113件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

広島県はカーボンリサイクル関連技術の研究・実証支援事業の公募を始めた。

SECカーボンはCO2からリチウムイオン電池の材料をつくる技術を確立した。... SECカーボンは新たなカーボンリサイクルを自社の京都工場で始める計画だ。... 老舗企業のカーボンリサイクル技術が、日...

同事業は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「カーボンリサイクル実現を加速するバイオ由来製品生産技術の開発」の一環。

投入こそ23年度になるが、“カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)スチール”販売を国内で初めて表明したのが日本製鉄。... 「カーボンリサイクル高炉」などの開発に注力する中...

都が描く事業には、浮体式太陽光発電や海洋植物を利用したカーボンリサイクルなど、臨海部だからこそ実装可能な有望技術が少なくない。

「当社は研究開発でデジタル変革(DX)の推進、地政学的リスクも踏まえた資源リサイクル関連とともに、原料調達から顧客に至る全バリューチェーンの脱炭素に取り組む。... (高炉排ガ...

加えて、固体化した炭素を、黒鉛や補強材などとして使うカーボンブラックなどカーボン製品に加工する技術開発も進める。... 開発中の同技術は「(CO2と水素からメタンを合成するメタネーションなど&...

関電など、CO2固定化技術開発へ 植物プランクトン利用 (2022/4/13 建設・生活・環境・エネルギー)

植物プランクトンを利用して化粧品や薬の候補物質などの化学品を生産し、余った物質をバイオプラスチックの原料に利用するなどカーボンリサイクル技術の確立を目指す。50年のカーボンニュートラル(温室効...

賛同企業からは、カーボンリサイクルやCCUS(CO2の回収・有効利用・貯留)におけるクレジットの考え方について議論を希望する声が上がっている。

カーボンリサイクル高炉や水素還元製鉄、大型電気炉活用などの生産面、脱炭素に資する高機能素材などの製品面、省エネルギーの展開を同時並行で進める」 ―業界内では、鋼材の追加料金として「カ...

微生物を利用して機能性材料を作り出し、二酸化炭素(CO2)排出量を削減する「バイオモノづくり技術によるカーボンリサイクルの推進」を加える。CO2を大量に吸収する微生物の開発などを支援し...

INPEX、脱炭素に1兆円投資 水素など5分野、30年めど (2022/2/10 建設・生活・環境・エネルギー)

INPEXは9日、脱炭素化に向けた長期戦略として、2030年までにネットゼロ5分野(水素、二酸化炭素低減、再生可能エネルギー、カーボンリサイクル、森林)に約1兆円を投じると発表した。

従業員はチャンスと捉えてほしい」 ―カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)対応での取り組みは。 ... 環境対応への投資が難し...

日本郵船、商船三井、川崎汽船の海運大手3社がカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)に向けて技術開発を加速している。現行燃料の重油を液化天然ガス(LNG&#...

展望2022/大成建設社長・相川善郎氏 洋上風力関連技術に磨き (2022/1/14 建設・生活・環境・エネルギー)

新型コロナの影響で延期されていた空港やホテル、ビルなどの改修・増築工事も動きだす気配がある」 ―カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)に向けた取り組みは。...

ケミカルリサイクルの定量目標をSPTsとして設定した。 ... 建設業界にとって、50年のカーボンニュートラル実現はまったなしの経営課題だ。... 炭酸カルシウムを用いてCO2をコン...

メタネーションはカーボンリサイクル技術の一つとして期待される。

既存事業の収益力を回復するとともに、成長が見込める新事業領域も実行を伴うものにしていく」 ―カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)に向け、エネルギー分野の...

また、経産省は成長に資するカーボンプライシングについて中間整理を8月にまとめた。その中で、50年のカーボンニュートラルを目指して自主的に高い排出量削減目標を掲げる企業が目標達成に取り組むための「カーボ...

重工大手 カーボンリサイクル始動(下)川重 明石工場で実証 (2021/12/16 機械・ロボット・航空機1)

CO2を転換利用するカーボンリサイクルには欠かせないだけに、スイスのクライムワークスやカナダのカーボンエンジニアリングなど海外勢も技術開発を進めている。... カーボンリサイクルの全体像を示すことが、...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン