37件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

水素エネでガラス製造 日本板硝子、世界初の実験 (2020/3/17 素材・医療・ヘルスケア)

日本板硝子は、水素エネルギーを利用したガラス製造の実証実験を行う。英国北部にあるグリーンゲート工場で11月に開始する。同社によると、水素エネルギーによるガラス製造は世界初の試み。

福島水素エネルギー研究フィールドでは世界最大規模の「パワー・トゥー・ガス(PtG)プラント」を設置。... 二次電池の評価装置製造や受託分析を手がける東洋システムは、水素自動車への知識を深める「LFA...

再生可能エネルギーを用いてアルカリ水から水素を製造する「グリーン水素」の普及をサポートし、二酸化炭素(CO2)排出量削減に役立つ製品として訴求する。 今回開発したセパレーターは、生成...

北から南から/特区を行く 制度活用、産業集積に拍車 (2019/12/30 北から南から/経済特区)

環境とはいえリサイクルや水素エネルギー、再生可能エネルギーなどの分野に限った活用だけではない。... 県が13年度から用意するのが「グリーンアジア国際戦略総合特区中小企業投資促進補助金」。... これ...

ガス生産設備で分離したCO2を回収し、メタネーション設備で水素と合成してメタンを製造する。... 国際帝石の再生可能エネルギー・電力事業本部の石井義朗本部長は「“グリーンメタン”で置き換えられる」と語...

「化石燃料からアンモニアを製造、水素を得て、CO2をCCS(回収・貯蔵)処理する“ブルーアンモニア”と、再エネからの水素でアンモニアを合成する“グリーンアンモニア”の国際供給ネットワーク構築の検討を進...

「グリーン水素製造プロジェクトはその一つ。

再エネの余剰電力を電力市場との相対で購入し需要に合った水素を製造する。... グリーン水素とするには二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)が必要だが、30年に水素受入価格の1立方メートル当たり30円...

(いわき・駒橋徐) ◇ IHIは相馬事業所(相馬市)でジェットエンジンのタービン翼部品の製造・加工を手がける。2018年夏に相馬中核工業団地(同)に13億円を投じて...

IHIが相馬中核工業団地内で展開する「そうまIHIグリーンエネルギーセンター(面積5万4000平方メートル)」の一画に2階建ての研究所を新設する。... 水素の効率的製造技術や水素キャリアへの変換・利...

旭化成、独で「グリーン水素」実証 (2018/5/8 素材・ヘルスケア・環境)

旭化成は7日、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン(NRW)州で再生可能エネルギーを用いてアルカリ水から水素を製造する「グリーン水素」の実証事業を始めたと発表した。

IHI、福島で次世代インフラ事業 地産地消型のエネ管理 (2018/4/5 機械・ロボット・航空機1)

出力1600キロワットの太陽光発電による電力を相馬市の下水処理場に送るとともに、余剰電力を水素や熱に転換し、有効利用する。... 4日に「そうまIHIグリーンエネルギーセンター」の開所式(写真)を開い...

市内で調達できる水素製造用の再生可能エネルギーについて調査するほか、水素の具体的な利用法などを検討する。... 室蘭市は15年に「室蘭グリーンエネルギータウン構想」を策定した。... 同構想のモデルプ...

酸化剤や還元剤にもなるが反応後に酸素と水にしかならないため、近年の環境意識の高まりの中でグリーンケミストリーとして注目され、その利用研究が活発化している。一方、過酸化水素は一般的にアントラキノンという...

PFCは半導体製造工程でドライエッチングガスとして使われる。... 分解には1000度C以上の高温処理が必要で、さらに発生したフッ化水素を分離しなければならない。 荒木助教はPFC分...

同装置は「従来法では製造困難なナノ粒子の連続で急速な合成試験が可能」(飯田社長)。... 一方、廃アルミニウムから水素を作る装置を開発。グリーン水素製造技術の事業化にも着手したい考えだ。 &#...

水素利用蓄エネルギーの有効活用技術の開発では、産総研が主体となり、県内企業とともに熱電併給(コージェネレーション)エンジンを開発する計画だ。 ... 12年には再...

福岡県が北九州市、福岡市と共同で進めているグリーンアジア国際戦略総合特区の総合特区推進調整費を活用する。実証では、水素の貯蔵や再生可能エネルギーを使った水素の製造、燃料電池自動車(FCV)1台の運用も...

R&Dアンケート (2014/7/25)

自動車では「スズキグリーンテクノロジー」を掲げるスズキが、「環境・低燃費化・軽量化などの次世代環境技術」を挙げる。... 【力を入れる具体的な研究案件】(全129社) ・ビッグデータ...

飛羽山電機工業が手がける炭化水素系部品洗浄機「QUICK DRY(クイックドライ)=写真」は、約20年も仕様を変えずに製造・販売している主力製品だ。... またグリーン調達が進む中、水素系溶剤を使わな...

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる