43件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

「ヘルスケア事業と高機能材料事業の成長を加速する。... 「新たな枠組みで、ドキュメント事業のグローバル展開をどのように進めるかが課題。... 飛び地に行くことはしないが、外から技術を得ることで相乗効...

4―9月期はヘルスケア&マテリアルズ事業が減収営業増益。... ドキュメント事業は減収営業減益。... イメージング事業は外出規制などが響き減収、営業損益は21億円の赤字。

新役員/大日本印刷 執行役員・村上和郎氏ほか (2020/8/25 電機・電子部品・情報・通信2)

執行役員イメージングコミュニケーション事業部長 村上和郎氏 【横顔】海外におけるイメージング事業に長く携わる。... 06年建材事業部建材第1営業本部長、09年住空間マテリアル事業部...

アスカネット、神奈川に技術開発センター開設 3Dプレート量産化 (2020/6/25 建設・生活・環境・エネルギー2)

【広島】アスカネットは近く、エアリアルイメージング事業部の技術開発センターを神奈川県相模原市に開設する。

次回以降のレイアウト作成に反映され、回数を重ねると精度が上がるため「次も作る意欲につながる」(イメージング事業部マーケティンググループ森山由美氏)。

2製品は「新たなデジタル化へ1歩踏み出した製品」(イメージング事業部長の宮崎剛執行役員)との位置付けだ。... 第5世代通信(5G)の普及も見据えると「スマホとの接続性が高まることで、カメラの楽しみ方...

富士フイルム、スマホ5台の画像1枚に 「チェキ」プリンター (2019/10/3 電機・電子部品・情報・通信1)

同日都内で会見したイメージング事業部長の宮崎剛執行役員は「機能面は楽しむ行為に特化した」と述べた。

飯田年久光学・電子映像事業部長に聞いた。 ... 現在のイメージング事業の売り上げ構成比は全体の16%程度。19年4―6月期の同事業は減収営業減益だったが、GFX100やインスタント...

目指す姿は、イメージング事業を支えるプラットホーム(基盤)だ。 ... 将来的には既存サービスの顧客基盤の統一も見据えており、イメージング事業部プリントマーケティンググループの松崎将...

経営ひと言/富士フイルム・宮崎剛執行役員「味のある写真」 (2019/7/17 電機・電子部品・情報・通信2)

「こだわりや味のある写真がたくさん集まる」とほほ笑むのは、富士フイルム執行役員イメージング事業部長の宮崎剛さん。... 「偶然」とはいえ、カメラ・写真事業を率いる身として、いいかげんなものは出せない。

富士フイルム、5万人の写真展開催 全応募作品を展示 (2019/7/12 電機・電子部品・情報・通信1)

11日に都内で会見した同社の宮崎剛執行役員イメージング事業部長は「イノベーティブな製品を提案する。

実現するための重点戦略として、王子グループとのアライアンス拡大による強固な経営基盤の確立や、既存事業の再構築を進める。また、脱プラスチック事業やイメージング事業、機能材事業などを新たな収益の柱に育成し...

売上高は低採算事業の縮小が響き、減収。... 助野健児社長は「低採算事業を意図的に減らす戦略に伴う減少」と説明した。写真などのイメージング事業はインスタントカメラ「チェキ」の好調、ヘルスケア&マテリア...

欧米・新興国での販売が好調なインスタントカメラやミラーレスカメラを含むイメージング事業は、同7・1%増の600億円と予測する。 一方、富士ゼロックスの複写機を扱うドキュメント事業は構...

医療機器や機能材料のインフォメーション事業の営業利益は同9・8%増の612億円、ミラーレスカメラやインスタントカメラを含むイメージング事業は同76・1%増の500億円だった。一方、富士ゼロックスの複写...

またヘルスケア事業の営業損益も8億円の赤字となり、赤字幅を縮小した。 医療機器や機能材料を手がけるインフォメーション事業の営業利益は同25・8%増の189億円、ミラーレスカメラやイン...

さあ出番/ノーリツプレシジョン社長・星野達也氏 (2017/6/19 機械・ロボット・航空機2)

写真処理機器を手がける主力のイメージング事業は「写真を楽しむ文化を醸成する」仕掛けを構想。... 医療機器事業は第2の柱に育てるため、大手医療機器メーカーのODM(相手先ブランドでの設計・生産)を増や...

富士フイルム、「チェキ」シリーズに新商品−写真画質を大幅向上 (2017/4/20 電機・電子部品・情報・通信1)

武冨博信イメージング事業部長は同日、都内で会見し「(チェキシリーズは)2017年度に750万台の販売を目指す。

ミラーレス一眼カメラの販売増も寄与し、イメージング事業の営業利益は同5・9%増の281億円だった。 一方、液晶ディスプレー材料や体外診断(IVD)システムがけん引したインフォメーショ...

2012年、ソニーのデジタルカメラ事業は、それまでの拡大路線から利益重視に転換した。... 次の焦点は業務用機器事業。... 「デジカメ事業ではなく『イメージング事業』と呼んでほしい」。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる