37件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

その中心的な推進主体の一つで、日本の産業界や大学などとも関係が深い公的研究機関としてフラウンホーファー研究機構がある。... 筆者が昨冬訪れた生産技術研究所(IPT)は同機構に属する研究所の一つで、ア...

欧州化学産業 変革の今(6)プラ処理の現状 (2019/10/30 素材・医療・ヘルスケア)

欧州では化学会社とリサイクル会社の提携も活発で、三井化学もアーヘン工科大学やゴミ収集業者などと連携し、混合廃プラを使ったプラ容器を開発し、展示した。

三菱重工工作機械、欧州工作機械見本市に出展 (2019/9/16 機械・ロボット・航空機1)

独アーヘン工科大学と連携している歯車加工技術を前面に打ち出す。

当州には世界的に知られるフラウンホーファー研究所やアーヘン工科大学があり、すでにドイツの中でI4・0の中心地となっている。

「いろんな異なる小さなプレーヤーと組むことで、イノベーションを生み出していける」と話すのは、今月初旬に都内で行われたドイツのノルトライン・ヴェストファーレン州主催のセミナーで講演したドイツのアーヘン工...

EVに関する要素技術を高めるために、アーヘン工科大学など産学間の連携も活発化している」 「また、スタートアップ企業の勢いが目立つ。

生産子会社は、独ノルトライン・ヴェストファーレン州の工業技術をリードするアーヘン工科大学発のストリート・スクーターだ。

ドイツで産業施策「インダストリー4・0」関連の研究に携わるサビーナ・イェシュケ独アーヘン工科大学教授は「わが国の自動車工場を見ると、毎日数千台を生産しているのに、全く同じ仕様の車は1週間に数台程度しか...

そこで韓国産業技術研究院(KITECH)とドイツのアーヘン工科大学繊維技術研究所(ITA)による2カ国間研究機関「Dream2Lab2Fab」研究所を設立することになったのだ。... (取材協力・NR...

【商品化目指す】 このようなスマートテキスタイルの試作モデルから市場に出す製品の研究開発をしているのが、トーマス・グリース教授率いるドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン(NRW)...

(取材協力・NRWジャパン、木曜日に掲載、次回はアーヘン工科大学繊維技術研究所長・ディレクター教授トーマス・グリース氏) ◇ティッセンクルップAG CTO・IDS...

【商用化重視】 アーヘン工科大学繊維技術研究所(ITA)が重視しているのは、研究成果とその実践を企業に転換すること。2017年3月、アーヘンにインダストリー4・0に重点を置く新しいラ...

この発展に決定的な役割を果たしているのがアーヘン工科大学、とりわけトーマス・グリース教授率いる繊維技術研究所(ITA)の研究だ。 ... (取材協力・NRWジャパン、木曜日に掲載)&...

(取材協力・NRWジャパン、次回はアーヘン工科大学繊維技術研究所ディレクター イヴ=シモン・グロイ氏。

NRW州ではこの事業を「NRWデジタル」と名付け、同州西部のアーヘンのほか、東部のパーダーボルン、中部のドルトムントで事業を展開している。 ... ここの活性化センターは地元の総合大...

この大聖堂で多くの神聖ローマ帝国皇帝の戴冠式の行われた町として西洋史に知られているが、現在は、ドイツの工科大学の最高峰に連なるアーヘン工科大学の所在地として有名である。 ... 工作...

NECなど、独工科大にスパコン納入 応用科学分野で活用 (2017/3/20 電機・電子部品・情報・通信1)

NECとNECドイツは独アーヘン工科大学に対し、汎用プロセッサーを用いて価格を抑えたスカラー型スーパーコンピューター「LXシリーズ」を納入した。... また演算能力を効率的に利用することで、大学の研究...

【人工知能手助け】 NRW州のアーヘン工科大学機械工学科のサイバネティック・クラスターは「人工知能の革命」を手助けする研究を行っている。... 【独アーヘン工科大教授 サビーナ・イェ...

曲がり穴加工研究に脚光  16年4月に東京大学で開かれたISEM18(電気加工に関する国際会議、実行委員長=国枝正典東京大学教授)には国内外から246人が参加者し...

独でも技術連携注目 【インタビュー/アーヘン工科大教授・サビーナ・イェシュケ氏「AIで新タイプのFA実現」】 ドイツでもロボットとAIの連携が注目されている。アーヘ...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる