196件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

衝突軽減ブレーキなど運転支援システムの先駆けとなったSUBARU(スバル)の「アイサイト」が新世代モデルに生まれ変わった。... 新型アイサイトはセンシング技術を高め、これまで難しかった一般道での交通...

衝突防止機能などを備えた運転支援システム「アイサイト」を刷新し安全性能を高めたほか、走行性能を磨き上げスポーティーさを向上させた。... ハンズオフ機能などを備えた先進運転支援システム(ADAS)「ア...

アイサイトXは全グレードに搭載でき、消費税抜き価格で35万円で設定できる。 衝突防止機能などを備えた運転支援システム「アイサイト」を刷新し、新型レヴォーグに初採用する。... 新世代...

20年代前半は安全運転支援システム「アイサイト」の交差点や市街地事故、ドライバーの状態や操作ミスの対応を強化する。

同セダンはこれまでの「GT」「GT―S」グレードを廃止し、「STIスポーツアイサイト」のみを設定した。STIスポーツ♯は、STIスポーツアイサイトをベースに架装し、上質な走りと質感の高さを最大限に引き...

スバル、群馬製作所の研究開発施設 集約・建て替え (2020/6/8 自動車・機械・ロボット・航空機)

スバル独自の運転支援システム「アイサイト」などの新技術の開発につなげる。

スバル、ペダル踏み間違い時加速抑制装置 既販車後付け可能 (2020/6/4 自動車・機械・ロボット・航空機)

ブレーキペダルの踏み間違いによる衝突防止機能などを備えた運転支援システム「アイサイト」が装着されていない車でも後付けで安全運転を支援する。

2020年代後半には運転支援機能を備えた「アイサイト」に人工知能(AI)が融合する。... アイサイトのポテンシャルを生かす研究開発は進む。

令和も多彩 国内新型車 (2020/1/3 自動車)

衝突軽減ブレーキなどを備えた次世代「アイサイト」(開発中)を搭載し、安全性能を高めるほか事故発生時にオペレーターにつながるコネクテッドサービスをスバルの国内モデルとして初めて導入する。 ...

また衝突軽減ブレーキなどを備えた次世代「アイサイト」を採用し安全性能を高めた。

SUBARU(スバル)はスポーツワゴン「レヴォーグ」の特別仕様車「2・0GTアイサイトV―スポーツ=写真」を2020年1月23日に発売する。現行のグレード「2・0GT―Sアイサイト」をベースに力強い動...

スバルは運転支援機能「アイサイト」で培ってきた先進安全技術を進化させるためコネクテッド技術の研究開発を強化している。

高速道路などでアクセルやブレーキ、ステアリング操作をアシストする運転支援機能「アイサイト・ツーリングアシスト」を全車に標準装備する。

スバル、来月3日に感謝祭 (2019/10/30 自動車)

スバルが生んだアイサイトの秘密」と題して同社の技術統括本部の樋渡穣統合制御統括上級PGMが講演。歴代の車を展示・紹介する施設「ビジターセンター」の見学や、アイサイトの試乗会、子ども向けのモノづくり体験...

高速道路などでアクセルやブレーキ、ステアリング操作をアシストする運転支援機能「アイサイト・ツーリングアシスト」を全グレードに標準装備する。

衝突軽減ブレーキなどを備えた次世代「アイサイト」(開発中)を初めて搭載し安全性能を高める。... 搭載する新型アイサイトは広角化した新開発のステレオカメラと前後合わせて四つのレーダーにより360度をセ...

高速道路などでアクセルやブレーキ、ステアリング操作をアシストする運転支援機能「アイサイト・ツーリングアシスト」を全グレードに標準装備する。

日本でいち早く対策に取り組んだSUBARU(スバル)では、同ブレーキなどの機能がある運転支援システム「アイサイト」の搭載車は、自社の非搭載車に比べ追突事故を84%減らせたという。... ただし、アイサ...

日本で先鞭を付けたのが、富士重工業(現SUBARU〈スバル〉)が、08年(平20)に発売した運転支援システム「アイサイト」だった。

営業畑が長く、スバルの代名詞となった運転支援システム「アイサイト」の営業戦略を主導した。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる