34件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

逆風の火力、脱炭素急ぐ 三菱重工業が水素やアンモニアの利用拡大など脱炭素社会を見据えた成長戦略を始動した。... 「石炭火力への投資は見込めず、アンモニア混焼による排出低減...

石炭火力のCO2大幅削減に向け燃料アンモニアが大きなカギ。石炭のアンモニア転換は最初の大規模カーボンフリー火力導入となる。日本はアンモニア混焼・専焼発電で30年に300万トン、50年に3000万トン必...

さらに一般機械においても、アンモニア混焼や水素ガスタービンなどの脱炭素関連の研究開発が予定されている。

JERAの碧南火力発電所で、既存の商用石炭火力発電所におけるアンモニア混焼の実証事業が間もなく始まる。... 2024年度には同発電所4号機でバーナー48本、アンモニア20%による本格的な混焼実証へと...

アンモニア混焼火力で脱炭素提供 中外炉工業は強みの燃焼技術で脱炭素への貢献を目指している。2021年度から3カ年の事業期間で新エネルギー・産業技術総合開発機構(N...

カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)に伴い、新設需要が縮小する石炭火力発電設備について、泉沢清次社長は「アンモニア混焼のボイラの速やかな実用化を目指す」と述べた。

出光とIHI、徳山にアンモニア基地 混焼実証 (2021/6/28 建設・生活・環境・エネルギー)

同事業所の貯蔵施設や石油化学装置を生かしてアンモニア輸入基地とし、既設のナフサ分解炉などでアンモニア混焼実証を行う。... IHIは14年からアンモニア燃焼分野に乗り出し、石炭や天然ガスとアンモニアを...

その後、バイオマスやアンモニア混焼を経て水素タービンに置き換える。

JERA、蓄電池で再生エネ導入 利用サービス事業化 (2021/6/1 建設・生活・環境・エネルギー1)

この他、石炭火力発電でのアンモニア混焼の実用化や洋上風力発電などを着実に進める。

火力発電にアンモニア混焼 NEDO、Jパワーなど2件採択 (2021/5/25 建設・生活・環境・エネルギー)

既設の石炭火力発電設備にアンモニアバーナーを導入した混焼技術の開発と、アンモニアの安定調達の可能性を調査する。 助成事業はJERAとIHIの「100万キロワット級石炭火力におけるアン...

CO2排出削減に貢献する水素・アンモニア混焼技術の導入を急ぎたい。

アンモニアや水素の混焼、CO2回収・利用などは大きな課題。アンモニア混焼は30年までに形にしたい。

建築廃材を用いた石炭へのバイオマス混焼を21年度に拡大するほか、アンモニア混焼は30年までに実用化へこぎ着けたい構えだ。

◇  ◇ ―石炭火力では20年代後半からアンモニア混焼20%が具体化しそうです。 「JERAが碧南火力(愛知県、出力100万キロワット)でアンモニアを20%混焼する...

水素の“キャリア”として注目される燃料アンモニアの大量輸入を見込んでいる。 東京電力と中部電力が出資する発電会社、JERAは全国の高効率石炭火力で20%のアンモニア混焼を計画している...

石炭火力との混焼で二酸化炭素(CO2)を排出しない利点を生かし、50年に温室効果ガス排出量の実質ゼロとする政府目標実現へ拡充を図る。 ... 30年に石炭火力発電への20%アンモニア...

展望2021/商船三井社長・池田潤一郎氏 エネルギー転換に商機 (2021/1/22 建設・生活・環境・エネルギー)

石炭火力でバイオマスやアンモニア混焼が進めば、石炭に比べてエネルギー効率が悪いので物量は増えるだろう。

石炭発電をクリーンなアンモニア混焼で低炭素化し、さらにガス発電と併せてクリーン水素発電に切り替えれば、既存の発電施設を徐々に償却しつつ脱炭素を実現できる。

にっぽん再構築/エネ各社、技術革新に挑む (2021/1/1 建設・生活・環境・エネルギー1)

一つが石炭火力のアンモニア混焼だ。... 石炭火力へのアンモニア混焼率を高めるほど、CO2排出が減ることになる。 ... さらに火力発電の水素混焼、アンモニア混焼により高効率化を図り...

検証2020/「脱炭素」の大波 エネ業界に対応迫る (2020/12/11 建設・生活・環境・エネルギー)

再生エネの導入拡大と、火力発電のアンモニア混焼、水素混焼を進め、50年までにCO2排出ゼロを目指す。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる