電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

152件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

日産、アルミ部品を低CO2に全量置き換え 30年めど (2024/5/20 自動車・モビリティー)

日産自動車は2030年までに車両で使用するアルミニウム部品全量を、低二酸化炭素(CO2)アルミ製部品に置き換える。... 現行車は日本と米国、欧州で低CO2アルミ製...

銀賞は樹脂部品の製造や産業用精密部品の射出成形などを手がける三優ライト工業(同、松原竹志社長)。銅賞にはアルミニウム部品の精密切削加工のエイエルアイ(同、山上将志社長)...

金型・部品の工程集約加工に加え、多品種少量生産を行う企業を中心に提案する。電気自動車(EV)や航空機のアルミニウム部品加工も対象に、欧米への拡販も図る。

ヒント与え続けて人材育成 アルミニウム部品を精密加工する中田製作所(大阪府八尾市、中田寛社長)。... 同社は近年、精度が求められる産業用ロボット部品などの量産も始め...

中部の機械産業、EVシフトで技術深化 ビジネスチャンスに (2023/8/16 機械・ロボット・航空機)

工作機械、プレス機メーカーはEV部品をターゲットにした機種開発を加速。EV部品を見据えた自動化提案のほか、EV化で生き残りを図る中小の車部品加工メーカーに向けたツール開発、修理サービスの提供も始まった...

第53回機械工業デザイン賞IDEA、栄誉に輝く18製品 (2023/7/20 機械工業デザイン賞)

牧野フライス製作所 5軸制御横形マシニングセンタ a900Z 部品形状の複雑化や多種多様な部品加工に対応し、高速動作と高い切削能力を持つ。... ...

電気自動車(EV)シフトが進む自動車業界ではアルミニウム部品の加工需要などが増加する一方、製品サイクルの短期化で多品種少量生産ニーズの拡大が見込まれる。複数の加工工程に対応し、EV部品...

横型MC導入、人材育成にも一役 ミズノマシナリー(富山市、水野文政社長)は、半導体製造装置向けアルミニウム部品の加工を主力とする。... 小物部品の加工向けだ。......

導入したシステムは、客先からの受注データの入力に始まって、部品表(BOM)に基づいて使う部品を割り出し、部品在庫と照合。必要な部品の外注先への発注と入荷の管理、社内の生産部門への生産指...

だがコロナ禍の影響もあり、半導体をはじめとする部品価格高騰というしっぺ返しにあった。... (横浜市港北区) ミズノマシナリー...

車体部品やバッテリーケースの成形を想定する。... テスラは約70点の部品で構成していた車体骨格部品をメガキャストにより1点に置き換え、コスト削減とともに車体剛性の向上につなげた。 ...

ブラザー工業、横型小型MC発売 広い加工空間を実現 (2023/4/5 機械・ロボット・航空機1)

電気自動車(EV)向けで多い大型のアルミニウム部品をはじめ、さまざまな加工ニーズに応える。... 大型の部品加工の場合は、加工部品が干渉しない位置に工具が移動することで、治具エリアを最...

円盤状のフィンと呼ばれるアルミニウム部品の積層作業を無人化した。

ヤマハ発動機は2日、2輪車用のアルミニウム部品の原材料として、二酸化炭素(CO2)排出量の少ない再生可能エネルギーを用いて製錬された「グリーンアルミ」の採用を始める...

今まで主に立型MCを使い、主力のアルミニウム部品の加工を行ってきたが、加工対象物(ワーク)に合わせて切粉の排出性能の高い横型を活用し、さらなる生産性の向上を図る。 ....

JIMTOF2022/活況、EV向け戦略機 素材の変化に強く (2022/11/10 機械・ロボット・航空機1)

高精度仕上げ・圧倒的な生産性 工作機械メーカー各社が電気自動車(EV)向け部品加工をターゲットにした製品開発を加速している。... ブラザー工業はEVで多用されるアル...

何より自分自身に問い続けたい」 《自動車向けの鋳鉄やアルミニウム部品を手がけ、材料から製品まで一貫製造が強み。だが、2030年に向け電気自動車(EV)対応を進める必要...

松浦機械、5軸MC高速早送り 入門機最大機種を刷新 (2022/6/29 機械・ロボット・航空機1)

傾斜・回転軸の早送り速度が上がり、加工時間は複雑なアルミニウム部品で従来比8%短縮する。

ブラザー、EV部品向け工作機械を発売 傾斜ロータリー搭載 (2022/5/10 機械・ロボット・航空機1)

EVに多く使用する大型のアルミニウム部品を加工しやすくするため、小さい本体サイズのまま、治具エリアが最大限に広くなるよう設計した傾斜ロータリーテーブルを標準搭載。... 収納可能な工具本数は最大28本...

車のフロア構造の主要部品を一つのアルミニウム部品として鋳造する「メガキャスティング」を導入。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン