34件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

【原子モデル】 たんぱく質の立体構造は、分子が規則的に整列した結晶や急激に凍結された極低温といった細胞内とは大きく異なる条件下でX線結晶構造解析やクライオ電子顕微鏡などの実験を用いて...

新型コロナウイルスが人の細胞に侵入、感染するのに使う「スパイクたんぱく質」の立体構造を解明したと、米国のテキサス大学と国立アレルギー・感染症研究所の研究チームが米科学誌サイエンス電子版に発表した。.....

クライオ電子顕微鏡など最新鋭機器を大規模導入し、論文数での進展も著しい(表)。

国内外の営業や走査型電子顕微鏡(SEM)事業ユニット長など社内で多くの職種に携わった経験を経営に生かしたい」 《19―21年度新中計では最終年度に売上高1340億円、経常利益100億...

理研の最前線(44)分子の形状と役割解明 (2019/7/8 科学技術・大学)

【クライオ電顕】 この研究では、2017年のノーベル化学賞の対象となったクライオ電子顕微鏡技術が大きな力を発揮した。これは、溶液中に漂う分子を瞬間的に凍結(クライオ)し、非結晶の氷に...

自身の分野でも「クライオ電子顕微鏡の価格は6億円、とても研究者1人で対応できるものではない」と、時代が大きく変わってきていることを説明する。

歴史的に分かりやすいのは、顕微鏡の進展だ。光学顕微鏡の分解能は、原理的に可視光の波長で決まり、約200ナノメートル(ナノは10億分の1)が限界だった。... オワンクラゲの緑色蛍光たんぱく質による生体...

HCVの特殊なリボ核酸(RNA)配列「IRES」の働きを、クライオ電子顕微鏡による立体構造解析などで解明した。... 研究チームは翻訳反応が起きている細胞に、IRESを加えてクライオ電子顕微鏡で観察し...

科学技術の潮流(2)研究土壌大きく変革を (2019/4/12 科学技術・大学)

最先端の次世代シーケンサーやクライオ(低温)電子顕微鏡の導入が米国、中国、ドイツ、英国といった国から後れを取っている。

理化学研究所の関根俊一チームリーダーと、東京大学の胡桃坂仁志教授らは、細胞の核内にコンパクトに折りたたまれたデオキシリボ核酸(DNA)が、酵素の働きでほどけて読み取られる様子を、クライオ(低温)電子顕...

たんぱく質構造解析の新手法、クライオ電子顕微鏡で日本電子などと連携する。... クライオ電顕は2017年のノーベル化学賞を受賞した話題のテーマ。... 今回は第一人者の藤吉好則名古屋大学客員教授、藤吉...

理研、ひも状DNAの立体構造を詳細解析 (2019/1/21 科学技術・大学)

遺伝子を構成するひも状のデオキシリボ核酸(DNA)が数珠つなぎに連なっている立体的な構造を詳細に解析したと、理化学研究所の谷口雄一ユニットリーダーや大野雅恵研究員らが米科学誌セル電子版に発表した。&#...

RNAや核たんぱく質の結合の様子をクライオ電子顕微鏡で解析した。... 成果は18日、英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載される。 ... クライオ電子顕微鏡を使い、分解能3・6オング...

14年の高解像度蛍光顕微鏡や17年のクライオ電子顕微鏡はライフサイエンスの強力な分析ツールになった。

DNAとたんぱく質の複合体「ヌクレオソーム」を人工的に再構成し、RNAポリメラーゼを反応させ、その様子を生体高分子の立体構造解析に優れるクライオ電子顕微鏡で観察した。

17年に生体分子を計測するクライオ電子顕微鏡が選ばれたため、今年は有機化学や材料分野が有望だ。

例えば富士レビオの製品と連携させる免疫・生化学検査装置や、電子顕微鏡の技術を応用し、オーストリアのIMSナノファブリケーションズ(ウィーン)と開発した半導体関連のマスク製作用電子ビーム描画装置など、企...

また、クライオ電子顕微鏡の手法を使い、プロトン伝導経路を3次元で可視化することにも成功した。

■アクセスランキング・ベスト10(10/16~10/22) 1位 第13回企業力ランキング/トヨタ、4年連続首位 車3社「存在感」示す ...

今年のノーベル化学賞の受賞テーマとして脚光を浴びる「クライオ電子顕微鏡」について、「一番の上り調子にある」と断言するのは、大阪大学蛋白質研究所教授の高木淳一さん。 クライオ電顕の登場...

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる