33件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

街灯にセンサー、日射量を予測 気象協会・ミネベアミツミが実証 (2020/10/29 電機・電子部品・情報・通信2)

日本気象協会は、太陽光発電システム運用事業者向けに、気象衛星「ひまわり8号」の解析技術、移動予測技術を用いた「日本付近の任意地点や面的な予測日射量のリアルタイムデータ」をオンラインで提供している。

一方、現在運用されている気象衛星「ひまわり8号」は、台風を追尾して2分半間隔という高頻度で撮像できる。

より詳しい気象情報をいち早く国民に伝えるため、2015年7月7日にひまわり8号衛星の運用が始まった。 全球画像を10分ごとに、日本域画像を2・5分ごとに生成(ひまわり7号は30分ごと...

その5分前に日本の気象衛星「ひまわり8号」が高度約3万5800キロメートルの静止軌道から観測した画像には、黄色っぽい部分があった。  

気象庁は、気象衛星「ひまわり8号」や数値予報データを提供し、解析や予測技術の向上も支援する。

気象衛星「ひまわり8号」の観測ビッグデータ(大量データ)とスーパーコンピューター「京」で実現した。... 2015年に運用を始めたひまわり8号により、10分ごとの高頻度で観測データを得られるようになっ...

そうした事態を少しでも防ごうと、気象庁は、予報・予測精度を2018年度中に向上する。... 18年6月に運用を始める。 ... そのため、静止気象衛星「ひまわり8号」からの観測データ...

気象庁は、運用中のひまわり8号の観測データを使い、夏季の日中に発達する積乱雲を従来より早く検出する技術を開発した。... ひまわり8号は時間分解能が2・5分と高性能なことから、予測精度の向上につながっ...

9号は観測機器を試験運用し、17年3月までに8号の予備衛星として観測可能な状態にする。... 15年7月からひまわり8号の運用が始まり、それまでに比べて雲の動きを詳細に捉えられるようになったためだ。&...

リモート・センシング技術センター(東京都港区、池田要理事長、03・6435・6700)は、8日に噴火した阿蘇山(熊本県)から放出された二酸化硫黄(SO2)の広がりを示す画像や動画をホームページ上に公開...

前田技師は気象衛星ひまわり8号の観測データから雲の通過地点を予測するなど、正確な予測手法の確立を目指している。

【高度別に観測】 従来、気象庁は台風の強度予測に、静止気象衛星「ひまわり8号」の赤外画像を利用した「ドボラック法」を採用していた。

RESTECは気象衛星ひまわり8号の観測データから高い精度で情報を抽出するためのアルゴリズムを開発。... 同アルゴリズムをマイコスフィットに組み込み、ひまわり8号の観測データから積乱雲の急発達を検知...

特殊用途の電池や電源を製造するジーエス・ユアサテクノロジーは、H2A29号機の電子機器用などの電源として、従来比約2倍となる80アンペア時の容量を持つLIBを開発した。... GSユアサは静止気象衛星...

気象庁の次世代気象衛星「ひまわり8号」が7日11時から本格運用を始めた。静止気象衛星として世界初となるカラー画像の観測が可能となり、搭載するレーダーの性能は現在のひまわり7号から大幅に向上。... 6...

本年7月運用開始の「ひまわり8号」の画像も出展される。

そこで山本社長は7月から運用が始まる「ひまわり8号」に期待する。現在のひまわり7号は30分おきに画像が更新される。... ひまわり8号の画像の更新は2分30秒間隔。

気象庁の気象衛星「ひまわり8号」が、7月7日11時から運用されることになった。ひまわり8号は2014年10月に国産基幹ロケット「H2A」で打ち上げられ、これまで運用に向け衛星本体の機能確認試験や、地上...

「ビッグデータ時代の将来展望」(林祥介神戸大学大学院教授)、「新しい気象衛星ひまわり8号の概要」(別所康太郎気象庁気象衛星センターシステム管理課長)などの講演がある。

初号機以来、年度平均の打ち上げペースは1・8回。... 14年度は陸域観測技術衛星「だいち2号」(5月24日)、気象衛星「ひまわり8号(10月7日)」、小惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げに成功。

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる