16件中、1ページ目 1〜16件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

山善、省エネコンサルなど拡充 (2021/11/18 機械・ロボット・航空機2)

同社は「グリーンリカバリー・ビジネス部」を4月に設立し、脱炭素関連事業を企画・実施する。... 営業本部の松田慎二グリーンリカバリー・ビジネス部長は「(プライム上場を目指す)当社の脱炭...

河野氏は「GDPギャップ(需給ギャップ)を埋めていく必要がある」とし、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた人への支援のほか、グリーン、デジタルへの投資などに力を入れる。... 補正...

「脱炭素の動きが出ている中で、グリーン分野の政策は外せない。... グリーン、デジタル、経済安保の三つを重要分野として短期的で具体的な事業や制度にし、今夏の予算概算要求の編成過程で中身を肉付けする。....

その両面が必要だ」 【記者の目/「気候変動」対応で積極発信を】 高島会長の指針がコロナ禍からの克服、脱炭素など気候問題に対処しながらの新社会の創生とすれば...

深刻な影響を受けている事業者支援を最優先に「脱炭素社会への移行など、コロナ禍からの経済回復を目指す『グリーンリカバリー』で滋賀の優位性を発揮したい」と意気込む。

各国は、コロナ禍で停滞した経済を環境投資で立て直す「グリーン・リカバリー」に舵(かじ)を切り、関連製品に使われる金属資源の需要増加が見込まれている。

大きいのはデジタル変革(DX)やサステナビリティ投資、環境に配慮してコロナ禍からの経済回復を目指す『グリーンリカバリー』だ。... 現状、グリーンリカバリーの中で事業のダイベストメント...

また、少子高齢化や、環境に配慮してコロナ禍からの経済回復を目指す「グリーンリカバリー」などにふれ、「生き残りを賭けて日本企業の事業ポートフォリオの組み換えがこれから進んでいく」と指摘。

グローバルの眼/EUの“コロナ復興策” (2020/11/5 国際・商社)

ウルズラ・フォンデアライエン委員長がこのプロジェクトを「グリーン・リカバリー」と名付けたのは、EU創設以来最大規模の資金によって、脱炭素化とコロナからの復興を同時に実現するためだ。 ...

『グリーン・リカバリー』の考え方で、人類が温暖化問題と、感染症拡大によるダメージからの復興を共通の問題として意識することにより、再生エネは導入に一層ドライブがかかるだろう」 【記者の...

コロナ収束へ 学会の提言(26)日本生態学会 (2020/8/6 科学技術・大学)

コロナ収束に向けて、同学会の湯本貴和会長(京都大学霊長類研究所教授)は「生態系の公益的な機能を強化し、気候変動や防災・減災の対策とともに経済復興を進める“グリーンリカバリー”によって、...

EUは復興に向け、温暖化対策やデジタル化に重点投資する「グリーンリカバリー」を掲げる。

不二サッシ、高強度窓サッシ事業拡大 「米軍向け」新用途開拓 (2020/6/29 建設・生活・環境・エネルギー)

新型コロナウイルス収束後は環境対策とセットの経済再生「グリーン・リカバリー」を促す動きが世界の流れになりつつあり、新エネルギー関連として「水素エネルギーが有力」(同)とみている。

【グリーン・リカバリー】 各地で少しずつ経済活動が再開するに従い、大気汚染、温室効果ガスの排出も元に戻ってしまうのだろうか。... 4月末、国際通貨基金(IMF)のゲ...

コロナ後の世界と「グリーン・リカバリー」 2020年は、国際的な環境政策のちょうど区切りの年にあたり、重要な会議が予定されている。... この「グリーン・リカバリー」の重要性、必要性...

また危機克服に向けた追加的な景気刺激策の議論は終え、環境調和型の経済成長「グリーン・リカバリー」の重要性や財政・金融政策を平時に戻す「出口戦略」の必要性にも言及する。

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる