141件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

事業承継ストーリー(54)天年堂 教諭経験生かし意思疎通改善 (2020/3/17 中小・ベンチャー・中小政策)

13代目の稲生宗司氏はオマーン産乳香や地元産バニラビーンズが原料のお香などオリジナル製品も手がけ、全国を飛び回っていた。

17年に豪オスモフローを傘下にしオマーンで中規模施設は手がけているが現状、大規模なRO膜施設は入札条件に合わない。

サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーンに、中東の緊張緩和に向けた連携強化を働きかけ、海上自衛隊の中東派遣への理解を求める考えだ。

THIS WEEK (2019/12/23 総合2)

23日(月)先勝 ■政治・経済 ▽安倍首相が訪中(25日まで)、習中国国家主席と会談(北京) ▽10月の景気動向指数改定値(内閣府) ▽10月の全産業活動指数(経産省)...

エンジニアリング専業3社の4―9月期、受注高が大幅減 (2019/11/14 機械・ロボット・航空機1)

日揮HDはオマーンで船舶向け燃料用液化天然ガス(LNG)プラントの基本設計業務などを受注した。

パイオニアはオマーンのライスート・セメント(RCC)の子会社。

住商、オマーン留学生を奨学金で支援 (2019/9/11 国際・商社)

住友商事と中東住友商事(アラブ首長国連邦)は、住友商事マスカット事務所(オマーン)を通じ、日本の大学院に留学するオマーン人学生を支援する「住友商事オマーン留学生奨学金」プログラムを始めた。... 奨学...

日揮、オマーンでLNG設備受注 (2019/7/18 機械・ロボット・航空機1)

日揮はオマーンで船舶向け燃料用液化天然ガス(LNG)プラントの基本設計業務を受注したと17日発表した。... オマーンの首都マスカットの西約200キロメートルにある工業地帯内に建設する。

情報が非公開のため、匿名を条件に語った関係者によると、ソフトバンクGはゴールドマンに加え、英セントリカスや米キャンター・フィッツジェラルドを起用し、シンガポール、サウジアラビア、カザフスタン、オマーン...

またソフトバンクは、オマーン政府から同ファンドへの数十億ドルの出資を得るための交渉も開始しているという。

東京地検特捜部は22日、オマーンの販売代理店に支払った日産自動車の資金の一部を自らに還流させ約5億5500万円の損害を与えたとして、日産前会長のカルロス・ゴーン容疑者を会社法違反(...

日産の資金を中東オマーンに不正送金し、同社に損害を与えた疑い。... 今回の逮捕は、ゴーン被告が2015年から18年にわたり日産子会社「中東日産」(アラブ首長国連邦)に指示し、オマーンの販売代理店に計...

丸紅、オマーンで太陽光発電 現地社と売電契約 (2019/2/6 建設・エネルギー・生活2)

丸紅は5日、オマーンのアミン太陽光発電プロジェクトに関わる売電契約を、オマーン石油開発会社と結んだと発表した。同プロジェクトはオマーン初の大型太陽光発電事業。... 同プラントで得られた電力を、オマー...

「2018年10月、イスラエルのネタニヤフ首相がオマーンを訪問した。... オマーンはイスラム教イバード派。... 実は、イスラエル首相が訪問した翌月、英国はオマーンに2019年、オマーン英国共同軍事...

気になる航空券の価格は、ドバイからオマーン往復が日本円で5000円前後、インドのゴア往復が1万円前後、バグダッド往復が2万円前後、イスタンブール往復が2万5000円前後、カザフスタンのアルマトイ往復が...

中東・オマーンの経済は岐路に立っている。... 長期的には、外洋に接するオマーンの港湾を軸にアラビア半島産の天然資源が陸上輸送を経て域外に輸出されたり、各国から湾岸諸国に輸入される物資の一大中継拠点と...

四国電は25年度までに同じく150万キロワットを目指しておりカタール、オマーン2カ所での天然ガス火力、チリの太陽光に続く5件目の海外発電事業で、合計の持ち分出力37万7000キロワットになる。 ...

元売り各社は、代替措置としてサウジアラビアやオマーン産の原油調達を増やす可能性を探っているが、ガソリン、灯油など石油製品の需給や価格に影響が及ぶ可能性もある。  

12人家族のオマーン人がまず入った店は電気照明店。... 「お客は地元のUAE人、サウジアラビア人、オマーン人、アフリカ大陸からはウガンダ人、ケニア人、カメルーン人らがいる。... 魅力的だと言われて...

住商、英BPと契約 オマーン向け油井管供給 (2018/7/31 建設・エネルギー・生活1)

住友商事は30日、英BPと、オマーン向けの油井管の供給サービスに関する4年間の長期契約を結んだと発表した。BPグループが同国北西部で開発するカザンタイトガス田向けの油井管の納入先を、従来のオマーン北東...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる