48件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

JAXA宇宙科学研究所の岡田達明准教授は「リュウグウの表面は、フリーズドライのインスタントコーヒーの粒のようにもろい構造になっている」と説明する。

この点で、これまで特別なモノと思われていた(天然ガスの調達から貯蔵、再ガス化、発電までをパッケージで提供する)ガス・トゥ・パワーを真剣に検討いただけるようになった」 ―ベトナムではイ...

王子HD、ネスレに紙製包装用資材を供給 (2019/9/23 素材・医療・ヘルスケア)

プラスチック容器・包装材の廃棄による環境汚染への対策として、インスタントコーヒーの包装材が、プラスチック製から紙製に切り替わった。

丸紅は、ベトナムでインスタントコーヒーの製造販売事業を始める。... インスタントコーヒーの主原料として用いるロブスタ種では世界最大の生産国という。 丸紅はブラジルで全額出資のイグア...

牛乳を噴霧すれば粉ミルク、コーヒーはインスタントコーヒーに、さまざまな液体を粉にできる。

2017年コーヒー豆加工品輸出額は、4億6940万ドルだった。... インスタントコーヒーやコーヒーエッセンスなどコーヒー加工品の輸出が増えている。... 17年の生産量は63万9000トンで世界の生...

インドネシア・コーヒー輸出業者協会によると、コーヒーの年間生産量約60万トンのうち40万トンを日米など125カ国に輸出しているという。要因の一つがコーヒーの1人当たりの消費量の低さ。... 国内インス...

味の素の4―9月期、増収増益−円安で海外好調 (2017/11/8 建設・エネルギー・生活1)

コーヒーはスティックタイプは堅調だったが、家庭用インスタントコーヒーは競争激化が響き減収となった。

3社が手がける食品はソースやスパイス、インスタントコーヒーが中心で、飲料との相乗効果が得られにくいと判断し売却を決めた。... 3社の売却で、セレボスには業務用コーヒー豆事業だけが残る。「こちらは飲料...

経営士の提言/日本マーケティング大賞に学ぶ (2017/8/24 モノづくり基盤・成長企業)

これによりインスタントコーヒーにおけるオフィス市場の創出に成功した。 単なるインスタントコーヒーの販売でなく、アンバサダーという顧客を介しながら顧客を拡大するという販促展開を実施した...

世界最大のインスタントコーヒー生産国であるブラジルで干ばつが深刻化し、インスタントコーヒーに利用されるロブスタ種生豆が不足している。... ブラジルのインスタントコーヒー業界団体、ABICSによれば、...

<コーヒー生産量は年平均14%の伸び>  ミャンマーはコーヒーベルト(赤道を中心として北緯25度・南緯25度の間のコーヒーの生産に適した地帯)に位置しており、同国北部のピンウールウィ...

日本インスタントコーヒー協会は27日、インスタントコーヒーのあるシーンを題材にした写真コンテスト「My Favorite Coffee Timeフォトコンテスト2015」の表彰式を東京都港区の明治記念...

日本で販売を開始したハラル認証の商品はカップ麺やインスタントコーヒー、調味料や飲料など147品目。

まずはカップ麺とインスタントコーヒーの販売から始めたが、今後は日用品や家電なども販売する方針だ。

木村君は家からずっと作業着だったことや3人でインスタントコーヒーを飲み、カップラーメンを食べて頑張ったことが今でも目に浮かぶ。

CDSGの食品部門は国内トップシェアを誇る小麦粉やインスタントコーヒーメーカーの製造・販売のほか、現地の食品販売の主流である個人商店を卸先として多く抱えるなど、商品の配荷力も大きな魅力だ。 &...

ルビアとして今後3年間で250億円を投資し、製粉やコーヒー製造の既存事業の拡大に取り組むほか、パン・麺製造や低温物流などの新規事業の創出も検討する。... ルビアはCDSGの中核企業で、小麦粉やインス...

13年度はコンビニエンスストアのセブン―イレブン向けコーヒーの伸長などが寄与し、業績を大幅に伸ばした。... 会見では製品の名称を巡ってコーヒー大手のネスレ日本が日本インスタントコーヒー協会などを脱会...

■ □ サンプリングのクチコミ促進効果を検証する1970年代の研究では、インスタントコーヒーのサンプルを受け取った168人のうち、何らかの情報発信をしたのは約3割であった。

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる