電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

126件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

JAXAの探査機「はやぶさ」は10年、小惑星「イトカワ」から採取した試料を持ち帰ることに成功。

組成や大きさが初代「はやぶさ」が探査した小惑星「イトカワ」に似ていることが分かった。

キャンパスの一角に、地球外試料の受け入れ施設を建設する議論が始まったのは、初代の小惑星探査機『はやぶさ』がイトカワにタッチダウンした直後のことだ。

初代「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」から採取して持ち帰った試料を日本国内の拠点間で輸送する容器を作れないかと。

これらは月や小惑星「イトカワ」には見られなかった成果で、宇宙風化によって大気のない天体はそれぞれの個性の違いによって異なる“日焼け”をすることが分かった。

素粒子で大気触れず分析 小惑星探査機「はやぶさ」が60億キロメートルの旅を終え、小惑星「イトカワ」から帰還したのは2010年6月。

小惑星「イトカワ」の模型をさまざまな角度から写真撮影する際、太陽光がどのように当たるかを調べるために納入した。

同社は初代「はやぶさ」プロジェクトに参加しており、小惑星「イトカワ」で採取した試料が入ったカプセルの開封作業に携わった。

初代「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」で採取した試料の分析装置を担当し、クリーンルーム外で使う赤外分光光度計を納めた。

初代「はやぶさ」では小惑星「イトカワ」の地表の試料だけが対象だったが、はやぶさ2では小惑星の地表と地中の2種類の試料を採取することを目指した。

また同機の目的地である小惑星「イトカワ」へのタッチダウン(着陸)で直接小惑星の表面と触れて試料を採取する「サンプラーホーン」を伸ばすためのスプリングの製造を担当した。 ...

初代「はやぶさ」が採取した小惑星「イトカワ」の試料分析時にも同システムを納品した。... イトカワの試料分析では、同システムを真空チャンバーの中に入れて試料を観察・撮影した。

同機が小惑星「イトカワ」の着陸で機体が傾き、“尻もち”を付くなどのトラブルを身をもって経験した。

初代はやぶさは、目標である小惑星「イトカワ」に着陸した際に、機体が傾いて“尻もち”をつき、それが地球帰還の遅れにもつながった。

初代「はやぶさ」が採取した小惑星「イトカワ」の試料よりも多くの量の石を回収できた。

産業春秋/はやぶさ2の若手人材 (2020/7/24 総合1)

2010年に小惑星「イトカワ」の試料を地球に持ち帰った「はやぶさ」に比べ、はやぶさ2の運用は順調に見える。

高校生に「はやぶさ」話 佐藤精機が工場見学会 (2020/1/7 中小企業・地域経済1)

佐藤精機は小惑星イトカワから持ち帰った試料を各地の研究機関に運ぶ装置を開発。

初代はやぶさは、小惑星「イトカワ」に対して2回の着陸を試みたが2回目に機体が燃料漏れを起こすなどの深刻なトラブルが発生した。

産業博物館を訪ねる/IHI i―muse(東京都江東区) (2019/7/26 ウイークエンド)

また、国産初の航空ターボエンジン「FJR710」、「V2500」エンジン、小惑星イトカワの探査で名をはせた「はやぶさ」の回収カプセル、液体水素ロケット「H―1」開発模型などは、同社が国のモノづくりの最...

(冨井哲雄) 日本、10年にイトカワから サンプルリターンの歴史は1969年にさかのぼる。... 日本では小惑星探査機「はやぶさ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン