20件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

グリーン発電会津(福島県会津若松市、斎藤憲輔社長、0242・75・2220)は、バイオマス発電で発生する排熱を利用してニシキゴイの養殖を始めた。... 発電で生じた排熱を養殖用ハウスに供給する。......

グリーン発電会津、バイオマス発電を高稼働維持 木質チップ安定調達 (2020/1/29 建設・生活・環境・エネルギー2)

【いわき】グリーン発電会津(福島県会津若松市、斎藤憲輔社長、0242・75・2220)が木質チップの安定調達によりバイオマス発電設備の高い稼働率を実現している。... グリーン発電会津は総合林業のノー...

FITで日本最初のバイオマス発電設備を2012年7月から運転しているのが、グリーン発電会津(福島県会津若松市)。総合林業のノーリン(同喜多方市)が90%、グリーンサーマル(東京都港区)が10%を出資す...

タケエイ、福島でバイオマス発電 県内資源使い産業活性化 (2018/8/31 建設・エネルギー・生活1)

さらに秋田県で秋田グリーン電力(7050キロワット)が19年2月に、神奈川県で横須賀バイオマスエナジー(6950キロワット)が同10月に完成予定。 ... 三菱日立パワーシステムズイ...

(編集委員・松木喬) ■会津若松市/IoTで市民の健康増進 【大規模な実証】 会津若松市はIoT(モノのイ...

久田雅之社長は93年に開校した会津大の1期生。... 仕事量の多い東京に比べて会津は仕事が少ない。... 【バイオマス発電・植物工場/雇用創出に一役】 グリーン発電会津のバイオマス発...

県内に立地する福島大学、会津大学、日本大学工学部、いわき明星大学と地元企業が連携。... 特に会津地方は特徴的で、スマートシティー(次世代環境都市)への取り組みが進む。... 12年には再エネの固定価...

【福島】福島県会津若松市が推進中のスマートシティー(次世代環境都市)構想で、再生可能エネルギーの活用や電力の需給調整は、目指す姿のほんの一部だ。... 同じ団地内で運転を始める大規模太陽光発電所(メガ...

【エネ地産地消/森林活用し発電所−林業で100人雇用創出】 会津盆地を見渡せる丘に整備された工場団地内に「グリーン発電会津」がある。... グリーン発電会津の笹島敏常務はこう強調する...

住友重機械にとって同案件は、バイオマスボイラとして、日本で初めて再生可能エネルギー全量買い取り制度(FIT)対象に認定されたグリーン発電会津河東発電所に続く、2号機に当たる。 ......

バイオマス発電設備では国内初。同発電所は山林未利用材を原料とした木質チップを燃料とし、発電出力は5000キロワット。グリーン・サーマル(東京都港区)が設立したグリーン発電会津の河東発電所(福島県会津若...

【中小が率先、自治体は支援/太陽光発電参入、相次ぐ】グリーン発電会津は木質バイオマス発電所の運転をスタート FITを契機に全国各地域ではそれぞれの特性や地の利を生かし、中小企業のグル...

再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度が始まり、未利用材を活用した木質バイオマス発電で認定第1号となったグリーン発電会津(福島県会津若松市)が開業した。... (大塚久美) 会津若...

【福島】グリーン発電会津(福島県会津若松市、滝沢誠社長、0242・75・2220)は、未利用間伐材を燃料にした木質バイオマス発電所を10日に稼働させる。... 年間約6万トンの間伐材を使い、福島県会津...

制度施行にあわせ福島県会津若松市では、木質バイオマスチップを燃焼し発電する「グリーン発電会津」が5日、事業を開始する。... グリーン発電会津では設備の稼働が安定すれば見学者を受け入れることにしており...

中核となるバイオマス発電所は、グリーン発電会津が会津若松・河東工業団地に出力5000キロワット規模で立ち上げる。 ... 風力発電は会津若松・背炙(せあぶり)山で、エコ・パワー(東京...

富士通、福島県会津若松市、東北電力はエネルギーの効率利用だけでなく、医療や農業、交通インフラ整備などを含めて情報通信技術(ICT)を生かした次世代地域づくりに乗り出す。... 計画は会津若松市が描くバ...

住友重機械工業はグリーン発電会津(東京都港区)から小型バイオマス発電所の建設工事を受注した。発電規模は約5000キロワット。... 福島県会津若松市内に建設し、2012年4月に稼働の予定。

【福島】グリーン・サーマル(東京都港区、滝沢誠社長、03・5776・5905)は、福島県会津若松市の「会津若松河東工業団地」にバイオマス発電施設を建設する。... 運営会社「グリーン発電会津」(東京都...

アルミニウム板のひずみを取り除く装置の操作などに熟練した「金属材料仕上げ工」の綱川正幸さん(神戸製鋼所・真岡製造所所属、56歳)、原子力発電機器の製缶技能に卓越し、技能五輪で数々のメダリストを育てた「...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる