54件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

米ハワイ島のすばる望遠鏡で観測した画像データを機械学習で解析。... すばる望遠鏡で観測した4000万個の画像データを機械学習で解析し、候補を3個に絞り込んだ。

だが同地はマウナケア山頂より標高が低く、同山頂にある「すばる望遠鏡」などと連携しにくいといった課題がある。 TMTはすばる望遠鏡の後継で、複数の鏡で光を集める反射望遠鏡。すばる望遠鏡...

中小企業優秀新技術・新製品賞 受賞38氏「喜びの声」 一般部門 (2020/4/30 中小企業優秀新技術・新製品賞)

当社独自技術の音叉(おんさ)の振動数を利用した音叉式力センサーは極めて正確で長期安定性に優れているため、ハワイのすばる望遠鏡の主鏡の歪を計測するセンサーに採用され、SOFTGRAMも同じセンサー方式を...

2017年1月12日、ハワイのすばる望遠鏡で観測された極域発光強度増大時(図)には、太陽風に擾乱があったことがモデルから示され、木星成層圏大気が太陽圏の変動と密接に関連していることを示唆した。 ...

米ハワイ州の「すばる望遠鏡」での観測で、付着した塩の組成を調べたところ、地球の海のようにエウロパの水は塩化ナトリウムを主成分として含むことが分かった。

国立天文台は米ハワイ州にある「すばる望遠鏡」の観測データを利用し、市民が科学的な活動に参加できるサイト「ギャラクシークルーズ」を公開した(写真=国立天文台提供)。同望遠鏡の超広視野...

国立天文台がチリで運用するアルマ望遠鏡など3台の望遠鏡でみずがめ座の方向の銀河団を観測。... アルマ望遠鏡を使い銀河の分布や銀河までの距離を決定し、すばる望遠鏡や超大型望遠鏡(VLT)で宇宙網を直接...

観測史上最も遠い銀河団であり、2012年にすばる望遠鏡で発見された最遠方の原始銀河団の記録を約1億光年塗りかえた。... 研究チームは、国立天文台の米ハワイ州にある「すばる望遠鏡」をはじめ、「ケック望...

国立天文台のすばる望遠鏡など世界6カ所の天体望遠鏡で木星を共同観測。... 国立天文台がチリで運用する「アルマ望遠鏡」やNASAの「ハッブル望遠鏡」など世界にある六つの巨大望遠鏡を利用し木星を観測した...

国立天文台の「すばる望遠鏡」の主焦点カメラのレンズの球面研磨にも携わった経験を持つ。... すばる望遠鏡で使用した直径80センチメートル近いレンズの加工には、奥山職場長でさえも相当骨を折ったという。&...

有名なものとして世界最大級の望遠鏡「すばる望遠鏡」や1秒間に1京回の浮動小数点演算が可能な京速コンピューター「京」などの大型の研究施設の整備が国の支援を受けて実現している。

海部氏は米ハワイの「すばる望遠鏡」の建設を主導した。

完成は27年度の予定で、同山頂にある「すばる望遠鏡」の後継となる。TMTは複数の鏡で光を集める反射望遠鏡で、すばる望遠鏡の10倍以上の光を集めることが可能。... ニコンは、これまでに金星探査機「あか...

宇宙が約138億年前に誕生してから8億年後の時点で、巨大ブラックホールが多数存在したとみられることが、国立天文台のすばる望遠鏡(米ハワイ島)による観測で分かった。... すばる望遠...

すばる望遠鏡にも使われる高精度な技術のさらなる応用を目指す。

「すばる望遠鏡」の後継で、高い解像度と集光力により宇宙で最初に生まれた星や生命に関わる天体の発見、太陽系外惑星の形成過程の探査などを目指す。 ... 同じくマウナケア山頂にある同8・...

研究チームは11月に米ハワイ島にある日本の国立天文台のすばる望遠鏡を使ってこの天体を発見。今月、南米チリにある望遠鏡でも確認し、国際天文学連合(IAU)に仮称「2018VG18」として認められた。.....

ガンマ線天文台の直径23メートルの大口径望遠鏡に搭載される。 カナリア諸島では31カ国が参加するプロジェクト「チェレンコフ望遠鏡アレイ計画」が行われている。......

「すばる望遠鏡」での宇宙観測で1000万個の銀河の形状での重力レンズ歪み効果を確認することに成功。... DESは近傍の宇宙だけで、すばる望遠鏡の14倍の領域を観測している。 すばる...

ホームズ彗星の起源、京都産大が解明 (2018/11/5 科学技術・大学)

研究グループは、07年の増光時に国立天文台の「すばる望遠鏡」で観測した赤外線での分光データを従来より詳細に解析。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

  • 2020/08/15

    8/15、土曜日付記事更新 ※8/17(月)は新聞休刊日のため、電子版も朝刊記事の更新はありません。ご了承ください。

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる