49件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

中国共産党が結党100周年を迎える7月までは「米中間に大きな動きはないとの見方が大宗を占める」(野村証券投資情報部の神谷和男課長代理)が、年後半には景気減速と米中対立の激化が重なる恐れがある。 ...

国際通貨基金(IMF)によれば、中国の21年の経済成長率は前年比プラス5・8ポイントの8・1%と大幅な伸びが見込まれ、「銅は年後半に1万ドルを超える」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘チー...

需給の引き締まりが続き、「夏場までは相場を強気に見ている」(クレディ・スイス証券の松本聡一郎チーフ・インベストメント・オフィサー)との声もある。... クレディ・スイス証券は22年に量的緩和の縮小が始...

クレディ・スイス証券の松本聡一郎チーフ・インベストメント・オフィサーは「ユーロ圏のサービス業や内需は回復がワンテンポ遅れており、追加財政支援を待つ状況」と指摘する。

年後半の経済正常化期待や株高に伴う市場の強気姿勢も続けば「WTIは70ドルを試す展開になる」(楽天証券の吉田哲コモディティアナリスト)との見方がある。 ... 年後半に急激に米景気が...

株式・金、ともに空前の高値 (2020/12/30 金融・商品市況)

金融業界では「スーパー過剰流動性が株式市場を支える動きが続いている」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘チーフ投資ストラテジスト)との見方が相次ぐ。 ... 金融緩和の継続...

夏場までは回復の足取りを速める展開もあった世界景気だが、足元では不安材料が並び「年末に向けて回復ペースは落ちてくる」(クレディ・スイス証券の松本聡一郎チーフ・インベストメント・オフィサー)との見方もあ...

野村証券の大越龍文シニアエコノミストは「世界景気がコロナ禍前に戻っていない中での6500ドル超えは上がりすぎで、高値警戒感も出ている」とみる。 ... 共和党のトランプ氏が減税措置の...

市中では「通貨や株式の代替資産として金は買われやすく、年内に2000ドルに回復する」(楽天証券の吉田哲コモディティアナリスト)との見方がある。 また、11月の米大統選で財政拡張策を掲...

議会選挙でも上下院で民主党が勝てば「金融政策は積極緩和から一歩後退して債券利回りが上昇し、リスク資産には中立かネガティブの影響がある」(クレディ・スイス証券の松本聡一郎チーフ・インベストメント・オフィ...

大統領選を控えた米国では追加経済対策の与野党協議が難航し、「景気に不安感が出て米金利が上がりにくくなり、ドル安圧力が強まる可能性がある」(クレディ・スイス証券の白川浩道チーフ・エコノミスト)とみられて...

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長はすでにゼロ金利政策の長期化を示唆しており、「重要な政策変更は想定されないが、長期の低金利見通しを補強する内容になる」(野村証券の澤田麻希エクイティ・マーケ...

年後半の景気回復は有力視されているが、米大統領選を控えて米中対立の激化リスクなども抱え、目先では「景気回復ペースがスローダウンする」(クレディ・スイス証券の松本聡一郎チーフ・インベストメント・オフィサ...

「景気回復期待が高まった」(野村証券投資情報部の神谷和男課長代理)ことで主要株価指標となる上海総合指数が先週末比で6%近く上昇したのを好感し、自動車や電子部品などが用途となる銅にも資金が流入した。&#...

米国では経済指標が改善傾向にあるが、直近でも1日当たりの新規感染者数の最多更新が続いて「景気の先行き懸念が株価の重しになっている」(野村証券の澤田麻希エクイティ・マーケット・ストラテジスト)状況だ。&...

クレディ・スイス証券は6月下旬に、原油在庫の高止まりも踏まえて、この先3―6カ月間の原油相場の見通しを「強気」から「中立」に引き下げた。... 市場参加者の間ではWTIが同40ドル台に上昇すると原油増...

足元では景気回復を織り込んで株価が堅調だが、長期の景気回復に「確信が持てない中で一定程度の金を持ちたい投資家は多く、金価格は足元の水準にとどまる」(クレディ・スイス証券の松本聡一郎チーフ・インベストメ...

「20年も(通商摩擦の)懸念は浮上する」(野村証券の小高貴久エクイティ・マーケット・ストラテジスト)とみられ、銅相場の圧迫材料は潜在する。 ... 農村から都市部への労働者の流入にも...

日本総合研究所、モルガン・スタンレー・ディーン・ウィッター証券、米バージニア大大学院留学、クレディ・スイス証券などを経て、08年11月第一生命経済研究所入社。

純損失を計上したのはクレディ・スイス証券のみだった。主要外資系証券会社が今月までに公表した日本拠点の業績をブルームバーグがまとめた。 ... 営業収益の2位はゴールドマン・サックス証...

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる