSE(エヌノーズ)」手がけており、調達資金は研究開発に充てる。... エヌノーズは早期がんのリスクを判定する検査手法で、体長1ミリメートル程度の線虫が、...

検査センター向けに初年度5台の導入を目指し、子宮頸がんの予防を啓発していく考えだ。 ... 異常細胞やがんの有無を調べる従来の子宮頸がん検査に対し、細胞に異常が起こる前のウイルス感染...

東芝は東京医科大学などと共同で、1滴の血液から13種類のがんを発見できる検査装置を開発した。... 検査結果は、血液採取から2時間以内で判明。... 東芝によると血液によるがん検査装置は他にもあるが、...

内視鏡の操作負担を軽減する器具を開発することで女性の内視鏡専門医を支援し、大腸がん検査の受診率向上につなげる。... 女性のがんで最も多いのが大腸がん。しかし、大腸がんの検査を受診する際、女性医師を希...

【がん検査で活躍】 「生体内で細胞を直接観察する、というのがもともとのアイデアだった」―。... 同製品が活躍するのは例えばがん検査だ。消化器でがんが生じると、病変の周囲に血管が集中...

コニカミノルタと東京大学、国立がん研究センター研究所は6日、新たながん検査方法「次世代がん遺伝子パネル」の共同研究開発を始めたと発表した。東大と国立がん研究センター研究所が開発した検査「東大オンコパネ...

PHCHD、LSIメディエンス買収 (2019/5/23 ヘルスケア)

PHCHDはLSIM買収を通じて国内のがん検査や遺伝子検査の市場成長を取り込み包括的なヘルスケアソリューション事業の構築を狙う。LSIMは国内で診断薬や創薬支援などの事業を展開しており、特に臨床検査事...

全身効果のある貼り薬や脳への移行が難しかった薬の利用、がん検査などへの応用が見込める。

「阻害剤はがん細胞を見つけて作用するが、がん細胞が溶けている方が、がんのみが持つ抗原を見つけやすいとわかった。... テロメライシンは、食道がんのほかメラノーマと肝細胞がんを適応症とした治験が進行中。...

トッパン・フォームズ、HIROTSUバイオに出資 (2018/8/1 電機・電子部品・情報・通信2)

第1弾として、がん検査装置の研究・開発を手がけるHIROTSUバイオサイエンス(東京都港区)の第三者割当増資の一部を引き受け、資本提携契約を結んだ。... HIROTSUバイオサイエンスが開発を進める...

尿からがん判別 日立、20年代実用化目指す (2018/4/17 素材・ヘルスケア・環境)

尿の回収から分析を行う検査機関までの運搬方法や搬送時の温度管理といった一連の解析の流れを6カ月にわたって実証する。2020年代初めにも、尿を用いたがん検査の実用化を目指す。 ... ...

プロトセラ(兵庫県尼崎市、田中憲次社長、06・6415・9620)は、京都府立医科大学と共同で、たんぱく質の一種で血液中に存在する5種類の「ペプチド」の量が大腸がんの検査に有用だと明らかにした。......

塩基配列データを大量取得できる次世代シーケンサーで、がん検査を実施する。... クリニカルシーケンスラボは、米学会の臨床検査成績評価プログラム「CAP―LAP」対応認定を目指す。ヒト検体を扱う臨床検査...

尿定量検査4項目と便潜血検査2項目を1台で測定できる。病院内の一般検査室で検査ができ、腎疾患や大腸がんの早期発見に役立つ。... 新たに便潜血検査システムが加わり、大腸がん検査への訴求が可能になる。&...

日立製作所と線虫を使ったがん検査の実用化で共同研究を始めた。 線虫のがん患者の尿のにおいをかぎ分ける能力を活用した。... 「10年後には国内6000万人、世界13億人が受ける検査に...

大量の検査ができる自動化技術を確立し、がんの早期発見につなげる。... ヒロツバイオの線虫がん検査法「エヌ・ノーズ」は線虫ががん患者の尿に近づき、健常者の尿から離れる特性(化学走性)を利用した検査法。...

九州大学大学院薬学研究院の唐澤悟准教授らは、がん組織が正常組織より高温なことを利用し、薬を内包する微粒子をがん組織だけに集める技術を開発した。... このナノ微粒子に蛍光分子を取り付けて、がんを持つマ...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる