104件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

個性発信・話題の商品/東レ 感染対策衣 (2020/6/8 新製品フラッシュ2)

2017年にはエボラ出血熱の集団感染が発生した経験を持つギニア共和国に、1万着を寄贈した。

【京都】島津製作所は新型コロナウイルスの治療薬候補レムデシビル(エボラ出血熱の治療薬)など6種類の薬剤向けで、治療効果などを調べる時に使う安定同位体試薬(写真)を開発した。

レムデシビルは、エボラ出血熱の治療を目的に米ギリアド・サイエンシズが開発。

エイズ、エボラ出血熱やSARSといった感染症も経験したが、フランス・マクロン大統領が「この100年で最大の保健衛生上の危機」と呼んだように、この規模の流行は、経済も人の移動もグローバル化した世界で初め...

WHO加盟国はPHEICを構成すると判断された場合には24時間以内に通告する義務を負っていて、これまでに2009年の豚インフルエンザや14年のエボラ出血熱などがPHEICと認定されており、COVID―...

国立国際医療研究センターは新型コロナウイルスによる肺炎患者を対象に、エボラ出血熱の治療薬として開発中の「レムデシビル」を用いる国際的な医師主導臨床試験(治験)に参加し、今月にも投与を始める。 ...

各国の医療機関が参加する形で、エイズやインフルエンザ、エボラ出血熱などの治療薬が患者に試験的に投与されており、早い製品では4月にも結果が出る見込みだ。

かねてエボラ出血熱の治療を目的に開発してきたが、2月下旬にCOVID―19を対象とする二つの第3相臨床試験を実施すると発表した。

レムデシビルは米製薬会社ギリアド・サイエンシズが開発し、エボラ出血熱患者への投与では安全性やある程度の治療効果が示されている。

CEPIはエボラ出血熱に対処するために2017年に世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で発足した。

例えば野菜や肉の鮮度を長期間保持する商材のほか、鳥インフルエンザやエボラ出血熱などのウイルスの分解が可能な医療機器も構想する。

その高博士との懇談の中で出された、エボラ出血熱に関わるエピソードを紹介したい。 エボラ出血熱はアフリカ大陸を中心に発生しており、患者の血液や分泌物などから感染する。... アフリカ諸...

アフリカなど急性熱性疾患「エボラ出血熱」の流行地域での利用や、流行地域に行く医療従事者への使用を想定している。 エボラウイルスの感染によって引き起こされるエボラ出血熱は、突然の発熱と...

【ベルリン=時事】世界保健機関(WHO)は17日、アフリカ中部のコンゴ(旧ザイール)で流行しているエボラ出血熱について、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に当たると宣言した...

厚生労働省は、国立感染症研究所が輸入する病原体として、エボラ出血熱など5種類のウイルスを根本匠厚労相が感染症法に基づき指定した。... 輸入対象はエボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、南米出血熱、マー...

キヤノンメディカルシステムズ(栃木県大田原市、滝口登志夫社長、0287・26・6211)は、常温での輸送や保管が可能なエボラ出血熱ウイルス検出試薬を長崎大学と共同開発した。

厚生労働省と国立感染症研究所が、致死率の高いエボラ出血熱などを引き起こすウイルスを今夏にも初めて輸入し、感染研村山庁舎(東京都武蔵村山市)の「BSL4」施設で保管する可能性があることが8日、分かった。...

ムエンベタムフム氏は、エボラ出血熱の拡大を防ぐ遺体埋葬法を広めるなど感染症対策に取り組んだ。

同国では2014年のエボラ出血熱の流行やエイズ、マラリアなど感染症による死亡例が多い。

エボラ出血熱が18年2回流行。

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる