48件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

また地産地消の再生可能エネルギーとして小水力発電などの開発に注力するほか、廃止措置中の高速増殖原型炉「もんじゅ」の後継として文部科学省が計画する試験研究炉の役割の中にラジオアイソトープの製造を追加した...

放射線治療というと体の外から放射線をあてる外照射を指すことが多いが、標的アイソトープ治療は、放射線を出す薬を投与し、体の内でがんに放射線を照射する治療である。標的アイソトープ治療で使う薬は、放射線を放...

単一細胞レベルで線量評価 標的アイソトープ治療は他の放射線療法では難しい転移性や播種(はしゅ)性のがんに有効と考えられている。

標的アイソトープ治療は細胞殺傷性のアルファ線やベータ線を放出するアイソトープをがん細胞などの患部に送達して、病的細胞を焼き殺す治療法であり、がんの原発巣だけでなく転移や播種(はしゅ)し...

現在、再発をきたした悪性脳腫瘍に対して、有効な治療法は確立されていない。このため、新規治療法の開発が強く望まれている。従来の化学療法や放射線治療が効きづらい原因として、腫瘍の中では...

α線核医学の副作用減 量子科学技術研究開発機構(QST)は、中皮腫に対するアルファ(以下、α)線放出核種を用いた核医学治療薬候補の開発に成功し、動物実...

毒を有用物質に変換・再生 放射線科学の教科書には、放射線の生体に対する悪影響、いわゆる内部被ばくに関する解説がある。影響が大きい順に、α線、β線、γ・X線と続く。この教えに...

副作用少なく身体に優しい 量子科学技術研究開発機構(QST)が研究と開発を進める、「薬でかつ放射線治療」というユニークな治療法、標的アイ...

さらに、重粒子線がん治療の成績向上と、日帰りがん治療に向けた治療期間の短縮化のために、複数種の重粒子を組み合わせた照射や、免疫療法と組み合わせた治療など、さまざまな臨床研究を実施しており、将来的には、...

さらに、標的アイソトープ治療(TRT)や、免疫治療と重粒子線治療の併用治療の研究を進めている。

核融合発電」「量子メスで日帰りがん治療」「標的アイソトープ治療でからだに負担の少ないがん治療」「ヘルメット型PETで脳の検査」「量子スマートセルによる究極の健康管理」「スマホは充電要らず」「ロボットに...

桐糸については、アイソトープ(大阪府泉大津市)を介して糸を販売するほか、カスガアパレル(同)が桐糸でつくった生地を、SASAWASHI(同)が帽子や靴下...

研究グループは、ドリップラインを理論的に研究し、それを決定する旧来とは異なる新たなメカニズムを提案し、それがフッ素からマグネシウムの原子核(アイソトープ)のドリップラインを記述すること...

動画像で良否判定 鹿島、コンクリ全量受け入れシステム (2019/12/26 建設・生活・環境・エネルギー)

既存技術の連続RI(ラジオアイソトープ)水分計と組み合わせ、強度や耐久性も連続監視し、少人数で品質管理を実現する。

同社は放射線の一種であるアルファ線を放出するラジオアイソトープを用いた治療薬とコンパニオン診断薬を開発することで、セラノスティクスを実現する。

パワーアシストスーツも農業など建築以外の企業と開発中だ」 「当社が宇宙航空研究開発機構(JAXA)、竹中土木と共同開発した『自動RI(ラジオアイソトープ...

しかし、サイクロトロンを使ってつくり出されるラジオアイソトープ(RI)が元素の挙動を追跡する有用なツールであることに着目し、サイクロトロンを建設してから1年も経たないうちにRIを用いて...

「RI」とはラジオアイソトープ、すなわち寿命の短い原子核のことで、これを「ファクトリー=工場」のように大量に作り、「ビーム」の形で実験に供給するのが役割である。

筑波大学アイソトープ環境動態研究センターは2019年度からの共同利用・共同研究拠点「放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点」として文部科学省から認定を受けた。

竹中工務店など、試験ロボで土壌の水分量と密度を自動計測 (2017/5/30 建設・エネルギー・生活1)

土壌の水分量などを計測するラジオアイソトープ(RI)試験を自動化する。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン