225件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

個別化医療・個別化予防につながる日本発の質の高いエビデンス(証拠)の創出が期待される。

昨今、エビデンス・ベースの政策形成の重要性が指摘され、数値目標や達成度評価が流行だ。今後は、人々の望む価値の創出に向けて「エビデンス」の意味を吟味することや、種々の施策を連動させ、効果を見ながら柔軟に...

クボタ、上下水保守にHMD 熟練者が遠隔支援 (2021/5/11 機械・ロボット・航空機1)

検査結果のエビデンス(証拠)は動画や画像による保存も可能となる。

研究を率いた九大基幹教育院の岡本剛准教授は「風がないほうが快適だと経験的に知られていたが、脳科学的に有意な差としてエビデンスをまとめた」と説明している。

清水社長は「長田区での事業モデルによって確かなエビデンスができた。

エビデンスのある算定法を全国165拠点で活用する。

政府が求める「エビデンス(証拠)に基づく政策立案」(EBPM)で、活用しやすい形を整える。

第1次提言では日本人のエビデンス(証拠)が不足しているため、欧米人からのエビデンスを多く採用した。

大学改革では近年、情報を分析してエビデンス(証拠)に基づく改革を進める業務「インスティテューショナル・リサーチ」(IR)が注目されている。

それを探る最も重要なアプローチは、まずあらゆる現象をなるべくエビデンスに基づき可視化、プロファイル化することである。

エビデンスに基づいたアドバイスが市場のニーズを捉えれば、シェア拡大も狙える。

「エビデンス(証拠)に基づく政策立案」を体現するものとして注目したい。

■研究機関の経営分析にも一役 内閣府の総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)が「エビデンス(証拠)に基づく政策立案」(EBPM)のために整備したシステム「e―CSTI」が存在感...

古賀信行審議員会議長は同日、記者団の取材に応じ「(感染拡大から時間がたち)エビデンス(証拠)に基づいて変えるのが合理的だ」とした。

文教・科学技術分野の課題として、建議は予算の「量」の多寡ではなく「質」の向上とエビデンス(根拠)に基づく政策立案を指摘。

政策立案のエビデンス(根拠)を導く「e―CSTI」のビッグデータ(大量データ)解析で分かった。

キーワード/e−CSTI (2020/11/5 大学・産学連携)

政府の投入資金と成果の関連など分析し、数字でエビデンスを示すことで、次の実効的な施策立案に結びつけるのが狙いだ。

「金芽米」継続摂取で肌質測定 東洋ライス、サンプル1000人収集 (2020/10/27 建設・生活・環境・エネルギー1)

東洋ライスでは金芽米の健康効果を把握し、エビデンスの確立を目指す。

リケジョneo(121)三井物産・岡島文子さん (2020/10/26 ひと カイシャ 交差点)

日本での同社サービスの実用化に取り組んでおり、エビデンス(証拠)に基づいた検査と個別化ソリューションを組み合わせた未病対策プラットフォームの構築を目指しています。... 未病対策事業における技術の理解...

さらにエビデンス収集を進めて生活習慣の改善をサポートするツールとして機能強化する方針。 ... 合わせてアプリによる詳細な実証実験にも取り組み、エビデンス収集を進める。 &#...

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる