404件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

10月5日、インドネシア国会で「雇用創出に関するオムニバス法」が可決・成立した。... インドネシア政府は、同法の成立でビジネス環境が大幅に改善され、外資企業の進出や雇用創出、安定成長をもたらすと主張...

「日本企業はすでにインドネシアに自動車産業面での実績がある。... インドネシア政府は8月にEV促進の政令を公布。... インドネシアはEV用電池の重要素材であるニッケルの鉱石産出国。

インドネシア政府が不正輸出調査のため10月下旬からニッケル鉱石の輸出を停止していたが、11月に入り輸出を再開したことで供給懸念が後退して軟化している。... 足元では輸出再開に加え、最大供給先である中...

2020年1月から予定されていたインドネシアの低品位鉱石の輸出禁止措置が即時発動されるとの報道などを受けて、供給不安が高まっている。... ロイター通信は28日、インドネシア政府高官の発言として、ニッ...

三菱自動車はインドネシア政府や九電工と共同でインドネシア・スンバ島で実施するエネルギー管理の実証実験に参画する。... 三菱自は2018年2月に電気自動車(EV)「アイミーブ」やプラグインハイブリッド...

インドネシア政府が低品位鉱石の禁輸を発表した9月初旬に同1万8000ドル台をつけた後は上昇が一服しているが、禁輸観測が高まる直前の6月に比べると約5割高い。 インドネシアは、精錬業の...

【北京=ロイター時事】中国税関総署がまとめた貿易統計によると、8月のインドネシアからのニッケルの輸入量は前年同月比26・5%増の161万トンとなった。インドネシア政府が2020年からニッケル鉱石の輸出...

インドネシアがアルミ原料のボーキサイトの輸出を禁止するとの観測が価格を押し上げていたが、禁輸に向けた具体的な動きがなく足元では供給懸念がいったん後退している。 ... インドネシア政...

インドネシアが2020年1月からのニッケル鉱石の輸出禁止を発表したことで、アルミの原料となるボーキサイトの禁輸観測も高まっている。... インドネシア政府は、精錬業の強化のため14年からニッケル鉱石や...

インドネシア政府が2日、ニッケル精錬の強化のため鉱石の輸出を2020年1月から禁止すると正式発表したことで、禁輸観測に伴い加速していた資金流入が鈍化している。... インドネシアはニッケル鉱石の生産量...

石油元売りなど、海外で資源開発結実 エネルギー多様・安定化 (2019/9/5 建設・生活・環境・エネルギー1)

国際石油開発帝石がインドネシア政府とLNG大型計画で正式合意するなど、各社肝いりの案件が前進している。... 国際帝石が操業主体(オペレーター)として、2020年代後半にインドネシア東部で生産を始める...

【ジャカルタ=ロイター時事】インドネシアは2日、ニッケル鉱石の輸出停止について、当初より2年前倒し、2020年1月1日から実施すると発表した。... インドネシアは、世界最大のニッケル鉱石生産国。.....

インドネシアは、ニッケル鉱石の生産量で世界シェアの約26%を占める。... また、インドネシアでは近年、中国や日本の企業によるニッケル鉱石の加工プロジェクトが複数計画されている。... 近く輸出規制の...

ニッケル地金相場は、7月上旬のインドネシア議会で政府高官が22年からの鉱石禁輸再開を示唆したことを受けて、騰勢を強めていた。... ただインドネシア政府から正式見解が示されていないこともあって、値動き...

7月10日、インドネシアが22年からニッケル鉱石を含む原鉱石の輸出を再禁止するとの報道があった。... 公式には、インドネシア政府はそのような前倒し措置についてはあいまいにしている。 ...

 インドネシアは電気自動車(EV)メーカーとドライバーを対象とする一連のインセンティブ導入を計画していることが、ブルームバーグが閲覧した政府戦略の草案で明らかになった。... インドネシアにおけるバッ...

【ジャカルタ=ロイター時事】国際石油開発帝石の上田隆之社長は、インドネシアのマセラ天然ガス事業(事業費約200億ドル)について、来年基本設計(FEED)を開始することを明らかにした。... 国際帝石は...

【ジャカルタ=ロイター時事】トヨタ自動車がインドネシアで電気自動車(EV)開発を進めるため、今後4年間で20億ドル(約2100億円)を投資すると、同国の海事調整省が明らかにした。... インドネシアの...

インドネシア政府は、最低でも同鉱区生産分の50%を確保する見通し。... インドネシアのジョナン・エネルギー・鉱物資源相は、自身のインスタグラムに「交渉は18年間続けられてきた。 投...

コマツ、インドネシアで農業支援 ブルドーザーで稲作改革 (2019/5/20 機械・ロボット・航空機2)

コマツはインドネシアで農業支援を始める。... インドネシア政府や現地教育機関と連携して進める。... 現在、インドネシア政府や同国の大学と連携し、実証を開始している。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる