10件中、1ページ目 1〜10件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

ひとつは国家資格の更新時講習のオンライン化の実態調査。中小企業診断士や各種の技術管理士など更新時講習の義務がある98資格のうち、91資格について所管省庁は「オンライン講習等が可能」としている。... ...

米国とのオンライン講習は今後も続ける構え。

経済産業省・中小企業庁と公正取引委員会は、下請け取引適正化をテーマとするオンライン講習会を始める。... ライブ配信では、下請代金支払遅延等防止法(下請法)講習会の実践編として、事例をもとに弁護士ら専...

横顔/日本歯車工業会会長に就任した植田昌克氏 (2020/8/25 機械・ロボット・航空機1)

新型コロナで2020年度は中断となったが、今後はオンライン講習の早期立ち上げを目指す。

2020年度は新たにオンライン講習会の導入やスパコンを使った実習室を従来比1・5倍に拡張し、対応する。 ... また全国の受講希望者や「3密」リスクを回避したい受講者、難度など講習会...

奈良県産業振興総合センターは24日14時から、新型コロナウイルス感染拡大防止のためオンラインで、セミナー「ならAIラボの活用例の紹介」を開く。

テラドローン(東京都渋谷区、徳重徹社長、03・6419・7193)は、飛行ロボット(ドローン)によるレーザー測量システム「テラライダー」のオンライン講習会を開く。... 現場に出られない技術者もオンラ...

情報処理安全確保支援士は更新制であり、資格取得後も毎年のオンライン講習や、3年ごとに1回の集合講習が必要。IPAは試験機関としての役割に加え、講習も行う。

情報セキュリティーに関する最新動向を継続的に学び、資格取得後も毎年のオンライン講習や20―30人規模の集合演習を義務付けている。 講習や演習の受講費は3年間で15万円程度。

合格後、2年に1回の講習受講を義務づけ、最新の知識を身につけるよう求める。... 合格後も2年に1回のオンライン講習受講を義務づける。... ただし同方法による保有者についても、2年に1回のオンライン...

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる